1. サイトTOP>
  2. 【新作】『逆転裁判6』のスマホ版が登場!成歩堂&王泥喜のW主人公で痛快逆転劇

【新作】『逆転裁判6』のスマホ版が登場!成歩堂&王泥喜のW主人公で痛快逆転劇

2017-09-22 20:18 投稿

異国の法廷で大活躍!

カプコンの人気作『逆転裁判6』がスマホアプリとして配信開始。シリーズでおなじみの弁護士、成歩堂龍一と王泥喜法介のふたりを主人公に据えて、痛快な逆転劇が展開する。

iOS版は第1話が120円[税込]、第2~5話が各720円[税込]、第2~5話シナリオセットが2400円[税込]。Android版は3000円[税込]。

 GS6メインビジュアル
ゲームの見どころ
●個性豊かな登場人物
●霊媒ビジョンで真実を明らかに!?
●特別編やコスチュームも楽しめる

個性豊かな登場人物

本作では、歴代シリーズで主役を務めている成歩堂龍一と王泥喜法介のふたりを中心に物語が展開する。ほかにも、シリーズでおなじみのキャラクターや、初登場となる新規キャラクターなど、多数の魅力的な人々が物語を彩るのだ。
▼成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)(声:近藤孝行)

GS6成歩堂龍一
▲成歩堂なんでも事務所の所長で、ギザギザの髪型と青いスーツがトレードマークの弁護士。不慣れな異国の法廷でも、持ち前の正義感と、師匠 ゆずりの”発想の逆転”と”依頼人の無実を信じぬく心”で真実を明らかにする!

▼王泥喜法介(おどろき ほうすけ)(声:KENN)

GS6王泥喜
▲紅いスーツに身を包む、熱血弁護士。成歩堂なんでも事務所に欠かせない存在。それでも日々の発声練習を欠かさず、口ぐせの「大丈夫です!」が、今日も法廷に響き渡る。証人のわずかなクセからウソを”みぬく”能力を持っている。

▼希月心音(きづき ここね)(声:潘めぐみ)

GS6_ココネ
▲成歩堂なんでも事務所の新米弁護士。いつも元気に、成歩堂と王泥喜をサポートする。一人前の弁護士と認めてもらうべく奮闘中。法廷では、声のトーンから《感情》を読み取る特殊なチカラで、証人の心の奥に隠れた真実を引き出す。

▼綾里真宵(あやさと まよい)(声:花村怜美)

GS6_真宵
▲”倉院流霊媒道”の家元の娘で、死者の魂を霊媒することができる霊媒師。かつては、成歩堂の助手として、にぎやかな日々を送っていた。いまは、家元を継ぐため、”倉院流霊媒道”のルーツであるクライン王国に、修行に来ている。

▼レイファ・パドマ・クライン(声:早見沙織)

レイファ_立ち絵_FIX
▲成歩堂が訪れた《クライン王国》の姫巫女。《霊媒》の力により被害者の“死の直前の数秒間”の記憶を映し出し、死者の言葉を代弁する”御魂の託宣”を執り行う。クライン王国の法廷の判決を決定づけるその能力で、成歩堂 龍一の前に立ちはだかる。

▼ナユタ・サードマディ(声:浪川大輔)

GS6ナユタ
▲クライン王国出身の国際検事。裁判は被害者のタマシイをとむらう儀式であり、罪人を裁くことがタマシイの救済になる、と考えている。弁護士はその救済をはばむ者と捉えており、強い敵対心を持って挑んでくる。物腰は柔らかいが、憎むべき相手には辛辣な言動を取る。

本作は、全5話構成となっている。ここで、1話~4話のあらすじを公開。
▼第1話

001
▲神秘と信仰の国”クライン王国”を訪れた成歩堂は、国の秘宝の強盗殺人事件に巻き込まれてしまう。この国独自の裁判で、かつてないピンチが成歩堂を襲う!!

▼第2話

 002
▲舞台は日本。みぬき念願のマジックショーで、不幸な事故が発生!その責任を問われ、みぬきが逮捕されてしまう。成歩堂が不在の中、王泥喜と心音はみぬきの無罪を証明するため、奮闘する!

▼第3話

 003
▲再び舞台はクライン王国に。クライン王国で修行を続けてきた真宵の最後の儀式で殺人事件が発生。被害者とふたりきりだった真宵が逮捕されてしまう。成歩堂は、真宵を救うため、来訪中の茜の協力も得ながら、真実への手がかりを探し始める。

▼第4話

 004
▲日本の寄席で殺人事件が発生!事件の目撃者として、夕神(ゆがみ)検事が登場する。

霊媒ビジョンで真実を明らかに!?

『逆転裁判6』も従来のシリーズ同様、事件を調べる”探偵パート”、証人のウソやムジュンを暴いていく”法廷パート”を交互に進めていくことになる。
▼探偵パート

 005
 006
▲話す、調べる、つきつける、移動など行動を選択して、事件関係者の情報や証拠品などを集めていく。

▼法廷パート

 007
008
▲法廷では、ライバルとなる検事と戦うことになる。証人のムジュンを見つけたり、ゆさぶりをかけて新たな情報を引き出し、事件の真相を暴くのだ。

本作の特徴のひとつが”霊媒ビジョン”。物語の舞台のひとつであるクライン王国は、古くから”クライン教”を中心として、死者のタマシイへの信仰心と霊媒のチカラを中心に栄えてきた歴史がある。

 009
 010
▲クライン王国の法廷は、ある時から弁護士がいなくなっているらしい……!?

そして、被害者の死の直前の記憶から姫巫女レイファが読み解く”御魂の託宣”が強力な証拠として扱われるのだ。だが、”御魂の託宣”映し出される”映像や文字”と”託宣”との間には必ずムジュンが存在する。そのムジュンを指摘して真実を暴こう。

 011
 013
 012
▲”死者の感覚”と”御魂の託宣”の両者にあるムジュンをつきつけるのだ。

本作では、”霊媒ビジョン”のほか、隠し事をする証人の感情のムジュンを暴いて証言を引き出す”ココロスコープ”、事件現場に残された手がかりを探すためのカガク捜査”3D指紋認証”など、シリーズで登場したシステムも登場する。

▼ココロスコープ

 014
▲声のトーンから感情を聞き取る能力。喜びや怒りなど、証人の感情に潜むムジュンを見つけ出す。

▼サイコ・ロック

 015
▲相手のヒミツや隠し事が”錠前”として見える能力。適切な選択肢を選んだり、証拠品を”つきつける”ことで錠前をすべて解除すると、真相が聞き出せる。

▼カガク捜査”3D指紋検出”

016
▲特殊な粉をはたき、吹き飛ばして指紋を採取し。証拠品に付着した指紋の持ち主を特定するのだ。

▼カガク捜査”マルチアングル動画指摘”

 017
▲異なる視点のカメラで同じシーンが映っているはずのふたつの映像。映像を見比べて、ムジュンする部分を映像の中から指摘する。

特別編やコスチュームも楽しめる

追加コンテンツとして、特選コスチュームパック3種セットや、本編の後日談となる特別編”時を越える逆転”も楽しめちゃうぞ。

 018
 019
▲成歩堂は『逆転裁判3』に登場した芝九蔵虎ノ助の服、王泥喜は『逆転裁判5』の回想シーンで登場した学生服、心音は『逆転裁判3』のフレンチレストラン”吐麗美庵(とれびあん)”の制服に着替えることが可能に。
 020
021
 022
▲”時を越える逆転”では、成歩堂の幼なじみである矢張政志とライバル検事の御剣怜侍、そして成歩堂の助手を務める綾里真宵が登場。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

逆転裁判6

対応機種iOS/Android
価格iOS:120円[税込](アプリ内課金あり)
Android:3000円[税込]
このゲームの詳細を見る
ジャンルアドベンチャー
メーカーカプコン
公式サイトhttp://www.capcom.co.jp/smartphone/gyakuten6/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧