1. サイトTOP>
  2. 『デュエル・マスターズ』などのTCGを手掛けるタカラトミー 新作『ウォー・オブ・ブレインズ』発表(御伽ねこむちゃんの写真満載)

『デュエル・マスターズ』などのTCGを手掛けるタカラトミー 新作『ウォー・オブ・ブレインズ』発表(御伽ねこむちゃんの写真満載)

2016-06-14 20:23 投稿

028ファミ通App NO.028 Android
発売中!
★Amazonでの購入はこちら!
事前登録640

【事前登録一覧はこちら】

日本一かわいいコスプレイヤー”御伽ねこむ”もナビ役の衣装で登場

WAR OF BRAINS_発表会

『デュエル・マスターズ』や『WIXOSS(ウィクロス)』など、大人から子どもまで楽しめるトレーディングカードゲーム(以下、TCG)を展開するタカラトミーが、2016年6月14日に都内で発表会を開催。

WAR OF BRAINS_ニッポン放送吉田アナ
▲発表会の司会進行役を務めた、ニッポン放送の吉田尚記アナウンサー(左)。

スマホ向け新作TCG『WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)』を、2016年夏に配信することを明らかにし、併せて本日(2016年6月14日)より事前登録の開始を発表した。

WAR OF BRAINS_タイトルロゴ

『ウォー・オブ・ブレインズ』ティザーサイト

なお、事前登録は登録数に応じて初回ダウンロード時にゲーム内アイテムが全ユーザーにプレゼントされる予定。

【『ウォー・オブ・ブレインズ』事前登録】

【『ウォー・オブ・ブレインズ』発表会内容まとめ】

■TCGに知見があるタカラトミーが新作TCG『ウォー・オブ・ブレインズ』発表、配信は夏
■TCGが持つ対人戦の駆け引きやコレクション性の高さをアプリで再現
■ゲームデザインは『WIXOSS』を共同で手掛けたホビージャパンが担当
■豪華声優に加え、BGMには『パラッパラッパー』の藤澤孝史氏らが参加
■日本一かわいいコスプレイヤーの御伽ねこむがやっぱりかわいい!

発表会には、タカラトミー取締役の鴻巣崇氏、カード企画部部長の佐戸憲一氏が登壇。

「タカラトミーはプラレールやトミカ、リカちゃんなど、玩具事業を90年近く行っておりますが、新しい事業にも挑戦しています。その中でカード事業部からTCGアプリを作りたいという話があがった。やるからには良いものを作ってほしい」と本企画立ち上げ経緯について説明した鴻巣氏。

「『デュエル・マスターズ』などでTCGのノウハウがあるので、ぜひご期待ください」(鴻巣)と、新作TCGへの自信を覗かせた。

タカラトミー_鴻巣取締役

続いて、「いま30代前後の方々が、ちょうど昔TCGで遊んでいた世代ですので、そういったカードゲームにハマっていた皆様に向けて新たなチャレンジをしたかった」とは、『ウォー・オブ・ブレインズ』を企画した佐戸氏。

また、”時間がない”、”相手がいない”、”場所がない”といったTCGが抱える問題点を「アプリ化することで解決したい」(佐戸)狙いがあるという。

かつてTCGにハマった世代に響かせるリアルTCGの良さを踏襲した本物のデジタルカードゲーム、それが『ウォー・オブ・ブレインズ』というわけだ。

タカラトミー_佐戸カード企画部部長

『ウォー・オブ・ブレインズ』ってどんなTCG?

タカラトミーが放つ『ウォー・オブ・ブレインズ』は、アナログカードゲームの醍醐味である対人戦の駆け引きを、いつでもどこでも誰とでも楽しめるスマホアプリ。

タカラトミーがストーリー原作、世界観の設計、販売を行い、ホビージャパンがゲームデザインを担当。『ウィクロス』に続く、両社によるタッグが実現した。

WAR OF BRAINS_対戦画面-

プレイヤーは180種類のカードの中から40枚を選んで自分だけのデッキを構築。カードには”ユニット”、”スペル”、”トラップ”、”ウイルス”という種類があり、それぞれ固有の能力が設定されている。それらのカードを駆使して対戦相手のライフを削り、勝利を目指すのだ。

WAR OF BRAINS_デッキ構築
▲デッキ構築画面。

▼『ウォー・オブ・ブレインズ』の豊富なカードラインアップ

WAR OF BRAINS_Dr.ウェイン
WAR OF BRAINS_キャプテン ギャラック
WAR OF BRAINS_移動式素粒子砲台 G-DOG
WAR OF BRAINS_華の女神 ヴェーダ
WAR OF BRAINS_千年猿 タンゲ
WAR OF BRAINS_魔弾にうつろうエデン
WAR OF BRAINS_雷神インドラ
WAR OF BRAINS_徘徊亡者 ムーム

カードは別途7枚入りの”パック”などをゲーム内で購入することで種類、枚数を増やしていける。アナログカードゲームのように、戦略性と対人戦の駆け引きのおもしろさとカードを集めるコレクション性の高さが『ウォー・オブ・ブレインズ』の特徴だ。

WAR OF BRAINS_パック
WAR OF BRAINS_パック開封01
WAR OF BRAINS_パック開封-
▲パックの袋を破いて中からカードを取り出す演出や、細部まで描き込まれたカードデザインは、リアルTCGファンにはたまらない。

ほかにも本作の注目ポイントとして、発表会で佐戸氏が挙げたのが、本作ディレクターを務めるタカラトミーの石井孝典氏による近未来SFの世界観とPV。とくに世界観を表現した本作PVは、『攻殻機動隊』などのアニメーションでおなじみのProduction I.Gが手掛けているという。会場ではその映像も上映された。

▼『ウォー・オブ・ブレインズ』PV

加えて、”耳で楽しむカードゲーム”というコンセプトも持つ『ウォー・オブ・ブレインズ』。ゲーム中のBGM制作に、『パラッパラッパー』シリーズなどを手掛けた藤澤孝史氏率いるFOX-ONE、『ジェット セット ラジオ』のゲームミュージックを作った長沼英樹氏が参加。プレイヤーのテンションを上げるBGMが用意される。

WAR OF BRAINS_001

さらに、バトル中にカードがアクションを起こす際にボイスを聴くことができ、そのボイスを内田真礼や田村ゆかり、悠木碧を始めとする豪華声優陣が演じることも決定。

WAR OF BRAINS_内田真礼_声優
WAR OF BRAINS_参加声優陣

また、玩具事業を手掛けるタカラトミーらしい”遊び心”で、声優以外にもカードボイスに参加する著名人が予定されているという。たしかに”耳で楽しむカードゲーム”と言えよう。

WAR OF BRAINS_御伽ねこむ_声優
WAR OF BRAINS_つぶやきシロー_ニッポン放送吉田アナ
▲日本一かわいいコスプレイヤーの御伽ねこむや、お笑い芸人のつぶやきシロー、さらに本発表会の司会進行を務めたニッポン放送の吉田尚記アナウンサーもボイスで参加。

ナビ役のコスプレをした御伽ねこむちゃん

『ウォー・オブ・ブレインズ』では、プレイヤーをナビゲートしてくれるキャラクターが存在する。そのひとりが、下のイラストの女の子。

WAR OF BRAINS_ナビ_LAPIS
▲『ウォー・オブ・ブレインズ』に登場するナビキャラのひとり。

今回、このナビゲーターの女の子の衣装に身を包んだ、”日本一かわいいコスプレイヤー”こと御伽ねこむが、発表会にゲストとして登場。

WAR OF BRAINS_御伽ねこむちゃん01

ナビキャラの衣装について御伽ねこむは、「今日初めて着てみましたが、着心地が良くて動きやすいです。いつもコスプレするときは、二次元を超えようと意識しています」とコメントした。

WAR OF BRAINS_御伽ねこむちゃん03
WAR OF BRAINS_御伽ねこむちゃん02
WAR OF BRAINS_御伽ねこむちゃん04
WAR OF BRAINS_御伽ねこむちゃん
▲写真を何枚掲載しても、かわいいものはかわいいので……とりあえず貼っておきますね。

発表会後半の模様はニコ生で放送! 実機を使った対戦も

2部構成で行われた本発表会。後半の模様はニコ生でも放送された。2部には、『ウォー・オブ・ブレイン』の石井ディレクター、ホビージャパンのゲーム開発課から景山太郎氏、瀧村和幸氏、そして御伽ねこむが出演。

WAR OF BRAINS_石井ディレクター
▲石井ディレクター。
WAR OF BRAINS_ホビージャパン_影山氏_瀧村氏
▲(左から)景山氏、瀧村氏。

ステージでは、石井ディレクターから”紛争の勝敗を国際電子裁判所による模擬実験に委ねることになった世界が舞台”、”謎のIT企業Godbook Inc.、そして電子カードゲームWAR OF BRAINSの発表により、同ゲームの成績が模擬実験の要因のひとつになっているという噂が世界にながれる”といった、近未来SFテイストな本作の世界観を改めて説明。

WAR OF BRAINS_5つの国

また、システム面の情報として、ゲーム内で購入したカードがタブったときの救済措置として、タブったカードをポイントに代え、そのポイントを貯めて新たなカードを手に入れるという要素の導入を発表した。

WAR OF BRAINS_BIT
WAR OF BRAINS_今後の予定
▲今後のロードマップについても言及。リアルTCG同様、第2弾、3弾とカードが拡張されるほか、オンライン・オフラインイベントや大会なども予定されているとのこと。

また、『ウォー・オブ・ブレインズ』のルールなどを構築するホビージャパンの景山、瀧村の両氏は詳細なバトルシステムについて紹介された。

WAR OF BRAINS_フェーズ
▲バトルの1ターンごとの工程を解説。リブートフェイズでは、追加で手札をドローするか、メモリー(コスト)を増やしてより強力なカードを出せるようにするかをプレイヤーが選択できる。
WAR OF BRAINS_ルール
▲バトルは、相手のライフを0にするか、自分のライフが0になった時点で勝敗が決する。
WAR OF BRAINS_5属性
▲『ウォー・オブ・ブレインズ』における属性は、ご覧の通り学問で表現されている。

発表会でさまざまな情報が飛び出した『ウォー・オブ・ブレインズ』。最後に、御伽ねこむ&瀧村氏vs石井ディレクターによる実機を使ったデモ対戦プレイが行われ、視聴者たちも夏に配信される本作への期待感を膨らませた。

WAR OF BRAINS_デモ対戦
WAR OF BRAINS_デモ対戦2
WAR OF BRAINS_デモ対戦3
WAR OF BRAINS_デモ対戦4
▲某TCGで世界一になった実績を持つ瀧村氏をセコンドにつけた御伽ねこむ。徐々に石井ディレクターのライフを削っていく。結果は御伽ねこむ&瀧村氏の圧勝で、石井ディレクターはこの表情(笑)。

【『ウォー・オブ・ブレインズ』事前登録】

『ウォー・オブ・ブレインズ』ティザーサイト
『ウォー・オブ・ブレインズ』公式Twitter

事前登録640

【事前登録一覧はこちら】

028ファミ通App NO.028 Android
発売中!
★Amazonでの購入はこちら!

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)

ジャンル
対戦型カードゲーム
メーカー
タカラトミー
配信日
2016年夏配信予定
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS / Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧