1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. ドイツまでオナラの臭いを嗅ぎに行く簡単なお仕事です【gamescom2016】

ドイツまでオナラの臭いを嗅ぎに行く簡単なお仕事です【gamescom2016】

2016-08-19 22:02 投稿

リアルなオナラの臭いって?

01

コンシューマーゲームの『ウォッチドッグス』シリーズ、『レインボーシックス』シリーズなどで知られるフランスの大手ゲームメーカーであるユービーアイソフト。同社の新作ソフト『South Park: The Fractured but Whole』の発売が2016年12月6日に控えているのだが、少々おもしろい噂を聞いた。本作は、ゲーム内に出てくるキャラクターが“オナラ”で攻撃をするのだが、それにちなんだキャンペーンをやっているというのだ。

それが今回紹介する、ゲーム内の臭いを体験できるマスク型のヘッドセットならぬ、“ノズルセット”、『Nosulus Rift(ノズルリフト)』。ネーミングから、おそらくVRヘッドセットでおなじみのあの“リフト”のパロディだと思われる。

WS000005

実際にこれを装着してゲームをプレイすると、ゲーム内のキャラクターの放ったオナラの臭いを、リアルに感じることができるというのだが……。

こ、このPVは!?

本作のPVを見つけた。海外のメーカーなので、英語による紹介がメインだが、0:53あたりで日本人の開発者であるナカタ氏が登場。日本語で開発の苦労や本作の出来栄えなどについて語っている。

ナカタ氏曰く、『South Park: The Fractured but Whole』の開発にあたり、「これはハマる!」という新たな体験を実現するために、何度も試作品を作り、嗅覚の専門家も雇い、開発に至ったと言う。神妙な面持ちで「どのようなオナラの臭いが必要なのか我々は真剣に考え……」と語る氏を見ると、こちらも茶化している場合ではない気分になってくるから不思議である。

 WS000002
▲実際にこのようにして研究したのかどうかは、定かではない。
WS000004
▲装着イメージ。装着をしていないプレイヤーも顔をしかめているのが気になる。

そういやドイツ行っているヤツいたわ

この『Nosulus Rift(ノズルリフト)』、どうやら実際に販売される商品ではないようなのだが、8月17日から行われている“gamescom 2016”にて、試すことができるらしい。

▼ヨーロッパ最大イベント!gamescom 2016の情報いろいろ
日本アニメ好きクリエイターが生んだFPS『Shadowgun Legends』に注目
『FFXV』のノクトたちが夢中な『ジャスティス モンスターズ ファイブ』を体験
EAが誇るサッカーゲーム『FIFA 17』に並び、モバイル版の存在が明らかに

いつもだったら「ドイツか……遠いな……」で終わっていたが、今年はファミ通Appでもこのイベントに取材に行っている人員がいた。それがさとるりである。

さとるりもオナラを嗅ぐという仕事は初めてだと思うが、編集部も「オナラを嗅いでこい」と指示を出したのは初めて。世界的に見ても稀有なケースだろう。

というわけで、彼女の勇気あるチャレンジの様子をお届けしよう。

勇気を出してチャレンジ!

現地では並べば体験できるのだが、今回は特別にユービーアイのビジネスエリアブースで体験させてもらった。周りはビジネスの話をしている中、オナラの臭いを嗅ぎにいくさとるり……。

IMG_2452
▲装着するとこんな感じ。鼻との間には隙間があり、あまり密着感はない。ふつうに装着したまま呼吸もできるし、会話もできる。
IMG_2454
▲Xボタンを押してみろ、と言われて押すと……。
IMG_2455
▲押した瞬間、合図などはなく、むわっと出てきた。一応、臭いが出ているときはノズルのまわりが光るようだが、装着していると見えない。

臭いとしては、はじめは草のような臭いがしたかと思うと、徐々に下水のような臭いに変わる。一般的なオナラでありがちな(?)ツンとくるような刺激臭ではないので、臭いに弱い人でも安心(?)だ。動画でもその様子も収めたので、よろしければご覧あれ。

『Nosulus Rift』公式サイト

VR▲VRのまとめページができました

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧