1. サイトTOP>
  2. 【新作】『逆転検事2』御剣怜侍の華麗な逆転劇をスマホで体験せよ!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【新作】『逆転検事2』御剣怜侍の華麗な逆転劇をスマホで体験せよ!

2017-12-22 15:43 投稿

スマホで『逆転検事2』を遊ぼう

ニンテンドーDSで発売されたカプコンの人気作『逆転検事2』が、スマホアプリとして配信開始。

 逆転検事2_メインビジュアル
ゲームの見どころ
・逆転劇を彩る個性的な人物たち
・操作やロジックで怪奇な事件を解き明かす!

逆転劇を彩る個性的な人物たち

『逆転裁判』シリーズのスピンオフ作品である『逆転検事』。本作では、『逆転裁判』シリーズではライバル検事であった御剣怜侍が主役となり、魅力的なキャラクターたちとともにさまざまな事件の真相を解き明かしていくことになる。

 御剣怜侍
▲御剣怜侍(みつるぎ れいじ)。本作の主人公で、検事局きっての天才検事。かつては、有罪判決を勝ち取ることが検事の務めと考えていたが、とある事件をきっかけに、検事という立場から真実を追究するようになった。今回、ある大きな事件が御剣の進むべき道をゆるがし始める……。
 一条美雲
▲一条美雲(いちじょう みくも)。”大ドロボウ・ヤタガラス”を自称する少女。いつも元気いっぱいで、お祭りさわぎと高いところが大好き! ”真実”という”お宝”を求め、大ドロボウの秘密道具で御剣の捜査をサポート!
 糸鋸圭介
▲糸鋸圭介(いとのこぎり けいすけ)。通称・イトノコ刑事。殺人事件の初動捜査を担当する、所轄署の熱血刑事。人一倍、捜査に情熱をそそいでいるのだが、その情熱が空回りすることもしばしば……。信頼を寄せている御剣とともに、今日も現場を駆けまわる。
 水鏡秤
▲水鏡秤(みかがみ はかり)。突如として御剣の前に現れた、美しき裁判官。法を絶対のものとしており、その聖女のような微笑みとは裏腹に、法に背くものには容赦なく裁きの鉄槌を下す。裁判官である水鏡が、検事である御剣の前に現れた目的とはいったい……?
 信楽盾之
▲信楽盾之(しがらき たてゆき)。飄々とした言動と、それに見合わぬ鋭い考察力で相手を見透かす、ビンワン弁護士。親交を深めるという名目のもと、女性にちょっかいを出したがる、ちょっと困った一面も。御剣の過去について何か知っているようだが、検事である御剣とどう関わることになるのか?

捜査やロジックで怪奇な事件を解き明かす!

事件が発生後は、御剣を操作して事件現場や関係者の捜査を行っていく。

 捜査パート01
▲事件現場を隅々まで捜査するのだ。
 捜査パート03
▲入手したさまざま証拠品や情報が、真相解決のカギを握る。
捜査パート05
▲ときに、証拠品を詳しく調べることで、さらなる情報が明らかになるときも!?
 ロジック01
 ロジック02
▲捜査で入手した”情報”から、関連しそうなものを2個選択してまとめる”ロジックモード”。選んだ情報の組み合わせが正しかった場合、さらなる推理によって捜査が進展していく。

ロジックチェス

本作ならではのシステムがロジックチェス。かたくなに情報提供を拒否する証人に対し、適した質問をぶつけることで新たな情報を引き出していく。関係者との駆け引きをチェスになぞらえた本システムでは、リアルタイムで状況を判断する思考のスピードが求められる。

 ロジックチェス02
 ロジックチェス03
 ロジックチェス05
▲相手のセリフや表情を見て、適切な質問をぶつけていく。成功すると相手のチェスのコマが破壊でき、真相に一歩ずつ近づいていく。

現場再現モード

現場の状況が変わり、事件当時の正確な捜査を行うのが難しい場合に活躍するのが美雲の秘密兵器”ぬすみちゃん”。犯行当時の状況を再現することで、新たな事実が発覚していく。

 情報再現モード06
 情報再現モード05
▲入力した情報に基いて、事件当時の現場の状況を再現。再現中の現場を操作して、新たな情報を手に入れよう。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

逆転検事2

対応機種iOS/Android
価格iOS:120円[税込](アプリ内課金あり)
Android:2520円[税込]
このゲームの詳細を見る
メーカーカプコン
公式サイトhttp://www.capcom.co.jp/smartphone/gyakutenkenji2/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧