ポケモンGO攻略まとめ

ポケモンGOレイドバトル実装!!『ポケモンGO』最新機能満載のフィールドテスト体験リポート

ポケモンGOの攻略記事

レイドバトル実装!!『ポケモンGO』最新機能満載のフィールドテスト体験リポート

2017-06-21 14:54 更新

この夏、チームの枠を超えた熱い戦いが始まる!!

2016年7月の配信からまもなく1周年を迎える『ポケモンGO』。

今年、世界各地で数々のゲーム内イベントやオフラインイベントの開催されることが発表され、多くの注目を集めている。

そんな中、待望の最新機能“レイドバトル”と、ジムに関わるさまざまなアップデート内容を直接体験できる、フィールドテストの招待がライター深津庵のもとに届いた。

本記事では、6月某日の代々木公園で行われた当ツアーの様子と、最新機能の詳細をリポートしていくぞ。

pokegoft0103
ゲームの見どころ
●導入は7月下旬!? 最大20人が共闘する白熱のレイドバトル
●近日中に実装!! デザインも一新されるジムに関する新要素

導入は7月下旬!? 最大20人が共闘する白熱のレイドバトル

この日のフィールドテストでもっとも盛り上がったのは、これまで互いに腕を競い合ってきた3つのチームが、その枠を越えてともに強力なポケモンに挑む、ジムを使った“レイドバトル”という新機能だ。

ランダムで選出され、ジム直上に現れる巨大なタマゴには、カウントダウンを示すタイマーがあり、それがゼロになると“ボスポケモン”が誕生。

トレーナーは対象のジムを訪れ、1グループ最大20人のコミュニティを作って(チャレンジできる人数に制限なし)、従来あるルールに則りバトルを仕掛ける。

まさに昨年公開された、タイムズスクエアに集まったトレーナーたちがミュウツーと戦うような体験が楽しめるようになったというわけだ。

pokegoft02pokegoft03
▲タマゴのうえにあるのが出現までのカウントダウンタイマー。ボスポケモンの頭上にあるアイコンの星が1個なら数名、4個になれば10人以上は必要な難易度になるだろうと須賀氏。
pokegoft04pokegoft05
▲ボスポケモンとして出現したバンギラスは、さすがレイドということでCPが高い。周囲にはグループメンバーのポケモンも見え、いっしょに戦っているんだと実感が湧く。
pokegoft06
▲デモ端末を使って実際にレイドバトルを楽しむ皆さん。1バトル30秒の中で、どうしても勝ちたいと仕事を忘れて本気モード。

そして、ボスポケモンに勝利すると、対象のポケモンを獲得できるチャンスイベントが発生する。

当日はプテラと戦うことができたが、写真にあるバンギラスのように、これまで入手が難しかったポケモンや、姿の確認できていない新たなポケモンが出現することもあると須賀氏。

また、寺田氏によれば、グループを組めるのは周辺にいるトレーナーのみで、“プライベートグループ”機能を使えば、特定の相手を同じレイドバトルに誘うこともできるということだ。

pokegoft07pokegoft08
▲レイドバトルに勝利した後は、逃げられちゃう可能性もあるドッキドキの獲得チャレンジ。報酬アイテムの中には2種類の“わざマシン“もあり、どうやって使うのかも気になるところだ。
pokegoft09pokegoft10
▲捕獲に使う専用のモンスターボールの数は、参加した自チームや、ダメージ量などの功績に応じて変化。グループ作成時のコードをポケモンのアイコンを組み合わせて作るのもかわいらしい。

なお、レイドバトルに参加するには、“レイドパス”と呼ばれる新アイテムが必要。

ジムのフォトディスクを回転させて1日1回入手できるもので、翌日に持ち越すことはできないが、当日中であれば、勝利するまで失うことはない。

また、ゲーム内のショップでポケコインと交換することが可能なので、各所で発生するレイドバトルに遠征するといった游びかたもできるようだ。

ちなみに、須賀氏曰く、ジムに貢献し続けると、特定の場所で使うことができる“スペシャルなレイドパス”が届き、そこでは、これまで以上にレアなポケモンが襲来するかも知れないということなので、これはつまり……くぅ、期待値が上がりまくりだ!!

pokegoft11
▲レイドバトルの発生について須賀氏は、ゲーム画面で確認できる範囲のどこかに、タマゴが出現している程度を考えているという。また、“ちかくにいるポケモン”機能に、レイドボタンを追加することで、近隣で発生していれば探すことができるということだ。まずは、レイドパスを入手して、いろいろな地域を探索してほしいと語ってくれた。
pokegoft12
▲ジムに貢献し続けると、特定の場所で使うことができる“スペシャルなレイドパス”が届く。そこでは、これまで以上にレアなポケモンが襲来するかもしれないと須賀氏。
pokegoft13
▲フィールドテストの内容に応じて適したポイントに大移動。これも位置情報ゲームだからこその楽しみたかたであり、ナイアンティックではおなじみの光景だ。

近日中に実装!! デザインも一新されるジムに関する新要素

レイドバトルが公開されたこの日。

須賀氏は、「多くのトレーナーを各地に導き、各チームが協力しながらジムを取り合う、これまでにない体験をしてほしい」。そう前置きをしたうえで、大幅に進化したジムの関する新要素を紹介してくれた。

そのひとつが、ジムにポケモンを配置してから経過した時間や、ジムバトルで負けたときに低下する“やる気”という、ハート型の新たなゲージだ。

これは、ポケモンのCPにも影響を与える重要なもので、個体の強さに関係なく、先に配置したポケモンから順に低下し、ゼロになると対象のポケモンがジムから退場させられる。

それを、チームのメンバー同士が、“きのみ”を与えて回復することのできる協力プレイ要素だ。

須賀氏によれば、チーム間の交流を深めてもらうと同時に、CPの高かったポケモンがジムに居座っていた状態を解消し、うまく循環させる狙いがあるという。

pokegoft14pokegoft15
▲寺田氏によれば、やる気の低下量は強さに関係なく一律ということだ。なお、これまであったジムの名声、ジムレベル、トレーニングという仕組みを排除される。

また、配置されているポケモンの“やる気”の低下速度は、CPの高いものほど速いので、優れたポケモンを配置すれば当然ジムは強くなるが、その分メンテナンスがたいへんになる。

さらに、ポケモンをジムに再配置する際、同じトレーナーがくり返しできないようクールダウンが発生するようになったことが明かにされた。

pokegoft16
▲ポケコインの仕組みも21時間に1回だったものを、今後はジムに配置したポケモンが戻ってきた後、それまでのあいだにどれだけ防衛したかで付与するほうがユーザーフレンドリーではないか、という議論をしているところだと寺田氏が教えてくれた。

そして、ジム関連で著者がもっとも注目したのが、各ジム固有の“ジムバッジ”と、モンスターボールなどのアイテムがフォトディスクから入手できるようになった点だ。

これは、従来あるメダル同様個別に与えられ、該当のジムにポケモンを配置したり、バトルをするなどして関わることで、ジムバッジのグレードがブロンズからシルバー、ゴールドに変化するというもの。

pokegoft17pokegoft18
▲各ジムに設定されている写真を施したジムバッジが入手できる。ジムからアイテムが出るようになれば、ポケストップの少なかった地域も活性化しそう。

この新機能によって、コレクター欲の強い人はもちろん、地元のジムを守りたいとか奪いたいといった、モチベーション維持に繋がるだろう。

また、ジムバッジの獲得状況を世界地図で確認できるので、ワールドワイドなチャレンジを始めるきっかけにもなりそうだ。

pokegoft19pokegoft20
▲獲得したジムバッジはトレーナーのプロフィール画面で確認できる。ドット風に描かれている世界地図を縮小するとエリア単位の入手数が、拡大すれば正確なジムの配置もわかるようだ。
pokegoft21
▲須賀氏に聞いたところ、ジムバッジを集めた数に応じて得られるメダルも準備してあり、グレードを上げることで何らかの特典をという声には検討中であると答えてくれた。

なお、ジムに配置できるポケモンの数が6匹までに変更されたほか、同じポケモンを配置できない仕様も導入されている。

これにより、カイリューやバンギラスなど強いポケモンばかりが並んでいた状況を解消すると同時に、さまざまなポケモンを配置した戦略性の高いバトルが楽しめそうだ。

さらに、ジムバトルで登場するポケモンの順番が、弱い順から配置された順に変更。

1バトルごとに退場できるようになったことで、これまでより短いスパンで、気楽にチャンレンジできるようになったというわけだ。

pokegoft22
▲バトルの参加時間について、ポケモン単位になったことで、ジムが入れ替わる流れが早くなるだろうと遠藤氏。また、須賀氏によれば、通常画面のジム最上段に表示されるポケモンも、強いものではなく、最後に配置されたものになるということだ。
pokegoft23pokegoft24
▲新しいジムはCPの合計値に応じて3段階に変化する。これまで、外部から見えていたバトル中の演出がどう変化しているのかも気になるところ。
pokegoft25
▲須賀氏によれば、ポケストップのふもとに、1度も訪れたことのない場所を示す新しい表示が施されるとのこと。それを頼りに探索するのもおもしろそうだ。

そのほか、ジムバトル開始時のカットインや、“きんのズリのみ”など、細かな演出から従来あるアイテムの上位版を思われる存在まで多く確認できた。

この日公開されたレイドバトルは、7月22日にアメリカのシカゴで開催されるリアルイベント、“ポケモンGO Fest シカゴ”で使われるということなので、まずは、ジムバッジ集めてグレードアップを楽しみつつ、国内での正規導入に備えておこう!!

pokegoft26pokegoft27
▲バトル毎に挿入されるカットインでは、お互いの勝利記録が確認できる。“きんのズリのみ”が、どれだけ効果的なのか、その真価も気になる。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

【『ポケモンGO』情報まとめはこちら】

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る