1. サイトTOP>
  2. どうなるiPhone?発表されたiOS 11の新機能まとめ!App Storeも大幅リニューアル

どうなるiPhone?発表されたiOS 11の新機能まとめ!App Storeも大幅リニューアル

2017-06-06 08:10 投稿

WWDC 2017基調講演

今年も、Appleの開発者向けカンファレンス、WWDC 2017が開催された。

WWDC 2017は、ソフトウェア開発者向けに行われているAppleの大きなカンファレンス。基調講演では、毎年Apple製品の新OS発表が行われており、今回も例にもれずMac OS、Watch OS、tvOS、iOSの新バージョンについてのプレゼンが行われた。

IMG_1940

ここではその中のひとつ、発表された新iOS“iOS 11”と発表された新型iPadについての情報をまとめていく。

iOS 11アップデート内容を簡潔にまとめ

今秋一般向けにもリリースされるiOS 11では、大きく12種の新機能が発表された。ここではその中からApp Storeのリニューアルを除いた、10種についての仕様をまとめて紹介していこう。

IMG_1822

・iMessage
ステッカーが使いやすくなるようデザインを改良。また、iCloudを利用することで、同アカウントを利用している複数デバイスで履歴をリアルタイム同期できるように。

バックアップがiOS、Mac OSで可能となり、結果としてiCloudのストレージスペースが解放されることになる。

・Apple Pay
iMessageに新機能が組み込まれ、個人間送金が可能に。送金された金銭はそのアカウントに紐づけられる。なお、送金はTouch IDによって安全に行われる。

・Siri
米国英語に男性の声バージョンを追加。翻訳機能がベータ版として実装されることも明らかに。翻訳機能が使えるのは、現在のところ英語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語となる模様。

また、ディープラーニングによってさらに賢く反応していけるようになるという。

・カメラ
静止画のフォーマットがHEIF、動画のコーデックがHEVC(H.265)に対応。ビデオのエンコード形式が変更されたことにより、圧縮効率が約2倍に。撮影した動画によるストレージの圧迫が緩和される。

また、写真アプリ用のAPI“Depth”が公開されることも明らかに。

・コントロールセンター
コントロールセンターのUIが一新。単一ページ内にミュージックアプリのガジェット、各種設定のオンオフ、音量、明るさ、ローテート機能のオンオフ、一部アプリへのショートカットがまとめられた。

IMG_1746

・ロック画面
ロック画面から通知センターをより細かく確認できるように。

・写真アプリ
ライブフォトの編集機能を追加。シンプル操作でさまざまなエフェクトをかけることが可能。

・マップ
一部地域のマップを強化。屋内マップ(ショッピングモール、空港など)や地下鉄の乗り換え、道路の車線ガイドなどが追加される。日本国内のサービスについては現状発表なし。

ナビゲーション機能も強化されるが、運転を阻害しないよう、Do Not Disturb While Drivingという機能が追加される。

これはその名からも容易に想像できる通りの機能で、これをオンにしておくと、運転中に送られてきた連絡に対して「運転中だから応答できない」というような旨を自動で返信してくれるという。

IMG_1760

・Home Kit
対応機器のカテゴリーにスピーカーというジャンルが追加され、スマートスピーカーや同じくWWDC 2017基調講演で発表されたスマートスピーカー“HomePod”をコントロールできるように。

Air Play 2に接続できるスピーカーごとに操作が可能なので、特定の部屋の特定のスピーカーだけを操作するといったこともできる。

・Musicアプリ
アップルMusicのAPIキットを開発者向けにリリース。これによりサードパーティーがApple Musicライブラリを利用可能になる。

ゲーム専用タブが登場! App Storeが大きく変わる

ここでは、iOS 11に関して発表された大きなのポイント“App Storeの更新”について紹介をしていく。大きな更新となるが、ポイントを抑えて簡潔にまとめていくぞ。

まず発表されたのは、Appleの審査の高速化というもの。これまでかなり時間がかかると有名だったAppleのアプリ審査がスピーディーになり、早いものだと1~2時間で審査が終わるようになるという。

また、リリースに関してのサポートも強化。アップデートの段階的リリースが許可されるようになるという。

App Storeそのもののデザインも大きく変わる。これまでのタブが変更され、Todayタブ、Gamesタブが追加・独立するという。

Todayタブは、その日ごとに新しいアプリケーションがピックアップされ、ユーザーが新しいアプリを発見するのを助けてくれるという。

Gamesタブとして、ゲームアプリに関する情報が完全独立。タブ内に紹介ページへのリンクやランキングなどがまとめられ、情報が得やすくなるとのこと。

IMG_1791

また、アプリページがそのアプリ独自の製品ページとして使用できるようになるのも大きな変更点のひとつ。製品ページ内に予告編動画やHow to、ゲームが開発された背景などを掲載したりもできるようになるという。

IMG_1783

iPhoneが世界最大のARプラットフォームに?

こちらでは、大きな変更点のひとつ“ARサポート”についてまとめていこう。

昨年の『ポケモンGO』の世界的ブームによって広く認知されたAR(拡張現実)。アップルもこれに着目し、開発キットのリリースを行うという。

IMG_1798

このAR開発キットのデモンストレーションでは、カメラで撮影した空間を正確に認識し、マーカーもない場所に自由にオブジェクトを配置している様子が確認された。

この開発キットは、リアルタイムでトラッキング、レンダリング、ライティングの計算を行えるシステムが搭載されたもの。ARコンテンツを手軽に開発できるような環境が用意されたことにより、iPhoneが世界最大のARプラットフォームになることが予測されるという。

IMG_1801
IMG_1818

ノートパソコンよりも高性能!? 新型iPad Pro

ここからは、新型iPadについての情報をまとめていこう。

新型iPadは、iPad Proの10.5インチモデル。ベーシックなiPadの9.7インチよりも少し大きなサイズとなっているが、ベゼルを極限まで薄くしたことでサイズはコンパクトにまとめられている。重さは469グラム。

IMG_1827

このサイズにした理由の背景には、スマートキーボード、デジタルキーボードとの親和性、使いやすさがあるという。

ディスプレイには、輝度600 nits、広色域、HDRビデオに対応したTrue Toneディスプレイが採用されているが、このディスプレイ最大の特徴はリフレッシュレート。

従来品のリフレッシュレートが最大60Hzであったのに対し、今回のディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートを誇るという。

これにより、高速スクロールはもちろん、Apple Pencilでの入力が滑らかに描画されるようになるという。ちなみに、このApple Pencilの反応速度も向上し、最大20msのレイテンシになるとのこと。

このリフレッシュレート、そのときの使用環境を自動で認識し、静止画を見ているときは低いものになり、動画視聴やApple Pencilを使ってのイラスト加工などが行われている状況では高いものに自動で切り替わるようになっているという。

IMG_1838

なお、プロセッサには6コアCPU、12コアGPUのA10Xフュージョンチップが搭載されており、スペックは高め。グラフィック性能だけで見れば、旧バージョンより40%も向上している。

また、前述のiOS 11にはiPad Pro専用の機能もあるとのこと。そこには、ドックの操作性・利便性の向上、マルチタスキング、ドラッグ&ドロップ操作のサポート、“Files”アプリケーションによるドキュメント管理機能などが含まれており、iPadの操作をよりスマートにしてくれるものとなっているという。

IMG_1872
IMG_1913

価格はWi-Fiモデルが64GBで69800円、256GBで80800円、512GBで102800円。Wi-Fi+セルラーモデルでは、それぞれ84800円、95800円、117800円。すべて本日より予約開始となっているので、気になる人はチェックするといい。

以上が今回発表されたiOS、iPadに関する情報のまとめとなる。iOS 11に関しては、ユーザーからしてみれば細々としたアップデートが多い印象。しかし、App StoreのリニューアルやARのサポートは興味を惹かれるものとなっていたので、今秋のリリースを待ち遠しく思う。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧