ポケモンGO攻略まとめ

ポケモンGO『ポケモンGO』バリヤードやアンノーンがゲットできる“ポケモンGOパーク”が横浜みなとみらいでスタート!

ポケモンGOの攻略記事

『ポケモンGO』バリヤードやアンノーンがゲットできる“ポケモンGOパーク”が横浜みなとみらいでスタート!

2017-08-15 13:36 更新

“ポケモンGOパーク”でできること総まとめ!

2017年8月9日~15日に、神奈川県横浜市みなとみらいエリア一帯で開催されるポケモンの街型イベント“ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!”。

このイベントの一環として、『ポケモンGO』をよりいっそう楽しめるエリアとして、“ポケモンGOパーク”が赤レンガパークとカップヌードルミュージアムパークの2ヵ所に出現!

これまでヨーロッパでしか入手できなかったバリヤードが手に入ることで話題となっているが、そのほかにどんなことができるか初日の模様をリポートしよう。

Yokohama_v30_v05FIX_01

【Pokémon GO PARK(ポケモン ゴー パーク)】
開催日時
:8月9日~15日10時~18時
会場:カップヌードルミュージアムパーク、赤レンガパークの2会場
参加費:無料

“ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!”特設サイトはこちら
“ポケモンGOパーク”特設サイトはこちら

バリヤードだけじゃない!アンノーンやメリープにも遭遇!

“ポケモンGOパーク”は赤レンガパークを“カントーパーク”、カップヌードルミュージアムパークを“ジョウトパーク”として、カントーパークでは、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』のカントー地方のポケモンが、ジョウトパークでは、『ポケットモンスター金・銀』のジョウト地方のポケモンが、いつもより多く発見できるようになっている。

▼赤レンガパーク(カントーパーク)

IMG_1627

▼カップヌードルミュージアム(ジョウトパーク)

IMG_1577

ふたつのエリアは、ポケモンの出やすさに違いはあるもののバリヤードやアンノーンなど、このイベントのために用意されたポケモンは、どちらのエリアでも確認できた。ほかにも通常ではめったに見られないメリープなども入手可能。この“ポケモンGOパーク”でおさえておきたい比較的めずらしいポケモンをまとめると以下の通り。

・バリヤード
・アンノーン(Y、O、K、H、A、Mの6種類)※横浜(YOKOHAMA)の文字が出現?
・メリープ
・ミルタンク
・ヨーギラス
・ラッキー など

IMG_1643

特設ポケストップのまわりにはポケモンが大量出現! ちなみに両エリア間は徒歩5分程度で移動できる。

IMG_1650IMG_1606

両エリアを各1時間ほどプレイしたところ、バリヤードは10匹、アンノーンは3匹捕まえられるくらいの出現度合いだった。記者は確認できなかったが、周りのトレーナーの話では“色違いのピカチュウ”も出現も確認できたらしい。

※上記で挙げたポケモンは初日の調査によるものなので、期間中、出現ポケモンや出現率が変化する可能性もあります。

ポケストップからは特別な2kmタマゴが手に入る!

事前に告知されていた、このエリアのポケストップから手に入る“とくべつな2kmタマゴ”。6つほどかえしてみたところ、めぼしいところではカビゴンやミニリュウ、ウソッキーなどが誕生した。すべてというではないが、通常10kmタマゴから誕生するポケモンも、この“とくべつな2kmタマゴ”に含まれているようだ。

IMG_1646

ポケモンGOパークだけのジムバッジも!

エリア内に設置されたジムでは、イノムーやベルガー、リングマなどとレイドバトルをすることができた。イベント限定のジムなので、ジムバッジもゲットしておくことをオススメ!(全4種類)

IMG_1656
IMG_1666

気になる現地の通信状況について、初日はそこそこストレスなくプレイできたものの、局地的に大勢が集まる場所ではプレイしにくい場面も。とくに伝説のポケモン“サンダー”が出現したときは人が多すぎて、レイドに参加するのもひと苦労。ついでにサンダーも狙いたいという人は、そのあたりを考慮して動こう。

IMG_1619
IMG_1568
▲会場にはリアルポケストップやアンテナ車両も。

今回の“ポケモンGOパーク”は、8月15日まで開催されているので家族や友人といっしょに訪れてみるといいだろう。さらに14日には『ポケモンGO』の大型イベント“ポケモンGOスタジアム”が横浜スタジアムで開催。こちらも注目!

1i『ポケモンGO』国内初の公式イベント“ポケモンGOスタジアム”を横浜で開催!参加申込抽選の受付スタート
【『ポケモンGO』情報まとめはこちら】

ピックアップ 一覧を見る