1. サイトTOP>
  2. 【新作】友人はどこへ!? 静寂の中より襲いかかる悪夢からの脱出 『Silent room』

【新作】友人はどこへ!? 静寂の中より襲いかかる悪夢からの脱出 『Silent room』

2017-09-14 12:00 投稿

恐怖と謎解きが凝縮されたショートストーリー

友人のサリーから送られてきた1通のメール。

家に招待された主人公はいっしょに映画を観ていたのだが、居眠りをしているあいだに彼女は姿を消してしまう。

本記事で紹介する『Silent room』は、化け物が徘徊する牢屋からの脱出をテーマにした『Prison』から続く、lanstarが手掛ける恐怖のホラー脱出ゲームの第2弾だ!!

silentroom01
ゲームの見どころ
●プレイヤーを惑わす同時多発系の謎解き
●現実と悪夢が入り交じる予測不能な恐怖

プレイヤーを惑わす同時多発系の謎解き

「あれ……いつの間にか寝ていたのね」

友人のサリーに誘われた主人公は、彼女の家で映画を観ながら居眠りをしてしまう。

周囲を見渡すもサリーの姿は見当たらず、きっと1階にいるメイドのエミリと話しているのだろうと考え、こっそり行って驚かせてやろうと悪巧みを考える。

しかし、廊下につながる唯一の扉は施錠され、サリーの部屋から出ることができなくなっていたのだ。

silentroom02書き込みsilentroom03書き込み

本作は分割型のステージ制ではなく、すべての謎解きをひとつのステージとして描いている。

そのため、終盤まで使い道のないギミックもゲームの序盤から簡単に触れることができ、どこから解いていけばいいのか悩んでしまう。

こうした要素は一見すると戸惑う要素だが、点と点がひとつにつながり前進できたときの達成感は抜群だ。

silentroom04書き込みsilentroom05書き込み
silentroom06書き込みsilentroom07書き込み

スイッチ類のギミックはともかく、具体的に明記されている数字やテレビのリモコン、記号などはメモを取っておくのがオススメ

それを参考にいろいろな各種ギミックの解除方法を推理し、試行錯誤している時間がとても心地よかったぞ!!

silentroom08書き込みsilentroom09書き込み

現実と悪夢が入り交じる予測不能な恐怖

部屋の照明をOFFにして映画観賞をしていたからなのか、サリーの自室は薄暗くてとても不気味だ。

きれいに整頓された飾り気のないシンプルな部屋だが、暗いというだけでそこが薄気味悪く禍々しい異空間に感じてしまう。

そんな中で現れるのが、壁際に佇むひとりの女性の影だ。

silentroom10書き込みsilentroom11書き込み

服装からメイドのエミリと思われるそいつはエプロンに大量の血をつけ、包丁を片手に主人公に襲いかかる。

もしもその血がサリーのものだとすれば、こいつは幽霊ではなく殺人鬼なのかもしれない。

小さな1室から動くことのできないプレイヤーにとって、いつ現れるかもわからない彼女の存在は、つねに死を連想させる恐怖の象徴だ。

silentroom12書き込みsilentroom13書き込み

本作のエンディングはひとつ、ゲームのボリュームも少なく悩みながらでも1時間程度でクリアーできる。

終わってみればエミリが襲ってくるタイミングも明確で周回プレイには向いていないが、そのぶん初回のプレイは難解な謎解きと予想できない襲撃に最後までドキドキしながら楽しめた。

なお、lanstarが手掛ける“恐怖のホラー脱出ゲーム”第1弾『Prison』では荒削りな作りが目立ったが、本作ではそうした点の多くを改善。

今後どのように進化していくのか期待したいデベロッパーだ。

silentroom14書き込みsilentroom15書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午前7時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

Silent room概要

対応機種iOS/Android
価格無料
このゲームの詳細を見る
ジャンルアドベンチャー
メーカーMasataka Higa
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧