1. サイトTOP>
  2. 配信間近のリズムミュージカルゲーム『レジェンヌ』先行プレイ!元宝塚・百千糸など出演声優インタビューも!

配信間近のリズムミュージカルゲーム『レジェンヌ』先行プレイ!元宝塚・百千糸など出演声優インタビューも!

2017-08-24 18:00 投稿

全楽曲に用意された各キャラごとのソロバージョンは必聴!

レジェンヌ_配信直前_01

配信が2017年8月31日に決定し、サービス開始が間近に迫ってきた、DMM.com POWERCHORD STUDIOの新感覚リズムミュージカルゲーム『レジェンヌ』。

本作は、藤咲えり、百千糸、七瀬りりこといった元宝塚の女優がメインキャストを務め、大空ゆうひ、水 夏希、RiRiKAがサブキャラクターとして出演するなど、その注目度は日に日に上昇しているが、その全貌はいまだ明らかになっていない。

そこで今回、配信前の『レジェンヌ』を先行プレイ! そこから見えてきた『レジェンヌ』のゲーム内容をお届けする。

『レジェンヌ』ゲーム内容

まずは『レジェンヌ』のストーリー、そしてゲーム画面とともに各要素について紹介する。

ストーリー

ある日突然耳と尾が生え、動物の特性に目覚める者、“ビースター”。 その発生から10数年が経過し、日本でもビースター能力を持つものは各分野に進出。 エンターテインメント分野でも、その力を活かした様々な動きが生まれていた。そんな中、ビースターの女性のみで構成されたパフォーマンス団体“シルク・ド・レスパス”は、 設立から初の本公演を控えていた。物語はここから始まる。 公演を通じ、ひとりひとりが自身の能力を高め、孤高のスターを目指してゆく。 合言葉は“Be a Star!”

上記のとおり『レジェンヌ』では、“ビースター”と呼ばれる新人種の女の子たちが、パフォーマンス団体“シルク・ド・レスパス”で活躍するまでの物語が描かれている。

本作では、“ビースター”たちに感情移入しやすいよう、ゲーム内にプレイヤーの分身となるキャラクターが存在しない。ドラマを観る感覚で、彼女たちが織り成す物語を楽しむことができる。

各種ゲーム画面紹介

物語を読み進めるストーリーモードや“ビースター”たちを育成するトレーニング、そしてリズムゲームに挑戦する公演モードなど、『レジェンヌ』ではさまざまなモードを用意。

ここからは、ゲーム画面とともに各モードについて紹介しよう。

レジェンヌ_配信直前_02
▲ホーム画面。ビースターたちの衣装チェックや個別ストーリー、公演、ガチャなどの各モードに移行できるほか、最新情報もここで確認できる。
ストーリーSS_差し替え
▲各ビースターそれぞれをメインに据えた物語を楽しむことができるストーリーモード。ひとりのビースターのストーリーが展開されるその裏で、ほかのビースターがどんな行動をしているのかを読み取れる機能が搭載されている。
レジェンヌ_配信直前_06
▲公演の画面。左にひとつ、右の3つのボタンが用意されている。パフォーマーであるビースターにノーツが被るタイミングでボタンをタップしてリズムを刻もう。
レジェンヌ_配信直前_05
▲公演には“定期公演”、“公開リハーサル”の2種類が用意されている。公開リハーサルは、譜面練習用のモード。
レジェンヌ_配信直前_04
レジェンヌ_配信直前_07
▲公演でスコアを上げるために必要な“衣装”は、おもにガチャで入手できる。また、衣装を使って各ビースターのアバターの着せ替えも可能。公演の演目によって、効果が上昇する衣装も存在する。

ファミ通Appライターが公演をプレイしてみた

本作はリズムゲームというよりも、どちらかといえばパフォーマーを操作するアクションゲームのような感覚でプレイするほうがスコアが伸ばせるように感じた。なぜそう感じたのか? リズムゲームと言うと、規定の位置にノーツが下りてくるタイミングを計ってタップするパターンが多いが、『レジェンヌ』はノーツに向かってパフォーマーが移動していくからだ。

また、プレイしていて驚いたのが、公演中に流れるオリジナル楽曲。なんと各楽曲を、ビースターを演じたキャストたちそれぞれがソロで歌っているのだ! つまり、すべての楽曲に、それぞれのビースターがソロで歌うバージョンが用意されているわけだ(これホントすごい!)。

パフォーマーとなるビースターを変えることで、同じ楽曲でも歌い手が違うため何度でも楽しめる作りとなっている。しかも、体力ゲージがないので、ミスを重ねたとしてもゲームオーバーにならず(クリア評価は低くなるが)、初心者でも安心して楽しめる。

リズムゲームファンはもちろん、リズムゲーム初心者もとっつきやすい『レジェンヌ』。配信されたらぜひプレイしてみよう。

レジェンヌ_配信直前_14
レジェンヌ_配信直前_15
▲公演中、アトラクション(玉乗り、綱渡りなど)のコンボが途切れるようなミスが発生すると、画面のよう綱から落ちる演出も。綱から落ちてもゲームオーバーにはならず、別ルートでゴールを目指すことになる。

『レジェンヌ』出演声優陣にインタビュー

最後に、『レジェンヌ』のキャラクターボイスを担当したキャスト陣にインタビューを実施。キャラクターを演じた感想を聞いた。

百千糸(建神百のCV担当)

レジェンヌ_配信直前_08レジェンヌ_配信直前_09

小嶋紗里(蜜目凪緒のCV担当)

小嶋紗里レジェンヌ_配信直前_11

■門山葉子(黒憧ましろのCV担当)

レジェンヌ_配信直前_12レジェンヌ_配信直前_13

――今回、『レジェンヌ』でキャラクターを演じてみて、印象的だったことはありますか?

百千 これまで声優のお仕事をしたことがありませんでしたので、お話をいただいたとき、「私で大丈夫でしょうか?」と確認しました。そうしたら、建神百というキャラクターの設定は、私のイメージをベースに作られたということでした。これから私といっしょに作り上げていくキャラクターということで、素の私のまま建神百というキャラクターに命を吹き込むことができたかなと思います。

小嶋 私もこれから作っていくというお話を聞いて収録を行ったのですが、最終的には最初のイメージとはかけ離れた蜜目凪緒に進化していきました。イメージがかけ離れたのは、歌の収録後に音響監督から「ロックだねぇ」と言われたのが理由です。ロックという要素を取り入れたことで、イラストからは想像もつかない“江戸っ子”キャラクターになりました。収録を経て、キャラクターが変化していった過程がとても印象的でした。

門山 私が演じた“黒瞳ましろ”の設定をいただいたとき、彼女との共通点が多いことに驚きました。たとえば中高一貫の学校に通ったり、「歌いたい」という目標を持っていたりするところが、私の夢と合致していて印象的でした。だから、演技にも力が入りましたし、黒憧ましろというキャラクターを皆さんに愛してもらえたらうれしいです。「~ですわ」、「お待ちになって」といったセリフが多いので、いわゆるお嬢様キャラが好きな人はとくに注目していただきたいですね。

――『レジェンヌ』の各楽曲をキャストそれぞれソロで歌うということでとても驚いたのですが、百千さんは実際に歌ってみていかがでしたか?

百千 楽曲を作ってくれた方は宝塚を観劇されたことのない方だったのですが、いざ楽曲を聞かせてもらって、歌ってみたら「あっ、これ宝塚でも使える」と思えるものばかりでしたね。だから宝塚で歌っていた当時のスタイルのまま、抵抗なく歌うことができました。もちろん、私がこれまで歌ってこなかった音域の楽曲もありましたが、逆に宝塚で私のことを知っている方たちに「百千さんってこんな歌いかたもできるのか!」と驚いてもらえるチャンスをいただいたと思っています。

――小嶋さんは、さきほど自身が演じる蜜目凪緒の設定が“江戸っ子”になったとおっしゃっていましたが、その変化によって苦戦することはありましたか?

小嶋 江戸っ子という設定になったことで、セリフ回しがすべて“江戸なまり”に変わった点でしょうか(笑)。歌についてはつつがなく進行できたと思いますが、“江戸なまり”というニュアンスは正直聞いたことがなかったので、セリフの収録は音響監督にアレコレ指導していただきながらの険しい道のりでしたね。でも、ゲームで蜜目凪緒が動いているのを見て、がんばったかいがあったなと思っています。

――門山さんが演じる黒瞳ましろはお嬢様キャラとのことですが、セリフの言い回し以外にもお嬢様要素はあるのですか?

門山 彼女の自室にほかのキャラクターを招くというシーンがあるんですが、そのシーンの背景をよく見ると、ベッドに天蓋がついているんです。これってお嬢様の定番アイテムですよね(笑)。ほかにも、“お嬢様あるある”がストーリーの中に盛り込まれていますので、楽しみにしていただければと。

――ありがとうございます。最後に本作を楽しみにされているファンにメッセージをお願いします。

百千 とにかく登場キャラクターがみんなかわいいです。ですので、彼女たちを育てて綺麗な衣装をたくさん着せてあげてほしいです。リズムアクションだけでなく、着せ替えしたり、ストーリーを進めることでキャラクターの成長も楽しめます。いろいろな要素が入っているので、全部楽しんでもらえるとうれしいです。

小嶋 本作は、歌に力を入れた作品です。1曲1曲を、8人のキャストでそれぞれ歌っていて、同じ曲でも8倍楽しめるので、そういう面も楽しんでもらいたいです。ゲームをいっぱいプレイしている方も初心者の方も、難易度を変えて誰でも楽しめますので、まずは触れていただければと思います。

門山 私は普段もゲームをプレイするのですが、そんな私から伝えられることとして、“宝塚”というキーワードを見て、「宝塚は見たことがないから……」と、決して避けないで、臆さないでプレイしてもらいたいです。というのも、本作はゲーマーの方も満足できる作りに仕上がっているからです。遊び応えもあるし、やり込み要素もあってがっつり楽しめますので、ぜひ一度お手に取っていただければと思います。

レジェンヌ_配信直前_16
▲左から門山葉子、百千糸、小嶋紗里。

レジェンヌ

ジャンル
リズムゲーム
メーカー
DMM.com POWERCHORD STUDIO
公式サイト
http://legenne.jp
配信日
2017年夏配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧