1. サイトTOP>
  2. 【新作】『クイックス』っぽい、ちょっとダークで愛らしい陣取りアクション『レチェルルート』

【新作】『クイックス』っぽい、ちょっとダークで愛らしい陣取りアクション『レチェルルート』

2016-11-19 10:00 投稿

怖くてかわいくて激ムズ!

『レチェルルート』はタイトーの『クイックス』に代表される陣取りゲームに独自のエッセンスを加えた作品。

01

ボリューム自体はそれほどでもないのだが、独特のデザイン、極悪と呼べるほどの難易度、爽快なスキルなどプレイヤーを揺さぶる要素がしっかりと用意されており、歯応えのあるタイトルだ。

ゲームの見どころ
●ちょっとダークでかわいい世界観
●雰囲気に反して難易度は極悪!
●スキルの爽快感は病み付き必至!

ちょっとダークで可愛い世界観

『レチェルルート』には童話風の世界観とストーリーが用意されているのだが、これは陣取りゲームとしては稀有な部類であろう。そもそも、陣取りゲームは一世を風靡したジャンルではあるのだが、そのデザインは無機的なものが多く、ストーリーが用意されていることは少なかった。むしろ、陣地を拡大するたびにちょっとムフフな画像が見られる類の作品に派生していったからね。まぁ、それはまた別のおはなし!

以下は『レチェルルート』のプロローグだ。公式からの引用なので、誤字は直さずそのまま掲載する。

とある異世界の物語……。
広大な土地の東にある国「セルティア」の中に小さな不思議な森があった。
その森の中の片隅に佇む一件の古びた家に一人の少女が住んでいました。
白銀の長い髪と、あどけなさの残る顔立ち。
娘の名は「レチェル・ヘルシング」
彼女こそ、この世界の珍しい薬草を採取して、新薬を作る研究者であり、薬草ハンターでもあった。
とても貧しく質素な生活を送る彼女の元に怪しげな者達が…。

続いて、ビジュアルをご覧あれ。

02
▲こちらが主人公のレチェル。なんだか吸血鬼や狼男をバンバン狩っていそうなファミリーネームだが、彼女にできるのは草むしり程度であろう。
03
04
05
▲プロローグ曰く「怪しげな者達」だが、どう見てもヤバイ者たちです! レチェル逃げて! 全力で逃げて!!

ご覧の愉快な仲間たちがレチェルにちょっかいを出してくるというのがストーリー展開の基礎になっており、一部のイラストはゲーム内のギャラリーから見返すこともできる。毒を含んだデザインなので好みが分かれるかもしれないが、そこまでグロテスクなものは出てこないのでご安心を。

雰囲気に反して難易度は極悪!

陣取りゲームを知らない人のために、基本的なルールについても解説しておこう。陣取りゲームとはフィールドに線を引いて自陣を拡大し、ステージごとに設定されたクリアー条件以上の面積を確保するのが目的。レチェルの歩んだ軌跡が線になるので、その線でフィールドを切り取っていくようなイメージをしてほしい。

06
▲レチェルはフリック操作で上下左右に動かせる。外周(外側の線上)を移動しながら敵の様子を伺い、隙を見て内側(敵陣)に突入だ!
07
▲こんな具合に囲ってやると自陣になって色が変わる。なお、画面右下の赤いところはすでに囲ったところ。

自陣を作ったときに囲い込んだ敵は消滅する。敵は一定時間で復活してしまうが、小まめに掃除すれば攻略がぐっと楽になるだろう。

08
▲うまく立ち回れば大量の敵を一網打尽にすることも可能!

敵に接触すると残機を失ってしまうので、注意深く自陣を拡大していこう。なお、敵の行動範囲は外周、もしくは内側に限定されるので、行動範囲を見極めて立ち回るのがポイントだ。

09
▲外周の敵は内側に干渉できないので、レチェルを内側に逃がせば身をかわすことができる。逆に内側の敵は外周に手出しできないので、レチェルを外周に逃がせば回避できるぞ。

また、内側の敵が引いている最中の線に接触した場合もアウト。敵に接触したときと同じように残機を失ってしまうので要注意。

10
▲調子に乗って長い線を引くと痛い目に遭うこともしばしば……。

要は外周と内側を行きつ戻りつして敵を捌き、自陣を拡大するゲームである。テキストにすると少し難しく感じるかもしれないが、実際に触れてみるとシンプルなゲーム性であることがわかるはずだ。

ちなみに、難易度に関しては極悪と言っていい。筆者は当初、「なるほど、雰囲気で勝負しているゲームなのか」なんて思っていたのだが、2面のボスあたりから雲行きが怪しくなってきて、気付けば10連敗ですわ! そのうち、敗北を数えるのをやめたぜ……。

11
▲敵、多すぎませんか? オサレな枠で右下の外周が隠れているのも小憎らしい。細かく自陣を拡大するチキン戦法でがんばるしかない!
12
▲数十回と見ることになった忌まわしきゲームオーバー画面。じつに味わい深い……。

スキルの爽快感は病み付き必至!

本作のゲーム性を高めているのがスキルである。スキルは妖精から“パワーボール”を手に入れることで使用できる特殊能力なのだが、その威力は絶大。妖精を見かけたら積極的に捕獲したいところだ。

13
▲妖精に接触、もしくは囲い込むことで“パワーボール”が手に入る。

スキルには以下の5種類があり、“パワーボール”を取るごとに使用できるものが下にスライドしていく方式。発動したくなったら画面右に並んだアイコンをタップすればよい。

スピード:移動速度がアップ。
デス:敵を一掃する。
タイム:レチェル以外の時間を止める。
シールド:1回だけアウトを防ぐ。
1アップ:残機が増える。
14
▲“パワーボール”1個で使える“スピード”は単純ながら強力。ただし、速すぎて制御が難しいので、事故死することも少なくない……。
15
▲こちらは超強力な“タイム”。停止した時間はまさにレチェルだけの世界。フィールドを真っふたつに割るような大胆な行動も可能となる!

とにかく難しいゲームだが、これらのスキルをうまく使えばきっと見ることができるはずだ。栄光のクリアー画面を!!

16
▲この演出がクセになる! 難度が高いので、ふつうのステージをクリアーしただけでも得られる達成感は相当なもの。エンディングまで辿り着いたら鼻血を出して倒れると思う。

なお、基本無料でスタミナの類も存在しないが、ゲームオーバーごとに広告が表示されるようになっている。ヒートアップした頭をクールダウンする時間だと割り切るべし。

17
▲リアルマネーで残機アップや“パワーボール”を購入することもできる。“異世界へのカギ”という謎のアイテムが気になるぜ……。

余談だが、ショップのハンプティダンプティ(仮)には静止画では伝わらない類の怖さがある。実際に遊んで確かめてくれ!

毎日動画でも遊んだよ!


動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

レチェルルート

メーカー
ROI ELECTLIC APPLIANCE COMPANY
公式サイト
http://axelgraphicworks.com/Rechelroute/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧