1. サイトTOP>
  2. 【新作】コロプラ『アリス・ギア・アイギス』配信開始。ゲーマーのみならずホビーファンも注目の本格派メカ少女カスタマイズアクション!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【新作】コロプラ『アリス・ギア・アイギス』配信開始。ゲーマーのみならずホビーファンも注目の本格派メカ少女カスタマイズアクション!

2018-01-22 14:51 投稿

プラモデルやフィギュア好きならハマる素養あり

コロプラの3Dアクションシューティング『アリス・ギア・アイギス』(以下、『アリスギア』)が本日より配信開始した。

aga_001

本作は、『パタポン』シリーズなどのコンシューマーゲームや、数々のアーケード、ブラウザ、スマートフォン向けゲームの制作を手掛けてきたゲームメーカーのピラミッドが開発・運営するメカ×美少女カスタマイズアクション。

 aga_040

キャラクターデザインにはメカ少女ブームの火付け役となった島田フミカネ氏をはじめ、メカニックデザイナーとして活躍中の海老川兼武氏、柳瀬敬之氏という熟練のクリエイターが関わっているほか、サウンドは『ダライアスバースト』シリーズなどでも知られるサウンドチームZUNTATAが担当するという豪華な布陣で注目を集めている期待作だ。

 ゲームの見どころ
・最大4人でマルチプレイもできる爽快アクションシューティング
・豊富な武装と衣装、アクセサリーで女の子をカスタマイズ
・懐かしのロボットアニメ好きやホビーファンにもおすすめ

最大4人でマルチプレイもできる爽快アクションシューティング

まず、『アリスギア』の見どころとして推したいのは、片手で操作できるスマホの3Dアクションシューティングとして非常にクオリティが高い点。操作方法自体はシンプルだが、射撃、溜め攻撃、近接コンボ(なんと派生技もあり)にブーストダッシュ、ステップ回避など基本動作が豊富だ。

aga2_003aga2_002
▲カメラ操作はほぼ自動。キャラの移動は画面を指でスライドするだけ、タップで攻撃と直感的な操作なのも大きな魅力。小気味よく動くのでストレスは感じない。

それに加えて、2種類の“ギアスキル”(補助武器のようなもの)や、ゲージ消費で発動する“SPスキル”を叩き込む快感、敵の弱点狙いや状況にあわせてキャラを交代しながら戦う戦略性など、アクションゲームとしてもプレイバリューが高い。

aga2_001
▲助っ人として呼べる“サポート”キャラも、短時間ながら強力な援護攻撃で頼もしい活躍をしてくれる。

スピーディーなアクションながら、指ひとつで完結できる操作性なので片手持ちでも不自由なく遊べるし、任務に出撃してから報酬を受け取るまでの1プレイが平均して2~3分ほどとコンパクトにまとまっている。

aga2_004aga_046
▲メインストーリーや、マップを埋めながら進める“調査任務”は、ひとり用モードとして十分なボリューム。

そして、最大4人で協力プレイができるのも見逃せないポイントだ。マルチプレイは専用のモードで、おもに強敵に挑む内容となっているが、たとえ戦闘不能になっても一定時間で復活できるので、マルチ参加のハードルは比較的低い方だろう。

aga2_005
▲4人のプレイヤーで強敵に立ち向かう。シングルプレイよりも激戦となるが、倒されても復帰可能なのがありがたい。
aga2_007aga2_006
▲マルチプレイではスタンプで簡単なコミュニケーションが取れる。フレンドの部屋を見つける“相互検索”やルームID(番号)の入力でも参加できるので待ち合わせも可能だ。

豊富な武装と衣装、アクセサリーで女の子をカスタマイズ

“アクトレス”と呼ばれる美少女キャラたちに、“ギア”という武器や装甲を取り付けてカスタマイズできるのだが、キャラクターモデルの作り込みと組み合わせのバリエーションは圧巻の一言。

aga2_011aga2_010
aga2_008aga2_009
▲一部の専用ギアを除いて、キャラクターとギアの組み合わせはすべて自由。イメージや得意ギアを尊重してもいいし、自分色に染めてもいい。

武器は種別ごとに特徴があり、武器を変更すれば同じキャラクターでも操作感が大きく変わる。クセがなく扱いやすい“ライフル”、長射程の“スナイパー”、広範囲の敵を一掃する“バズーカ”、すばやく立ち回れる“デュアル”など、銃器だけでもギア種別は多彩だ。

aga2_012aga2_013
▲ギアによって倒しやすい敵、戦いやすいシチュエーションが異なるので、使い分けることが大事。
aga2_014aga2_015
▲近接用のギアもバランス重視の“ソード”、振りは遅いが高威力の“ハンマー”、リーチが長い“ランス”、小回りがきく“片手剣”と個性豊か。

そして、腕や脚に装着する“ドレスギア(トップス・ボトムス)”を変更すれば、HPや防御力、スピードなどが変化する。さらに、ギアだけではなく、衣装やアクセサリーまで着せ替えできてしまう。

aga2_018
aga2_016aga2_017
▲“ドレッサー”画面で舐め回すように眺めながら、衣装やアクセサリーを変更可能。女の子の目線や仕草も細かく作られている。

衣装とアクセサリーは、なんとドレッサー画面やイベントシーンだけでなく、ギアを装備した状態でも反映される。キャラクター×ギア×衣装×アクセサリーの組み合わせパターンはスマホゲームとしてはほかに類を見ないレベルだろう。

懐かしのロボットアニメ好きやホビーファンにもおすすめ

美少女キャラクターのイメージが先行しがちに見えるかもしれないが、著名デザイナーによるメカデザインや、アクションシューティングとしての遊び応えは間違いなく骨太な『アリスギア』。スマホゲームファンのみならず、往年のロボットアニメやロボットゲームが好きな人には、何はともあれ触れてみてほしいタイトルである。

aga_008

近年ではコトブキヤが展開するプラモデル・アニメ『フレームアームズ・ガール』のヒットや、同メーカーが展開する『メガミデバイス』シリーズの根強い人気など、アニメやホビー方面でメカ少女ジャンルに再燃の兆しが見えている(というよりも、すでに大きな反響がある)今、メカ少女を題材にしたゲームを遊びたい人にとって本作はまさにうってつけのものだ。

すでに公式で発表されているように、『アリスギア』はコトブキヤのプラモデルシリーズ『メガミデバイス』、そしてマックスファクトリーのアクションフィギュアシリーズ『figma』とのコラボ・立体商品化が決定している。

aga2_019
▲『メガミデバイス』でプラモデル化する吾妻楓(画像左)と、『figma』から完成品アクションフィギュアになる比良坂夜露(画像右)の試作原型。

※画像は公式サイトより

精細に作り込まれたキャラクターをじっくり眺められる3Dモデルビューワーとしても魅力的で、組み替え可能なプラモデルやアクションフィギュアのように組んで、動かして遊べる『アリスギア』は、ホビーファンがゲームに触れる“入口”としても相性がいいはずだ。
(Text / Leyvan)

  aga_042

[関連記事]

1iロボゲーファンやメカ少女好きに全力でおすすめ!『アリス・ギア・アイギス』先行プレイインプレッション

アリス・ギア・アイギス

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/alicegearaegis/
配信日配信中

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧