1. サイトTOP>
  2. 【集中連載】大塚角満の『リネージュ2 レボリューション』ぶらり旅【第3回】

【集中連載】大塚角満の『リネージュ2 レボリューション』ぶらり旅【第3回】

2017-08-29 13:30 投稿

開始早々のお引っ越し

『リネージュ2 レボリューション』が配信された翌日のこと、俺、中目黒目黒、ゲームメーカーの広報さんという3人のSMS窓に、こんな言葉が投下された。

「角満さん、目黒さん、『リネ2』ってやってる?」

間髪入れずに、俺と目黒は同時に返事した。「やってるやってる!!」

そこから、3人の近況報告会に。この段階でもっとも進んでいたのは広報さんで、レベルは16。俺はこのときレベル14で、目黒はまだ9だった。

とはいえ、配信翌日のことだ。わからないこと、理解していないことが山ほどある時期で、でもだからこそ、想像や妄想に由来する会話が楽しくて仕方がない。会話は盛り上がり、その勢いで目黒がこんなことを言った。

「あ、大塚さん! 今度パーティープレイしましょうよ。名前を教えてください」

素直に、俺は応えた。「“角満”だよ」

line3-1

すると、しばらくの沈黙のあと、不思議そうに目黒がメッセージを送ってきた。

「……あれ? 角満って人、いないっすよ?w ホントに角満になってます? 間違えて“角漫”とかになってるんじゃないですか?」

俺は憤慨した。

「なんでいまさら、自分のペンネーム間違えるんだよ!!ww 20年以上使ってんだぞ!!」

でもやっぱり、角満君は存在しないらしい。これじゃあ、フレンドになることすらできやしない。

3人でおっかしいおっかしいと歌を歌っていると、ふいに目黒が「あ……」と言い、「関係ないと思いますけど……」と前置きしてからつぎのように切り出した。

「大塚さん、サーバーを間違えていたりしないですよね?」

ヒザかっくんされたマンドリルのような顔で(どんなだ!)、俺は「ん?」と言った。

「サーバーって……空いてるところをテキトーに選んだんだけど……ダメだった?w」

途端に、目黒が喚き出す。

「それだああああ!!! 大塚さん、忘れたんすか!? 事前登録をするときに、“いっしょに遊ぶために、サーバーを揃えておきましょう”って取り決めしたのを!!」

言われてみれば……そんな気がする!!! っていうか、そういう話したわ!!

顔を青ざめさせて震えていると、目黒がさらに続ける。

「ってことは大塚さん、事前登録の特典も受け取ってないでしょ!!ww なにやってんすかwww」

心の整理をしつつ、俺は目黒に聞いた。

「ってことは……そっちのサーバーに移って、またイチからやれってこと……?? ……ええええええええ!! ヤだよ!! 目黒がこっちに移ってこいよ!!!」

目黒の返事は、にべもなかった。

「ダメっすよ!!w こっち、ファミ通Appの『リネ2』プレイヤーが集まって、のちのちのパーティープレイに備えてるんですからww 大塚さん、いますぐ引っ越してきてくださいw」

ええええええ!! マジでえええええ!!

……という会話を黙ってきいていた広報さん。最後にボソっと、こうつぶやいた。

「オマエら、端から俺は眼中になかったな……? ……俺もいっしょに遊びてえよおおお!!!」

俺と広報さんの、二度目の冒険が始まった……w

 line3-2

リネージュ2 レボリューション

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルMMORPG
メーカーネットマーブルゲームズ
公式サイトhttp://l2.netmarble.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧