1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. モンスターハンター エクスプロア>
  4. 【モンハンエクスプロア攻略】『MHXR』Ver6.0アップデートを開発者に訊く!

【モンハンエクスプロア攻略】『MHXR』Ver6.0アップデートを開発者に訊く!

2017-04-25 14:00 投稿

Ver6.0アップデートインタビュー

『モンスターハンター エクスプロア』でクロス4大モンスターや覇玉武器などの新要素が追加されるVer6.0大型アップデートが2017年4月26日に実施される。今回は、新たにプロデューサーに就任した関野亮央氏と、ディレクターの岡野勇樹氏にインタビューを実施。Ver6.0の見所や今後の展望についてうかがった。

 TN4_5664

(右)関野亮央文中は関野
『MHXR』プロデューサー
(左)岡野勇樹文中は岡野
『MHXR』ディレクター

関野プロデューサー就任について

――そもそも関野さんが『MHXR』の運営に関わるようになったのはいつごろですか?

関野 2016年6月ごろになります。施策としてちょうど”MHXR探検情報局”を立ち上げた時期からの参加になります。「来週収録がある」と言われて、資料を作った記憶があります(笑)。MHXR探検情報局を通して『MHXR』運営の目玉コンテンツの出し方を少しずつ覚えていきました。
●MHXR探検情報局

――裏方から始まったわけですね。

関野 Ver5.0の準備段階で本格的に運営に参加するようになりました。その当時の私はアプリ運営のノウハウが少なかったので、『モンスターハンター フロンティア』(以下『MHF』)での経験を活かして、運営として何が必要なのかを洗い出しつつ参加しました。肩書がプロデューサーになったのは2017年1月で、本格的に表に出させていただくようになったのはver5.5からになります。

――同じオンラインゲームとは言え、PCなどで展開する『MHF』とアプリの『MHXR』では、勝手が違うのでしょうか?

関野 そうですね。たとえば、アプリゲームは全体的に更新のスパンや流れがすごく早いんです。『MHXR』も『MHF』も大型アップデートは半年に一回というペースは比較的同じなのですが、『MHXR』ではマイナーアップデートを毎月挟むのでペースが速いですね。また、ユーザーさんからの反応、レスポンスが早いですしダイレクトです。そのためイベントの何が良かった、何が悪かったかが判断しやすいので運営に活かしやすいという面があります。いまも日々勉強しながら運営をしているところです。

――関野さんの就任は今年からですが、『MHXR』のゲームはサービス開始から1年半が経過していますよね。振り返ってみていかがでしょう?

岡野 『MHXR』は運営が非常にたいへんな状況からスタートしたので、安定して遊んでいただけるようになるまで苦労しました。開発のメンバーは開発に特化したメンバーが多く、運営には不慣れな部分があって、途中から関野のような運営タイトルに精通したメンバーが加入して、ようやく運営が安定してきたかなと思っています。

――iOSサービス時はサーバーダウンしたこともありましたね。

岡野 皆様にはたいへんご迷惑をおかけしてしまいました。紆余曲折ありながら、1周年を迎えたVer5.0アップデートで、ネフ・ガルムドという『MHXR』オリジナルのモンスターの実装、Ver6.0アップデートではようやく武器のオリジナル要素である覇玉武器に着手できて、今後は地に足を付けて遊びの幅を広げていける思っています。

Ver6.0は新モンスターと覇玉武器の2本柱

――Ver6.0アップデートの売りを教えてください。

関野 最大のウリは『モンスターハンタークロス』(以下『MHX』)の4大モンスターの登場です。覇玉武器との2本柱ではあるのですが、メインビジュアルではクロス4大モンスターをメインに打ち出しました。Ver6.0アップデートではまずライゼクスが登場し、今後クロス4大モンスターがすべて登場するということを表現したビジュアルになっています。

――迫力あるビジュアルですよね。

関野 ありがとうございます。ただ、もうひとつの目玉である覇玉武器もアクションやエフェクトの派手さがあり、そちらも入れたかったんです。そこで、サブビジュアルとして、クロスモンスター1体とそのタイミングで登場する覇玉武器を対にしたビジュアルを全4種、Ver6.3まで用意しました(笑)。マイナーアップデートごとにゲーム内のタイトル画面のビジュアルが切り替わります。

岡野 サブビジュアルはモンスターと覇玉武器が一対になっているので、このバージョンで推したいものというのが解かりやすいようにしてあります。ものすごくかっこよくできているので楽しみにしていてください。

新モンスターについて

――『MHXR』における新モンスターは、『MHX』との違いはあるのでしょうか?

岡野 『MHX』のモンスターを移植するうえでは、特徴は残しつつも、『MHXR』の直観的な爽快感があるアクションにあわせた調整が必要です。そうしないと極端に弱いモンスターになってしまったり、対応しづらいモンスターになってしまいます。今回のライゼクスは、大技を追加しなければ、ユーザーさんに手ごたえのあるモンスターだと思ってもらえないなと考え、滑空してV字に雷撃を拡散する攻撃などを追加しました。このように他のモンスターも『MHXR』のアクションに合わせた調整や、新規のアクションを追加したいと考えています。

関野 『MHX』シリーズのようにスタイルの選択はありませんが、『MHXR』では武技という独自要素で狩りの幅が広くなっています。『MHXR』ならではの別軸のモンスターとして、狩りを遊んでいただきたいです。

――ちなみにガムートはボディが非常に大きいですが、どのような調整をされる予定でしょう?

岡野 現在調整中ですが、”『MHXR』用にただ小さくしただけ”という調整だと、ガムートの特徴がが失われてしまうと思っています。難しいですが、いい具合にガムートのよさを活かした調整したいと考えています。他のモンスターも含めで『MHXR』ならではの調整を行っているところなので、楽しみにしていただければと!

覇玉武器について

――覇玉武器導入の経緯を教えてください。

関野 クロスモンスターがVer6.0アップデートで登場することは早い段階で決まっていたんです。ただこれは『MHF』の経験から学んだのですが、モンスターは見た瞬間、登場を知った時にある程度の満足感が得られてしまうんですよね。また、ネフ・ガルムドのように完全新規のオリジナルモンスターではないので、想像を大幅に逸脱することはありません。そこで、ハンター側にも何かしらの新たな要素が欲しいと思いました。

岡野 『MHXR』では、操作を簡略化することでアクションや特徴を、従来のシリーズから削ることになっていました。ですので以前から既存の武器種に新しいアクションを追加できないかなという考えがあり、覇玉武器の構想はそこからスタートしています。

――最初に登場する覇玉武器が、大剣とライトボウガンになった理由は?

岡野 大剣はシンプルかつ強力で、『モンスターハンター』シリーズを代表する武器だと思っています。なので、覇玉武器のコンセプトがわかってもらいやすいように、第一弾に持ってきました。ライトボウガンに関しては『MHXR』で長らく不遇な武器だったということ、ガンナー装備も第一弾で持ってきたいということもあって決定しました。また、ライトボウガンはもともとVer6.0アップデートで特殊弾の追加などの強化をする予定だったので、この機会に一気に強い武器種にしようということになりました。

関野 どの武器をどのタイミングで追加するかを議論したのを覚えています。このタイミングではこれ、2武器種を追加できるタイミングはこの2種だとか、人気ランキングや使用率も加味しながらバランスの取れた出し方をできると思っています。Ver6.0アップデートでは、ライトボウガンを使ってくれる方が増えてくれるのではないかなと思います。

――覇玉武器のライトボウガンのコンセプトを教えてください。

岡野 カッコよく射撃できる武器です。もともと我々が『MHXR』でやりたかったライトボウガンは、既存のライトボウガンの要素では物足りないと感じている面がありました。本当はガンナーの中でも機動力が高く、避けながらスタイリッシュに射撃する武器にしたいと思っていたので、今回の覇玉武器でそれが実現しました。アイデアとしては古くからあったものなので、追加するアクションのコンセプトに悩むといったことはありませんでした。
●プレイ動画【覇玉武器”ライトボウガン”】

――覇玉武器の大剣のアクションのコンセプトはなんですか?

岡野 大剣のフォーカスするべき要素は溜め斬り以外にないと思っていました。ただし、溜め斬りに溜め4を追加してもそれは溜めの威力が上がるだけで、楽しくないですよね。また覇玉武器を完全な上位互換の装備にしたくなかったので、大剣の追加アクションについては非常に苦労しました。

――何かひらめきがあったのでしょうか?

岡野 ヒントになったのは溜め斬りがモンスターの位置を追従するようになった時に想像以上にユーザーさんからの反響が良かったことです。大剣の弱点である、溜め始めたら動けないというところを克服するため、少し動けるようにしましょうとなりました。最終的に攻撃の選択肢を増やし、溜め斬りを当てやすくするというコンセプトになりました。そこから既存の溜め3よりも威力は少し劣るけど、移動できて飛んでいる敵にも当てやすく、スーパーアーマーも付いている調整になりました。
●プレイ動画【覇玉武器”大剣”】

――空戦型推力槌フリーゲンなど一部の武技で新しいアクションが追加ましたが、それらとは差別化が図られているということですね。

岡野 覇玉武器は完全新規の通常アクションが追加されていますので、『モンスターハンター』シリーズに登場する『MHXR』では削られたアクションを追加した空戦型推力槌フリーゲンとは差別化が図られています。また空戦型推力槌フリーゲンは武技中のみのアクション変化ですね。しかし、覇玉武器のコンセプトを決める際には、武技中にアクションを追加するべきか、武器種そのものにアクションを追加するべきかというところで議論はありました。ただユーザーさんに喜んでもらうために、武器種に追加しましょうとなりました。

関野 武技は『ストリートファイター』シリーズで言うところのスーパーコンボ(超必殺技)だと思っているんです。覇玉武器は波動拳と昇竜拳のような必殺技に、新たな技を追加したという感じです。覇玉武器は大技一発が変わるのではなく、普段の立ち回りに変化が生まれるようになっています。また、これまでは武器の良し悪しは攻撃力と武技が判断基準だったと思うのですが、ここに覇玉という基準が入ることで、3つのバランスの中でどれがこのクエストで最適解なのかが変わってくると思います。

スライド10

――覇玉武器はどのくらいの数追加されていくのでしょう?

関野 今後登場する☆5、☆6武器はもれなく覇玉というわけではなく、☆6の通常武器と☆5の覇玉武器、このクエストではどっちがいいのかという広がり方が生まれてくるようにしたいと思っています。単純に強い武器が追加されていくだけではなく、横に選択肢が増えていくという感じですね。そもそも『MHXR』は武器種に固執する必要がない環境なので、たくさんの選択肢がある方がゲーム性に合い遊びの幅が広がるかと思います。

岡野 関野の言う通り、覇玉武器でない代わりに武技やステータスが高いというバランスで武器が追加されます。ライトボウガンに関しては特殊弾もあるのでさらに選択肢が増えます。また同じ種類の特殊弾でも武器の種類によって弾数が違ったりするので武器ごとの個性が出てくると思います。

関野 入手した時に「当たりだ!」と思ってもらえる武器が増えるといいですね。この武器はここが弱点だけどこのクエストには最適だというように使えない武器を減らしていきたいです。

岡野 ライトボウガンに関してはテクニカルだけど、使いこなせれば物凄く強いもの、性能はそこそこだけど使いやすいといったような差別化が生みやすくなります。たとえで言うと、武技中にドライブショットを撃つとそのままオーラを纏って、モンスターに体当たりし、大ダメージを与えるといったようなものも構想があります(笑)。

――覇玉武器の入手方法はどのような形になりますか?

岡野 今回のVer6.0アップデート直後に関しては、強襲クエストなどに覇玉武器を追加すると大剣とライトボウガンだけ目立ってしまってバランスが取れなくなってしまうので、ニャン検隊やレアドロップでの実装になります。ただし、今後のイベントクエストでは積極的に覇玉武器を追加していきたいと思いますので、入手機会も増えます。

関野 覇玉武器を持っていることをステータスにするというよりは、着実に浸透させていきたいと考えています。

岡野 これは普及するのに時間がかかったチャージアックスや操虫棍の反省点を活かしてということでもあります。操虫棍とチャージアックスは、そもそもとして基になる武器が少ないという事情もありますが(笑)。覇玉武器は操虫棍よりも早い段階で普及するようにしたいと思っています。

――既存の装備なども進化で覇玉武器になったりするのでしょうか?

岡野 もちろんあります。新しいものだけでは、これまでの装備が過去の遺物になってしまうので、ユーザーさんの資産がもう一度活躍できるようにしたいです。せっかく手に入れて強化した装備が新しい装備が出て使えませんとなったら悲しいですし、ボックスに眠っていた装備が進化で強力になるとかも個人的にはワクワクするので、ドンドンやっていきたいと思っています。

進化させる装備や覇玉武器になるラインアップの選択はバランスを考えてやっています。例えばVer5.5のアップデートで進化が追加された戦獄甲【篭手】は、スキルがエクスプロアナックルと役割が被ってしまっており、使われることが少なかったんです。そういった他の武器に埋もれてしまっているものから優先的に強化するようにしています。

――Ver6.0 以降追加される覇玉武器について教えてください。

関野 一応全武器種の構想は貰っています。武器種の特徴が伸びているものや、その武器種でそれをやるのか! というものもありますね。

岡野 誰もがこれは欲しいよねという性能は押さえつつ、想像の斜め上を行っている要素も加えたい、という志で現在調整しています。

関野 私は個人的に次回追加される覇玉武器がびっくりしました。この武器種らしくない攻めたアクションだなと(笑)。

岡野 人気はある武器種ですし、派手な武器になっていますね。

――どの覇玉武器も弱点を補うというコンセプトですか?

岡野 弱点を補うだけではなく長所を伸ばすという方向になっているものもあります。共通しているのは、完全な上位互換ではなく元の武器種の方が強い局面もあるといったような調整にしています。また、ただ単純にコンボを増やすだけでなく、『MHXR』の売りである簡単操作の良さはつぶさず、違うアクションができるようにしてあります。

今後について

――5.5で追加された狩力に関して、追加される要素はありますか?

これまでの狩力を持つ武器は、武技を発動すると溜まるというものがスタンダードだったのですが、Ver6.0アップデートでは攻撃をヒットさせると狩力が溜まるものや、使う方法が攻撃を受けたときに自動で発動し、ダメージを軽減するといった新しい使い方が登場します。

――Ver6.0で追加された、新島について教えてください。

関野 今回のポイントはカイラーサですね。カイラーサのボイスは人気声優の東山奈央さんにお願いしているので魅力的なキャラクターになっています。秘宝を集めてハンターランクを上げていただくということもあるのですが、スマホゲームのシナリオなので読みやすくなっていますしボリュームも程よいのでお時間があるときに楽しんでいただきたいなと思います。

――最後に、今後の展望を教えていただけますか?

関野 Ver6.0アップデートはVer6.0でのみ完結せず、マイナーアップデートを重ねることでクロスモンスターが集結して完成すると思っています。マイナーアップデートは一か月ごとなので、そのあとは2周年ちょうどまでに少し間が空きます。それ以降は怒涛の追加要素も待っていますね。Ver6.0アップデートまでの『MHXR』としては基本部分の拡充かなと思っています。2周年から先、Ver6.0アップデート完結後はチャレンジングな『MHXR』でしかできないこと、完全に新しい『MHXR』をやっていきたいと思っています。

岡野 1周年ではネフ・ガルムドと操虫棍が追加されてかなりの反響がありましたが、2周年では最低でもそれ以上のインパクトがあるような追加をしたいと思っています。

関野 まずはVer6.0アップデートをしっかり遊んでいただければ2周年をより楽しめると思います。

 TN4_5675

モンスターハンター エクスプロア

ジャンル
探検×ハンティングRPG
メーカー
カプコン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧