1. サイトTOP>
  2. 【新作】詰将棋による新感覚スピードバトルで棋力もアップ!『将棋RPG つめつめロード』

【新作】詰将棋による新感覚スピードバトルで棋力もアップ!『将棋RPG つめつめロード』

2016-07-23 10:00 投稿

将棋×RPG!? 新世代の将棋ゲーム登場!

突然だが将棋ゲームと聞いて、何を思い浮かべるだろうか? 将棋盤、静かな和室、達筆な筆文字のタイトルロゴ……このようなイメージが浮かんだ人が多いはず。実際に将棋自体がじっくり思考するゲームだけに、落ち着いた大人の雰囲気で作られた作品が多く存在する。

だが、そのイメージを覆すまったく新しい将棋ゲームが登場した。それが『将棋RPG つめつめロード』(以下『つめつめロード』)だ。

つめつめロード_メインビジュアル400

このメインビジュアルを見てもわかる通り、従来の将棋ゲームとは一線を画すカラフルでポップな画面作り。否が応にも期待が高まる!

ゲームの見どころ
●1手詰め将棋の奥深さがバトルと融合!
●“みたま”を組み込むデッキ編成が楽しい!
●プレイしながら棋力もアップ!

1手詰め将棋の奥深さがバトルと融合!

本作のジャンルは“将棋RPG”。文字だけでは想像しにくいかもしれないが、スマホアプリでよく見かけるパズルRPGの、パズル部分が詰将棋になったものと考えればわかりやすいはず。

 095 096
▲画面下部に表示された詰将棋を解くことでバトルが進行する。王手で攻撃、詰めることができればダメージアップ。

戦闘では毎ターン出題される詰将棋を解いて、敵に攻撃を仕掛けよう。早く解けるほど攻撃力がアップするが、制限時間内に解けなかった場合は攻撃失敗……といった具合だ。

 vlcsnap-1948776824 vlcsnap-1948776827
▲問題はすべて1手詰め。1度だけ駒を動かして、相手の王将の逃げ場をなくす=詰ませることができれば大ダメージ。

制限時間はパーティ編成によって変動するが、基本は30秒。さらに早解きによって最大2倍のダメージを与られるのだが、これがなかなか難しい! 1手詰めとはいえ、各駒の動ける範囲を総当たりで検討していては、あっという間に制限時間が過ぎてしまう。

制限時間内に正解を出し、さらに最速の“極手を打つには、駒の配置を瞬時に把握し、どの駒をどこに置けばいいか即座に判断することが必要だ。何度もプレイして棋力を高めていこう。

2016-07-22_17h26_31
▲早解きによってダメージは変化。もっとも早い極手を狙って出せるようになると、効率よくゲームを進められる。

ここまで読んで「なんだ、けっきょく経験者向けか」と思った人もいるだろうが、ちょっと待ってほしい。

本作ではチュートリアルで駒の動きや詰将棋の流れを解説してくれるため、将棋経験がまったくない人でも問題なくプレイできる

さらにプレイしていて正解がわからない場合でも、王手をかければ攻撃は可能だ。正解時に比べて与えられるダメージは減るものの、時間をかければ敵を倒すことができる。あまり構えずに、このゲームで初めて将棋に触れてみるのもアリかも!

vlcsnap-1948776829
▲チュートリアルでは、マスコットキャラクターが将棋の基礎をわかりやすく指導してくれる。

とはいえ、ゲームが進んで敵が強くなるころには“詰み”による大ダメージ抜きではきびしい戦いになってくる。詰将棋の腕を上げるためには、どうしてもくり返し練習したいところ。

そんな人にもうれしいのが、本作は“スタミナ制ではない”ということ。好きなだけプレイして、将棋の腕を磨いていけるぞ。

“みたま”を組み込むデッキ編成が楽しい!

バトルに挑むパーティーは、人間のキャラクターひとりと“みたま”3体を1セットとして編成できる。

キャラクターは戦闘には直接参加しないが、それぞれに固有の“とくぎ”を持つ。自分のプレイスタイルに合った“とくぎ”を持つキャラクターをセットするといいだろう。

 107108
▲主人公の“とくぎ”はステータスアップ。制限時間を延長する“とくぎ”はダメージ2倍の極手が発生しやすくなり、戦闘を効率よく進められる。

実際にバトルに参加するのは“みたま”と呼ばれるキャラクターたち。日本の昔話や文学作品がモチーフとして多用されており、本作の世界観を盛り上げるのに一役買っている。

“みたま”はそれぞれに固有の必殺技ウラ技を持つ。

必殺技は一定ターンが経過すると発動可能。全体攻撃や回復など、バトルを有利に進めるさまざまな効果が存在するぞ。

 078
▲発動時には特殊な演出が入る。
 109110
▲単純な攻撃・回復だけでなく、少し複雑な効果を発揮するものも。

“みたま”の攻撃時、盤上に特定の駒があると発生することがあるのが、ウラ技。こちらもうまく活用してバトルを進めよう。

091
▲実在の女流棋士をモデルにした“みたま”。全員の攻撃がクリティカルになるという、強力なウラ技を持つ。

また、みたまは“合体”させるとレベルが上がり、各種ステータスが強化される。

118

“合体”させる素材によっては、新たな必殺技を覚えさせることも可能だ。“みたま”固有の必殺技とは別枠で追加されるため、バトル中の選択肢が広がるというわけだ。

128
▲必殺技スロットの空いている“みたま”に、巻物を素材を“合体”させると、新たな必殺技が追加!

また、“みたま”はバトルで使用するたびに熟練度が上がっていき、上限値に達すると“進化”も可能。進化するとパラメーターやレベルの上限が上がったり、必殺技も強化されたりと、いいことずくめ。

0711
▲進化には進化アイテムが必要。進化アイテムはクリアー報酬やドロップアイテムとして手に入るほか、ショップでも購入できる。

“みたま”は数多く登場し、必殺技やウラ技の種類も豊富。それぞれの特徴を見極めて、育成するのは非常に楽しい。コツコツ育てて自分だけの最強のデッキを作り上げよう!

プレイしながら棋力もアップ!

筆者は将棋のルールは知っているものの、自分から進んで打つことはほとんどない、といった程度。それが今回このゲームをプレイし始めたところ、途中で一切中断することなく5時間近くプレイし続けてしまった。

というのも、ゲームを通して将棋の腕が上がっていくのがうれしくなってしまったから。

これは大げさでもなんでもなく、ゲームを始めてすぐのうちはほとんど詰むことができず、制限時間ギリギリで無理やり王手をかけてばかり。しかし何度かくり返すうちに「あれ、この形はさっきも見たな」という場面に遭遇する。そこで前回の失敗を活かして考えると、どうすればうまく詰ませることができるのか、わかってくるのだ。

vlcsnap-00005
▲失敗はつぎのバトルに活かせる。くり返し挑戦するのが上達への近道だ。

さらにそれをくり返していると、詰むために必要な要素が理解できるようになってくる。それによって最初の30分は2割程度しか詰めなかったのが、つぎの30分は4割、つぎは6割、という具合に成長していく。さらに詰ませるまでの時間も徐々に短縮され、極手も取れるほどに。

こうなると後は精度と速度を上げることが楽しくなり、ひたすらバトルをくり返してしまう。自分の棋力が研ぎ澄まされていく感覚がじつに気持ちいい。

それもそのはず、本作は公益社団法人日本将棋連盟からも公認されたアプリ。ゲームを通じてひたすら詰将棋を解くことが棋力向上に繋がるとして、認定に至ったとのこと。

詰将棋をパズル感覚で楽しみながら棋力もアップするというこのゲーム、将棋ファンはもちろんのこと、ふだん将棋をやらない人、やったことのない人にもオススメ。自分の棋力が上がっていく感覚、ぜひとも体験してみてほしい!

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

将棋RPG つめつめロード

ジャンル
将棋RPG
メーカー
DIG
配信日
配信中
価格
無料 ※アイテム課金あり
対応機種
iOS / AndroidOS ※一部端末を除く

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧