1. サイトTOP>
  2. 優勝賞金100万円は誰の手に!?『グリムノーツ』ゲームシナリオコンテストの受賞作品が決定

優勝賞金100万円は誰の手に!?『グリムノーツ』ゲームシナリオコンテストの受賞作品が決定

2016-12-07 16:00 投稿

ユーザーが紡ぐ新たな物語

スクウェア・エニックスは、KADOKAWAとはてなが共同で運営するWeb小説サイト『カクヨム』にて開催された、『グリムノーツ』の“ゲームシナリオ用小説コンテスト”の受賞作品を決定した。

▼シナリオの原作を一般募集という新たな試み!
賞金なんと100万円!『グリムノーツ』のシナリオの原作小説を募集中

このコンテストは、スクウェア・エニックスの人気スマホアプリ『グリムノーツ』のゲームシナリオの原作となる小説を書くというもの。『グリムノーツ』の世界観に則った物語であれば、童話だけではなく実際にあった物語や空想の物語など、ジャンルは不問。今回のコンテストでは、249作品の応募があったという。

コンテストは、KADOKAWAファミ通文庫編集部と、『グリムノーツ』のメインシナリオライターである大泉貴氏、『グリムノーツ』運営チームで厳正な選考を行い、この249作品の中から大賞を選出した。大賞受賞者には賞金100万円を贈呈、その作品は『グリムノーツ』ゲーム内への実装を予定している。

実装時期などの詳細は、『グリムノーツ』ゲーム内お知らせなどで発表していくとのこと。

グリムノーツ_シナリオコンテスト

大賞受賞作品(1名)
タイトル:『灰の少女とガラスの騎士』
著者: さちはら
⇒作品はこちらをチェック!

受賞コメントと総評

著者のさちはら氏から、受賞コメントも届いている。

「この度は栄えある大賞に選出していただき、誠にありがとうございます。
審査員の皆様、応援して下さった読者の皆様、カクヨム運営さまをはじめ当コンテストに関わられたすべての方々に心より感謝申しあげます。
連絡をいただいた際の驚きと浮遊感はようやっと落ち着き、いまはこれからに向けて背筋が伸びる思いです。
慣れ親しんできた大好きな童話の世界に、素敵な『グリムノーツ』の世界に関わらせていただけることはこのうえない喜びであり、夢のようです。
ご期待に添えるよう、精一杯努めさせていただきます。
最後にもう一度、この場をお借りしてお礼を。
今日の私は支えて下さった皆様のおかげです。本当に、ありがとうございました!
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。」

また、選考委員の講評、総評は、『カクヨム』公式サイト内、グリムノーツ×カクヨム“ゲームシナリオ用小説コンテスト”結果発表ページで確認することができる。

『カクヨム』とは

『カクヨム』は、KADOKAWAとはてなが共同開発したWeb小説サイト。サイト内では誰でも自由なスタイルで物語を書け、読め、そしてお気に入りの物語をほかの人に伝えることができる。

KADOKAWA内の11編集部が参加し、5588作品もの応募から書籍化にふさわしい作品を決めた“第1回カクヨムWeb小説コンテスト”や、少年エースでの連載を懸けた“マンガ原作小説コンテスト”といった数々のコンテストを実施しているほか、KADOKAWA内外の人気作品について二次創作の投稿を公式に認めるなど、さまざまな形での創作活動を支援している。

会員登録数は9.5万人超、 総PV数は約1.3億(2016年11月28日時点)。

『グリムノーツ』とは

ハッピーエンドが待っているシンデレラや、鬼を勇敢に退治する桃太郎などのファンタジー、誰もが一度はその世界の主人公になってみたいと思ったことはあるはず。

しかし、童話の主人公たちは、“ストーリーテラー”により与えられた“運命の書”に従い、同じ物語、同じ世界でしか生きられない。そんな風に物語に定められた人生を送っている童話の主役たちがいる中、“運命の書”に何も記されていない、空白の人生を送っている人々もいる。

いわゆる、“モブ”と呼ばれるキャラクター。『グリムノーツ』は、そんな脇役が主人公となるゲームなのだ。

▼もっとゲームのことを知りたい方はこちら!
スクエニにかかると童話はこうなる!モブが主人公の新しいファンタジーRPG『グリムノーツ』

gurimu

グリムノーツ

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 8.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応  Android 要件 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧