1. サイトTOP>
  2. 『星のドラゴンクエスト』マンガ『ダイの大冒険』でも描かれなかった“あのボス”が登場

『星のドラゴンクエスト』マンガ『ダイの大冒険』でも描かれなかった“あのボス”が登場

2017-03-27 12:50 投稿

冥竜王ヴェルザーって?

※本記事は、2017年3月22日に作成されたものです。

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
現在『ドラゴンクエスト -ダイの大冒険-』(以下、『ダイの大冒険』)イベントが開催中ですが、とんでもないイベントクエストが配信されました!

01

冥竜王ヴェルザーが降臨! 冥竜王ヴェルザーとは、マンガ『ダイの大冒険』で終盤にチラっとだけ登場した、大魔王バーンと魔界を二分するほどの竜。しかしバランに倒され、その魂を天界の精霊に封印されたため、『ダイの大冒険』では声のみの登場でした。

しかし『星ドラ』では、その封印が解けヴェルザーと戦うことができます。イベントは後編で終わりだと思っていたので、これは嬉しいサプライズ!

02-102-2

イベント装備も超豪華で、キルバーンとミストバーンの防具のほか、イベント報酬で得られる引換券で、ドルオーラやグランドクルス、さらにはヒュンケルやバランの魔石などなど、すべてが欲しくなるようなスキルやアイテムがズラリと並んでいます!

03-103-2

ドルオーラはCT35と少し重めですが、コメットに続く無属性呪文。さらに全体攻撃で、マホカンタで反射されないという性質もあります。ダメージ倍率、ダメージ加算も高いので、魔法戦士や賢者ならば十分な戦力に。

04-104-2

グランドクルスは、CT27の無属性全体攻撃。500%の倍率を誇るのでかなり強力です。ただし使用後は自身が“やすみ”状態になるので、トドメに使うなどの工夫が必要になります。

どちらも使いどころは少し限られますが、これらが引換券と交換で手に入るなんてすばらしすぎる!

05

気になるイベントクエストのほうは全部で4つ。初級、上級がキルバーン戦、超級、伝説級がヴェルザー戦。

06-106-2

さっそくヴェルザーと戦ってみましたが、正直な感想は「強すぎる……!」。超級だからと少し余裕をかまして挑んだら、見事に返り討ちに遭いました……。

07-107-2

通常攻撃で守備力を低下させてきたり、尻尾でパーティ全体を攻撃してくるほか、咆哮で“やすみ”状態にさせられます。さらに氷ブレスの“かがやくいき”を使うほか、HPゲージの色が変化する際の反撃技で“冥竜王のいかづち”という闇ブレス攻撃も。冥竜王のいかづちはマヒの追加効果もあるので、これらの対策をしておかないと、写真のように状態異常にかかりまくり、なにもできないままチカラ尽きます……。

“やすみ”と“マヒ”対策は必須。余裕があれば、氷ブレス、闇ブレス耐性も上げておきましょう。“いてつくはどう”は使ってこないので、海賊の“荒波の舟歌”が有効。パーティにふたりいれば安心でしょう。

08-108-2

今回のイベントでもスタンプがもらえます。このふたつは漫画でのワンシーンなのですが、これだけみ見ると“どうぞどうぞ”という3枚目のスタンプも欲しくなります(笑)。

冥竜王ヴェルザーと戦えるイベントは2017年4月3日までと期間が短め。ちなみに、4月5日までは1400万ダウンロード達成記念キャンペーンも実施中です。1000ジェムがもらえたりプレゼントクエストが配信されていたりと盛りだくさんなので、まだプレイしていない人は急ぎましょう!

それでは、また次回!

▼ゴジラ太田『ドラゴンクエストX オンライン』もプレイ中▼
『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~

 

過去の『星のドラゴンクエスト』プレイ日記はこちら

星のドラゴンクエスト

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/Android ※一部端末を除く

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧