1. サイトTOP>
  2. 【新作】閉所恐怖症さん要注意!! 助けを求めた旅客船で命がけの追いかけっこ 『パニックシップ』

【新作】閉所恐怖症さん要注意!! 助けを求めた旅客船で命がけの追いかけっこ 『パニックシップ』

2016-10-07 12:50 投稿

王道パターンを突き進む不運な男の物語

乗っていた船が座礁、漂流していたところに現れたのは一隻の旅客船。助けを求めて乗り込んだものもつかの間、どこを探してもひとの姿が見当たらない。どうしたことかと船内を調べ始めたそのとき……。

『無影灯』シリーズでもおなじみのZZYZXが手掛ける最新サバイバル3Dアドベンチャー、それがこの『パニックシップ』だ。

panic00

ゲームの見どころ
●船内に残されたメモリーアイテムで探索エリアを拡大
●逃げ回るか身を潜めるか2択の駆け引き
●カメラン感度調整のススメ

船内に残されたメモリーアイテムで探索エリアを拡大

真夜中の山道で事故に遭い、助けを求めて訪れた場所が幽霊屋敷だったり殺人鬼の住み家だったり。ホラーやサスペンスで聞いたことがありそうな、危険なフラグをナチュラルに立ててしまう不運な主人公。

船が座礁するほど大荒れの天候だったのか、命からがら彼が辿り着いたのは人の気配がまったくしない1階の甲板だ。

panic01書き込み
▲冒頭で入手する懐中電灯はONにしているあいだバッテリーを消費、OFFにするとチャージされる仕組みだ。

ゲーム内で1時間、そのあいだに指定された数の遺留品“メモリーアイテム”を入手するのが本作の目的。間に合わなかったときは、入手したものがリセットされ、改めて探すことになる。

これらを集めることでエンディングが変化するので、画面上部の帽子アイコンで入手状況を確認しながら、船内を隅々まで調べてみよう。

panic02書き込み
panic03書き込み

船内にはメモリーアイテムのほか、船員や乗客らが残したと思われる手記も点在。

ここでなにが起こったのか、みんながどこにいってしまったのか、閉ざされた扉を開くカギの在り処、クリーチャーの情報など手に入れることができる。

panic04書き込み
▲クリーチャーの俗称はグーリアン。何者かが残した遺書には、ゲームの基本情報がびっしり書き記されている。
panic05書き込み

メモリーアイテムをすべて回収、毎時間指定された時刻まで生き残ることができると探索できるエリアが拡大

冒頭で手にした遺書にも書かれていた朝6時まで、息を潜めて刻一刻とときが過ぎるのを耐え忍ばなければならないってわけだ。

panic06-1書き込み
panic06-2書き込み

逃げ回るか身を潜めるか2択の駆け引き

グーリアンたちは突然現れ、煙のように消えていく。その出現を知らせる合図が画面に走るノイズと鼓動音で、耳を澄ますと奴らがどの方向から迫ってきているのか足音で判別することができる。

panic07書き込み
panic08書き込み
▲音を感知するグーリアン。移動速度は遅く、簡単に振り切ることができる。
panic09書き込み
▲ライトグーリアンは背が高く、離れた位置からでも見つけやすい。移動速度はグーリアンと同じくらいと思われる。

基本は奴らよりもプレイヤーのほうが早く動けるので、扉の開閉に手間取ったり、道に迷わなければ簡単に回避できる。また、奴らは目の前にいてもある程度時間が経てば消えてしまうので、棚やテーブルを挟んで牽制する作戦も有効だ。

さらに、プレイヤーと一定の間合いができている場合、直線的な動きを取る習性があるので、トイレやキッチンなど、入り組んだ狭い場所でオブジェクトを盾にして隠れていれば、自然発生したまま消滅してくれる。

panic10書き込み
▲両方の扉の中央、作業台を目の前に置いて立っていればやり過ごすことができる。
panic11書き込み
▲個室から廊下に向かって斜めに立ち、壁と2枚の扉を盾にするようなイメージ。突破されることも稀にあったけど、こちらも有効だった。

しかし、ゲームを進めていくと明らかに危険な、これまでとは様子が違うグーリアンが出現。動き回らない変わりに特定の部屋を占拠、メモリーアイテム回収の大きな妨げとなる厄介な存在だ。

panic12書き込み
panic13書き込み

“自信のある方は部屋に入ってみるとよいでしょう”

そんな説明を受けちゃったら行くしかないでしょ。それがホラーゲームの醍醐味ってなもんで、煽られて怯んでいるようじゃはなしにならんのだ。

まぁ、部屋から動けないなら駆け抜ければいいだ……け……。

panic14書き込み
▲赤い霧に包まれる部屋と時間帯は決まっている。無理せずその時間外に探索するのがベスト、ってことを身をもって学びました、はい。

カメラン感度調整のススメ

最後にひとつ、見どころというかアドバイス。初見で始めたとき、まず戸惑ったのが視点の動く速度の異常な速さだ。これは画面上部にある舵のアイコン内にある“カメラ感度”で調整できる。

また、この中には“3D酔い防止”、“バッテリーセーブといったプレイヤーにやさしいオプションが用意されてるのだ。

どうにも最近ゲーム酔いするんだよな、っというそこのあなた。出先ではバッテリーが気になってという節約派のキミ。まずはオプションでバシって設定を切り換えて、思う存分閉鎖的な恐怖を味わってもらいたい!!

panic15書き込み
panic16書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

パニックシップ

ジャンル
3Dホラーアドベンチャー
メーカー
zzyzx
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧