1. サイトTOP>
  2. 【新作】『デュエマ』のタカラトミーが贈る“耳で楽しむTCG”『ウォー・オブ・ブレインズ』配信開始

【新作】『デュエマ』のタカラトミーが贈る“耳で楽しむTCG”『ウォー・オブ・ブレインズ』配信開始

2016-12-02 21:40 投稿

タカラトミー×ホビージャパンの新作TCG

タカラトミーは2016年12月2日、スマホアプリ『ウォー・オブ・ブレインズ(WAR OF BRAINS)』の配信を開始した。事前登録キャンペーンの特典として、ゲームを開始したプレイヤー全員にカードパックが1BOX(24パック)配布されている。

WAR OF BRAINS_タイトルロゴ
ゲームのみどころ
●タカラトミー×ホビージャパンの強力タッグ
●最高レアリティを召喚するとBGMが変化
●豪華声優陣によるフルボイス仕様

『デュエマ』のタカラトミーが贈る本物のTCG

『ウォー・オブ・ブレインズ』は、『デュエル・マスターズ』で知られるタカラトミーが配信するTCG。コスト、体力、攻撃力といったスマホの簡単なルールに、TCGならではの奥深い戦略性を残している。ゲームデザインは『WIXOSS』を共同で手掛けたホビージャパンが担当し、カードはすべて豪華声優陣が命を吹き込んだフルボイスとなっている。

1
2
■ストーリー
A.D. 2091、強国の戦争疲弊とコンピューターの発達により、 紛争の勝敗を国際電子裁判所による模擬実験に委ねる条約が国連にて締結された。
時を同じくして、謎の企業Godbookが誕生。電子カードゲーム『WAR OF BRAINS』が発表された。
国際電子裁判所が模擬実験の要素のひとつとして公開していたThe strategy。
これが『WAR OF BRAINS』での各国の成績を参考にしているという噂が世界各国に爆発的に広がる。
各国は『WAR OF BRAINS』での自国存在感を重視。軍事予算は『WAR OF BRAINS』に充てられ、強力なカードは裏社会の国際通貨となった。
戦争はカードゲームに形を変え、軍事力を持たない国に『WAR OF BRAINS』という武器を与えた。 電子戦争時代の始まりである。
2
5

“GAME CHANGER”でゲームを変えろ

プレイヤーは、全180種類のカードのなかから40枚をデッキに組み込み対戦する。カードはユニット・スペル・トラップ・ウイルスに分類されそれぞれ独自の効果をもち、学問や種族、4段階のレアリティが存在する。

また、全ユニットが上坂すみれや田村ゆかりといった豪華声優陣により命を吹き込まれており、登場・攻撃・撃退といった、すべての行動にボイスがあてられている。

最高レアリティである“GAME CHANGER”は、高コストを要する代わりに強力な力を発揮し、唯一無二の専用BGMがバトルを支配するぞ。

3
3

■起用声優(一部)
上坂すみれ/水瀬いのり/早見沙織/角元明日香/駒形友梨/三澤紗千香/田村ゆかり/佐倉綾音/内田真礼/悠木碧

4

[関連記事]
『デュエル・マスターズ』などのTCGを手掛けるタカラトミー 新作『ウォー・オブ・ブレインズ』発表(御伽ねこむちゃんの写真満載)

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日15時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

WAR OF BRAINS

ジャンル
TCG
メーカー
タカラトミー
公式サイト
http://www.takaratomy.co.jp/products/wob_ocg/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧