1. サイトTOP>
  2. NetflixがProduction I.G、ボンズと業務提携 世界に向けたアニメ作品共同制作へ

NetflixがProduction I.G、ボンズと業務提携 世界に向けたアニメ作品共同制作へ

2018-01-31 15:50 投稿

Netflix×Production I.G×ボンズ

動画配信サービスを行っている日本法人Netflixが、アニメプロダクションProduction I.Gおよびボンズと、アニメ作品について包括的業務提携を締結したことを発表した。なお、Production I.Gのグループ会社であるウィットスタジオも含まれる。

本提携により、Netflixはアニメプロダクション両社とそれぞれにアニメエピソードを共同で制作し、世界190カ国に配信する予定とのこと。

なお、今回の業務提携の背景には、日本発のハイクオリティなアニメ作品を、Netflix社がサービス展開する190カ国へ配信し、アニメ作品のラインアップを強化することにあるという。

今回の業務提携について、Production I.G社の代表取締役社長、石川光久氏は以下のようなコメントを述べている。

石川氏「日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんでいただくことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます」

また、ボンズ社の代表取締役社長、南雅彦氏も「世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエイターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixといっしょに、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえるいい作品を制作していきたいと思います」とコメント。

両社ともに今回の業務提携により、自社コンテンツを世界に発信できることによろこびを感じていることを示している。

Netflixのグローバルアニメの責任者であるバイスプレジデントのロバート・ロイ氏も、 「日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。 このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、 アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。 Netflixが日本のアニメ文化の発展、 また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです」と期待と寄せている。

両社が今回の業務提携を受けてどのような作品を生み出していくことになるのか、今後の活動にも注目していきたい。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧