1. サイトTOP>
  2. 【速報】サイゲームスが梅原大吾らを有するeSportsチームの立ち上げを発表!【GDC 2017】※追記あり

【速報】サイゲームスが梅原大吾らを有するeSportsチームの立ち上げを発表!【GDC 2017】※追記あり

2017-03-02 09:10 投稿

チーム名は“BEAST(ビースト)”

2017年2月27日〜3月3日(現地時間)の期間、アメリカ・サンフランシスコ モスコーニセンターにて開催中のゲームクリエイターの技術交流を目的とした世界最大規模のセッション”GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2017″。

サイゲームスの木村唯人プロデューサーが登壇した”Competition Culture and Festival Culture for Promoting eSports in Asia (Presented by Cygames)”のセッションにて、同社がeSportsチーム”BEAST(ビースト)”を設立することが電撃発表された。

▼木村Pが登壇したセッションの詳細はこちら
『シャドウバース』木村Pが語る”日本でeSportsイベントを成功させる秘訣”【GDC 2017】

 

main

メンバーには、梅原大吾氏をはじめ、PR Balrog氏、SNAKE EYEZ氏といった名だたるプロゲーマーたちの参加が決定している。

IMG_7107

サイゲームスのコメント

※ 以下、リリースより抜粋。

これまで、サイゲームスは日本市場を中心に活動してまいりましたが、2016年6月の『Shadowverse (シャドウバース)』のリリースを皮切りに、海外市場も視野に入れ世界中に“最高のコンテンツ”を届けたいという思いを強くしてきました。
そのため、このたび、世界でも群を抜く実績と認知度、人気を誇り、高い発信力を持つ梅原大吾選手、さらに、北米の人気プレイヤーであるスネーク・アイズ(Snake Eyez)選手、PRバルログ(PR Balrog)選手と、スポンサー契約を締結し、“Cygames Beast”を発足することとなりました。

さらに、梅原大吾選手が賞金寄付などを通し、格闘ゲームコミュニティへの貢献、そして、後進の育成にも尽力する姿は、自社のコンテンツにかかわらず、プロプレイヤーが活躍できる土壌を作り、ゲーム業界の永続的な発展に寄与していきたいというサイゲームスのビジョンと一致しており、今後、パートナーとしてともに歩んでいけることを非常に光栄に思っています。

“BEAST”選手紹介

梅原大吾

sub1

【日本のeSports界を牽引する日本初のプロゲーマー】
日本初のプロゲーマー。15歳で日本を制し、17歳で世界チャンピオンのタイトルを獲得。以来、格闘ゲーム界のカリスマとして、18年間にわたり世界の頂点に立ち続ける。

2010年4月、米国企業とプロ契約を締結、日本で初めてのプロゲーマーとなる。同8月“世界でもっとも長く賞金を稼いでいるプロゲーマー”としてギネスに認定。

『Evolution Championship Series』(通称 EVO — 世界最大の格闘ゲーム大会)で2009年、2010年と2年連続優勝を果たし、歴代記録を作る。2013年には、5年連続ベスト8入りし、同大会における大会歴代記録を更新。誰もが認める“世界最強にして最高”のゲーマーとして、その一挙手一投足は国内外から熱い注目を集めている。

米国大手ゲームサイトKotaku.comが、“奇跡の逆転劇”として知られる2004年のEVOにおける伝説の一戦をプロゲーム史上もっとも記憶に残る名場面第1位に選ぶなど、世界のゲーム界ではウメハラの名を知らぬものはいない。

梅原大吾の公式サイトはこちら

スネーク・アイズ(Snake Eyez)

sub3

PRバルログ(PR Balrog)

sub2

※“Cygames Beast”の詳細な情報は、 追って、 サイゲームス公式サイトなどを通じて公表される予定。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧