1. サイトTOP>
  2. 【新作】さいたまげーむす新作RPG『〜無双RPG〜ゆうしゃVSドラゴン』 脱力系だけど中身はしっかり!

【新作】さいたまげーむす新作RPG『〜無双RPG〜ゆうしゃVSドラゴン』 脱力系だけど中身はしっかり!

2018-02-01 19:25 投稿

脱力系魔王討伐劇『〜無双RPG〜ゆうしゃVSドラゴン』

今回紹介するアプリはこちら『〜無双RPG〜ゆうしゃVSドラゴン』。

アウタのゲームブランド“さいたまげーむす”よりリリースされた新作ゲームとなっており、その内容は個性に満ち満ちたRPGとなっている。

 IMG_3512

脱力系ゲームが好きな人、ちょっとした空き時間を埋められるゲームを探している人は、以下のゲーム紹介をチェックしてほしい。

ゲームの見どころ
・全力の脱力系ストーリー!
・民家を荒らしてパーティーを強化!
・キャラクターにも脱力ポイントが!

脱力系システムとストーリー

本作はスタートから全力で脱力系。全力で脱力という言葉に若干の矛盾を感じないでもないが、とにかく脱力させられる内容が徹底されており、おもしろい!

それがいきなり発揮されるのが、ゲームの冒頭部分、ストーリーの導入だ。基本的には勇者がパーティーを結成して魔王を討伐しにいくという王道ストーリーが敷かれているようなのだが、まず出てくる王様がクズ!

 IMG_3514

世界を救うはずである勇者に対して小馬鹿にした態度で接してくるだけでなく、それを隠そうともしない王様。ここでさっそく「こんな王様いてたまるか!」とついついツッコミたくなる。

そんな王様との会話が済むと、王様にガチャの案内をされるのだが……。本作のガチャは民家のガサ入れとお城の宝物庫のガサ入れ。しかも、民家へのガサ入れは王様から保証された権利という扱い。

 IMG_3520

たしかに勇者は民家のタンスを開けたり、ツボを割ったりもするけれど、それを王様が「民家を漁っていいよ」と保証し、それをガチャにするのは、ちょっとメタが過ぎる気が……。

しかし、そんなメタなノリが好きな人、ゆるいノリが好きな人は楽しめる設定だと思うので、ぜひ楽しんでもらいたい。

民家を荒らしてパーティーを強化!

さてそんな世界観をベースにした本作だが、バトルシステムはシンプルながらも至ってまじめ。さまざまなステージを攻略していき、ボスを倒していくというもの。

ステージにはモンスターが多数登場するのだが、攻撃自体はオートで行われる。戦闘中プレイヤーがすることは、優先攻撃対象をタップで示すことと、パーティーメンバーの奥義発動を指示するだけ。

 IMG_3556 IMG_3558

非常にシンプルなシステムなので、バトルの勝敗を左右するのは奥義の発動タイミングとパーティーの戦闘力!

戦闘力を上げるには、バトルをくり返してキャラクターたちのレベルを上げるか、アイテムや装備品などでステータスを底上げすればいい。

アイテムや装備品はバトルの報酬としても手に入るのだが、民家の襲撃(民家ガチャ)を行うのがもっとも効率がいいように思える。民家ガチャは1時間に1回引けるようになっているので、戦力不足を感じ始めたら、少しゲームから離れて、民家が資産を蓄えるのを待ってから、襲撃をかけよう!

 IMG_3524

せっかく王様から保証された権利だ。当然だが民はそれを嫌がっている様子を見せるが、背に腹は代えられない。この際罪悪感は捨て去って、パーティーの強化を目指していこう!

 IMG_3523IMG_3526

ちなみに、ステージはクリアーすればするほどそのステージのレベルが上がっていき、獲得経験値が増え、敵が強くなっていく。また、特定のステージを特定のレベルまで上昇されると、新たなステージがアンロックされる作りとなっている。

しかし、こういう仕組みだと必ず訪れるのが、敵が強くなりすぎてにっちもさっちもいかなくなってしまう状態。これを打開するために、本作は1日に5回限定で、ステージのレベルをリセット出来るシステムも搭載されている。

このステージのレベル上げとリセットをくり返して、強力なパーティーを作っていこう!

キャラクターにも脱力ポイントが!

あえてここまで軽くしか触れてこなかったが、本作のメインを張るのはやはり魔王討伐に向けて動くパーティーの面々たち。

パーティーに加入するキャラクターは全部で7人。そこから3人を選抜してパーティーを編成し、戦っていくシステムになっているのだが、このキャラクターたちもかなり個性豊か。

 IMG_3515

まず、勇者や魔法使い、武道家、サムライといったRPGではオーソドックスなメンバーもいるのだが、本作にはそこに“ひめ”と“ぴーちゃん”が顔を並べている。

“ひめ”はその名の通りのお姫様なのだが、使う武器は、なんと槍。「高貴な戦いをお見せしましょう!」とは言うものの、戦闘画面を見る限りでは、力いっぱい槍をぶん投げたり、ド派手な技をぶちかましてる様子が想像できる。高貴とはいったい……。

IMG_3517IMG_3545

続いては“ぴーちゃん”。こちらも名前からはある程度想像はできるが、ご想像の通り、ヒヨコだ。ヒヨコが魔王と戦うために冒険をする。だが、ただのヒヨコではない。

「焼き鳥はうまいぜ! ひーはー!」と豪語する、焼き鳥屋のヒヨコだそうだ。もはや何が何だかわからない。火も吐くし……。

 IMG_3516 IMG_3576

ちなみに、これらキャラクターたちはそれぞれがスキルを持っており、スキル書というアイテムを使用したり、キャラクター育成用のステージを回ることでスキルの獲得や強化ができる。

このスキルもまたバトルシステムのひとつなのだが、また同時にキャラクターの個性を際立たせるための要素ともなっている。

たとえば、勇者の攻撃は雷を使ったスキルが多く、魔法使いは広範囲に作用する大きな魔法であったり、サムライは一撃大ダメージの剣撃であったり。オーソドックスなRPGのそれを踏襲する個性が、ここでまた付与されているのだ。

 IMG_3532

しかしやはりここでも問題になってくるのは“ぴーちゃん”の存在。みんなにも考えて貰いたい、ヒヨコが持つ戦闘に役立つスキルとは何か?

正解は、“ガソリンが詰まったドラム缶を敵にぶん投げる”だ。ヒヨコも焼き鳥も関係ない!

IMG_3568

そんなこんなで、まじめに作らている部分もあるが、本作は基本的に脱力系の世界観で塗り固められている。ゲームシステムもシンプルで、ちょっとした空き時間に遊びやすいものとなっているので、時間つぶしのタイトルを探している人などは、こちらのアプリを試してみてはいかがだろうか?

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

〜無双RPG〜ゆうしゃVSドラゴン

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧