1. サイトTOP>
  2. 【新作】海外で高評価続出! ハクスラ系サイドビューコマンド型RPG『ヒーローズウィル』

【新作】海外で高評価続出! ハクスラ系サイドビューコマンド型RPG『ヒーローズウィル』

2016-08-20 13:00 投稿

ストーリー展開も見逃せないハクスラバトル

とある戦乱の時代、6人の英雄が世界を支配しようと目論むドラゴンの討伐に成功。その後、彼らを率いた剣士クラークはゲイツ王国を建国するが突如失踪、それをきっかけに世界のバランスは崩れ始めてしまう。

本記事で紹介する『ヒーローズウィル』は、崩れゆく世界を救うため、英雄たちが過酷な戦いに身を投じていくハック&スラッシュ系のコマンドRPGだ。

 hero01

ゲームの見どころ
●ふたつのワールドマップを巡る大迫力バトル
●図解化された達成感のある強化システム
●末永く楽しめるオンライン要素!! 

ふたつのワールドマップを巡る大迫力バトル

本作にはメインストーリーを描く“ストーリー”、その戦いを支える英雄たちの獲得を目指す“英雄”、ふたつのワールドマップがある。これらは対になっていて前者の進行度に応じて後者の行動範囲が拡大、エリアに応じて英雄の獲得に必要な素材“霊魂石”を獲得できる仕組みなのだ。

 hero02書き込み
 hero03書き込み
▲英雄マップでは各エリア1日3回までチャレンジ可能。必ずドロップするわけではないので毎日コツコツチャレンジしてほしい。

どちらのバトルもルールは共通、セミオートバトルを基本に各キャラクターアイコンをタップしてスキルを発動。画面左上に表記されたウェーブ数を勝ち抜いていくってわけだ。ほとんどの場合は見ているだけ。ちょっと退屈に感じてしまうこともあるけど、そのぶん絶えまなく動く戦況に目を向け、的確にスキルを選んで英雄たちをサポートしていこう。

hero04書き込み
 hero05書き込み
▲各キャラクターアイコンの下にある黄色いゲージが溜まるとスキルが使用できる。ピンチを切り抜けるときはもちろん、苦戦しやすいボスまで温存しておくのもひとつの作戦だ。

プレイ中、とくに注意が必要なのは、ヒーラーのスキルを使うタイミングだ。自動行動を選んでいれば使用してくれるのだけど、その判断が遅く、勝てるバトルをムダにしてしまうことが多い。パーティー編成にヒーラーを組み込むことはもちろん、とくに強敵が多い“英雄”や各種オンラインバトル系では、自身の手で回復魔法を使うといい。

 hero06書き込み
▲序盤で入手できるサリーはゲイツ王国のお姫様。一定時間、味方全体のHPを回復するヒールハウリングはとてもすぐれたスキルだ。

図解化された達成感のある強化システム

バトルの報酬で得る装備品は英雄が身に付けるだけではなく、強化するための重要な役割も兼ね備えている。その中には素材から集めて合成するものも多く、“ストーリー”や“英雄”を周回プレイして収集しなければならない。

こうした手順は面倒な要素になりがちだけど、本作ではすべてが図解で示され、不足しているものがあれば入手可能なエリア、合成が可能ならひと目でわかるようマーカーが点灯して教えてくれるのだ。

 hero07書き込み
▲進化の基本は強化と同じ、一定量の素材が必要で足りなければ対象エリアを教えてくれる。
 hero08書き込み
▲足りない素材をタップすると入手可能なエリアの一覧に切り換わる。

また、5分に1ポイント、最大10ポイントまでストックできるスキルポイントは、英雄が持つスキルを強化する重要なもの。プレイする余裕がないときでも50分に1度ゲームを起動、振り分けていくだけでも十分な育成につながっていくのだ。これが貧乏症の著者にはうれしくもあり厄介な要素。ついつい、50分に一度ポイントを使おうとソワソワしちゃう。

そこで役立っているのがオプションのアラート機能だ。スキルポイントがリチャージできたとき、エナジーが回復したときなど、自由にON/OFFできるので活用してもらいたい!

 hero09書き込み
▲スキルのレベルに応じて消費するゴールドも上昇するけど、さまざまな報酬でたくさん稼げるのでお財布を気にする必要はなかったぞ。

末永く楽しめるオンライン要素!!

プレイヤーランクに当たるチームレベルは10になると“バトルアリーナ”が解放。以降、レベル13で英雄を訓練できる“曜日ダンジョン”レベル18で装備を強化できる“鍛冶屋”、レベル28でゴールドや特殊な強化素材が得られる“試練の塔”、レベル40になると大型モンスターに挑むレイド戦“照明の戦場”が追加。段階的にこうしたコンテンツが増えていくので、つねに楽しみを持ってゲームを進められる。

最初に解放されるバトルアリーナでは、ガチャに該当する“召喚士の家”で使う召喚石やクリスタルが入手可能。早い段階からレアな英雄を狙うことができるのはうれしいよね。

 hero10書き込み
▲バトルアリーナに参加するには素敵なニックネームが必要。こう前置きされると、ペンネームでいいのか悩んじゃう。
 hero11書き込み
 hero12書き込み
▲最初に解放されるのは5対5のチームバトル。これまでのルールと同様に、スキルを駆使してライバルを片っ端から倒していこう。
 hero13書き込み
▲チームバトルは毎週日曜日、21時30分から翌日曜日の21時までのシーズン制。その都度リセットされるので、チャレンジするみんなに上位を狙うチャンスがある。

探索できるエリアを広げながら英雄を育成、各地を旅する中で自分がどんな世界に生きて、何が起きようとしているのかを紙芝居を見ているような感覚で追いかけることができる。ハクスラ系のゲームは作業的になりやすく、ストーリーも頭に入ってこないことが多いけど、本作はしっかり見せ場が作られているので記憶に残りやすい。

 hero14書き込み
 hero15書き込み

欲を言えばもう少し英雄の入手難度を低くして、その分パーティー編成のバリエーションを楽しませてくれるとよかったかな。数が限られているので固定メンバーになりがちなのは、ちょっと物足りなく感じる人もいるかも。この部分は、改善されるといいな。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

ヒーローズウィル

ジャンル
RPG
メーカー
TritoneSoft
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧