1. サイトTOP>
  2. ヤフーで今年もっとも検索されたゲームタイトルは『ポケモンGO』! “Yahoo!検索大賞 2016”発表

ヤフーで今年もっとも検索されたゲームタイトルは『ポケモンGO』! “Yahoo!検索大賞 2016”発表

2016-12-07 14:54 投稿

俳優のディーン・フジオカが“今年の顔”大賞に決定!

2016年12月7日、“Yahoo!”で検索されたワードの中で、前年と比較してもっとも検索数が急上昇した人物や製品、作品などを表彰する“Yahoo!検索大賞 2016”が発表された。

YSA2015_0929_CMYK

2014年に創設され今年で3回目を迎える本イベント。2016年1月1日から11月1日までの集計データをもとに、大賞以下23部門の表彰が行われた。

ゲーム部門賞では2014年・2015年とスマホアプリ『モンスターストライク』が2年連続で受賞していたが、今年は『ポケモンGO』が受賞。そのほかゲーム関連では“プレイステーションVR”が家電部門賞を受賞した。

TAK_8580

『ポケモンGO』の受賞には、ナイアンティックのアジア統括マーケティングマネージャー・須賀健人氏と、ポケモンの専務執行役員・宇都宮崇人氏、そしてピカチュウが登壇。

「興味を持ってくださった方、プレイヤーの皆様に感謝を述べるとともに、今後も、より安全で、より健全で、より魅力的な『ポケモンGO』の世界を作り上げるべく努めてまいります。ぜひ、これからの展開にも期待ください!」と受賞のコメントを寄せた。

気になる『ポケモンGO』検索第二ワードは?

検索第二ワードとは、調べたい情報を具体的に検索する際に、人物や製品・作品などそのものの言葉に加えて入力するキーワードのこと。

たとえば、『ポケモンGO』でメタモンの捕まえ方を知りたいときに”ポケモンGO メタモン” と入力したとすると、この“メタモン”が検索第二ワードということになる。

発表会では、Yahoo!で検索数が多かった『ポケモンGO』の検索第二ワードも公開された。配信後はとくに遊びかたや攻略方法が調べられていたということだ。

攻略、レア度、日本、ダウンロード、遊び方、ジム、巣、裏ワザ、イーブイ、進化など

“Yahoo!検索大賞 2016”受賞一覧

大賞は“今年の顔として検索数がもっとも急上昇した人物”に贈られる。2016年はディーン・フジオカが大賞と俳優部門賞をダブル受賞して、今年の顔に選ばれた。

ディーン・フジオカは“ダメな私に恋してください”や“IQ246”などのテレビドラマで活躍。バラエティー番組にも数多く出演したり音楽活動が話題になった人物だ。

受賞式には、アイドル部門賞の欅坂46やモデル部門賞のりゅうちぇるなどが会場に駆け付けた。

_MG_9381
TAK_8352

【パーソンカテゴリー】
◆大賞 DEAN FUJIOKA
・アスリート部門賞:福原愛
・アイドル部門賞:欅坂46
・お笑い芸人部門賞:カズレーザー
・作家部門賞:村田沙耶香
・声優部門賞:中村悠一
・モデル部門賞:りゅうちぇる
・俳優部門賞:DEAN FUJIOKA
・ミュージシャン部門賞:藤原さくら
・女優部門賞:高畑充希

【カルチャーカテゴリー】
・アニメ部門賞:おそ松さん
・映画部門賞:君の名は。
・ゲーム部門賞:ポケモンGO
・小説部門賞:君の膵臓を食べたい
・ドラマ部門賞:真田丸
・流行語部門賞:PPAP
・スペシャル部門賞:卓球

【プロダクトカテゴリー】
・飲料部門賞:キリン メッツ
・お取り寄せ部門賞:格之進 メンチカツ
・家電部門賞:PlayStation(R)VR
・クルマ部門賞:エスティマ
・コスメ部門賞:エスティ ローダー 婚活リップ
・食品部門賞:スーパー大麦グラノーラ
・スイーツ部門賞:幸せのパンケーキ

Yahoo!検索大賞 2016特設ページはこちら

【『ポケモンGO』攻略まとめページはこちら】

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧