1. サイトTOP>
  2. 【新作】200以上のパーツを組み合わせてクリーチャーを爆誕&64種のスキルでガチバトル 『Creature Battle Lab』

【新作】200以上のパーツを組み合わせてクリーチャーを爆誕&64種のスキルでガチバトル 『Creature Battle Lab』

2016-12-16 16:00 投稿

博士と助手のマッドなモンスターライフ

世界有数の権威である教授のもとで200を超えるパーツと64種類のスキルを使って自分だけのクリーチャーを生み出し、タッチ&スワイプでド派手なバトルをくり広げちゃう育成型3Dアクションゲーム『Creature Battle Lab』。

CreatureBattle01

最大4つのスキルをセットして箱庭型3Dフィールドを舞台に大暴れ。

DNAを集めてカスタマイズもできちゃう本作の醍醐味をラボからお届けするぞ!!

ゲームの見どころ
●世界に1体だけのクリーチャーを作ろう
●4つのスキルを自在に操る直感バトル
●集めたDNAで5つのステータスをアップグレード

世界に1体だけのクリーチャーを作ろう

我々が所属するクリーチャーラボは、目鼻から手足、背中や尻尾など200以上のパーツを自由に組み合わせ、日夜さまざまな命を生み出すちょいとマッドな施設であり、“ クリーチャーバトルラボクラブ”と呼ばれるアリーナに送り込んでは戦わせている、某ファイトなクラブを思い出させる場所。

人間の身勝手な都合でDNAを操作、生まれたその日から死闘の連続っていうのもかわいそうな気もしちゃうけど、この世界ではごく当たり前の娯楽ってわけだ。

CreatureBattle02書き込みCreatureBattle03書き込み

たとえば足を未選択のまま決定すれば、空を飛んでいるように演出することもできるし、猫のような耳を選んで愛でる対象としてクリーチャーを仕上げることもできる。

また、パーツ以外にも強弱の制限はあるけど形状を変化自分好みのカラーに染めることも可能。キャラクターメイクに毎度時間を費やす著者は、これだけで小1時間は軽く楽しんでしまった。

CreatureBattle04書き込みCreatureBattle05書き込み
CreatureBattle06書き込みCreatureBattle07書き込み

さらに、各クリーチャーには近接の乱闘、遠隔の発射体、特定の攻撃から身を守るシールドなど65のスキルがあり、そこから4つを選んで戦うことになる。

こちらもスキル同様、何を選んでもプレイヤーの自由。

攻守バランスよくセットする基本スタイルや、遠隔と範囲攻撃系のスキルを詰め込んでとことん狙い撃つスタイルなど、組み合わせの数だけ新たな戦術が考えられるのもおもしろかったぞ(実戦の様子はこの後すぐ!!)。

CreatureBattle08書き込みCreatureBattle09書き込み
▲新しいスキルのアンロックには、バトルで得る赤の“YDNA”が必要。まずは試して傾向と使用感をチェックするといい。

4つのスキルを自在に操る直感バトル

バトルの舞台となるアリーナの数は全部で27種類。タップした場所に移動、フリックでダッシュする基本動作に加え、画面下に並ぶアイコンでスキルを発動、リチャージ毎に何度でも使うことができる。

ここで覚えておきたいのは、スキル系統によって操作方法が異なる点だ。

CreatureBattle10書き込みCreatureBattle11書き込み
▲スキル同様、新しいアリーナをアンロックするには“XDNA”が必要。また、近接系スキルはタップと同時に発動するので、間合いを詰めてから使おう。
CreatureBattle12書き込みCreatureBattle13書き込み
▲範囲攻撃系は、上空から骨を降り注がせたり、足もとからマグマを噴火させたりと効果はさまざま。防壁は作った本人の攻撃をも防いでしまうので使いどころが難しい。

著者が好きな立ち回りは、敵を壁際に追い込んでその手前に防壁を作って動きを封じ、その頭上もしくは足もとに範囲攻撃を仕掛けるというもの。もしも防壁の隙間から逃げ出そうとしたら、そこに向かって遠隔系のスキルで応戦。

とまあ、こんな感じでプランを練っておくと、事前のスキル選択もムダがなくなるのでオススメだぞ!!

CreatureBattle14書き込みCreatureBattle15書き込み
▲本作には各所で極端に小さなフォントが使われ、それを読み取るのが困難。スキルの説明を含めた肝心な育成要素も理解しにくいのが残念。

■『Creature Battle Lab』お試しプレイ

集めたDNAで4つのステータスをアップグレード

バトルの報酬で得るXDNAでアリーナやスキルをアンロック、YDNAで新しいクリーチャーを生産。

そしてもうひとつ、一見使いどころがわかりにくい“ZDNA”は、各クリーチャーの概要を進めるとある編集項目の“統計”、ここで体力と攻撃、防御など4つの基礎ステータスをアップグレードする重要なDNAとなっている。

CreatureBattle16書き込みCreatureBattle17書き込み
▲最下部にあるスキルはXDNAを使ってアンロックした数を示し、このページから習得画面に移動することできる。

もともと数値化されていないステータスなので、1ゲージあたりの上昇率は不明だけど、3ゲージ分上げてみると多少は打たれ強くなったと実感できた。おそらくZDNAはここ以外で使う用途がないので、迷わずアップグレードに投資しちゃったぞ。

ちなみに現在、本作にマルチプレイは未実装。今後対応してくれれば絶対に盛り上がる作りになっているので、来る日に向けていまのうちにしっかりクリーチャーを育てておくのもいいね。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

Creature Battle Lab

ジャンル
アクション
メーカー
Dojo Arcade
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧