1. サイトTOP>
  2. 『ドラゴンポーカー』生演奏ライブ“ドラポギグ”の開催が決定、じゃと!?

『ドラゴンポーカー』生演奏ライブ“ドラポギグ”の開催が決定、じゃと!?

2016-06-27 18:16 投稿

icon祝!3周年
『ドラポ』公式画集第2弾発売!!

一夜限り

アソビズムは、『ドラゴンポーカー』ゲーム内楽曲の生演奏を行う音楽ライブイベント“ドラポギグ ~DRAGONPOKER ONE NIGHT LIVE~”の開催を決定した。日程、場所など、詳細は下記。

160627_ドラゴンポーカー_音楽ライブイベント_ドラポギグ開催決定

特設ページ

日程
2016年8月13日
※開場、開演時間は後日特設ページにて告知

場所
ビルボードライブ東京
東京ミッドタウン ガーデンテラス4F

参加費
無料

参加方法
事前応募による抽選制
※応募方法などの詳細は7月1日に特設ページにて発表

イベント内容
・ゲーム内楽曲の生演奏ライブ
・グッズ販売
ほか

“ギグ”って何よ?

『ドラゴンポーカー』の楽曲といえば、これまで3作ものサウンドトラックが販売されるほど、ユーザーから高い評価を受けているもの。

スマホアプリ発でこうした生演奏ライブの開催は異色に思うが、『ドラゴンポーカー』の楽曲とあれば、ある意味納得。いったいどんな“ギグ”になるのかじつに興味深い。

つか、その“ドラポギグ”の“ギグ”って何よ? という方のために軽く調べてみた。

ドラポgig

こちら音楽用語としてはわりと浸透している単語で、催しの内容に合わせて“コンサート”とか“ライブ”とか“ギグ”とか、主催者側が決めていて明確な線引きはないらしい。

とは言っても、コンサートなら大規模なホールでの演奏会が一般的だし、ライブなら生演奏が一般的。ならば、ギグは? と言えば、もともとはライブハウスなどの小規模な生演奏を称していた俗語でもあり、感覚としてはよりユーザーとの距離感が近そうなイメージ。

今回、この『ドラゴンポーカー』の生演奏ライブに“ドラポギグ”と命名したあたり、主催者側のそうした意図も含まれているのかも(?)。

というわけで、その楽曲を生み出し続けているアソビズムの松岡耕平氏から特別にメッセージをいただいた。

Matsuoka

(以下、原文ママ)
この度、ビルボードライブ東京という素敵な場所で一夜限りの生演奏ライブを行う機会を頂きました。
スマホゲーム単独でのライブはとても貴重な事ですし、ドラポ3周年を迎えここまで応援して頂いた皆様へ、感謝の気持ちを込めてお届けします!
ちなみに、僕もちょっとだけ演奏に参加する予定です(笑)


そして、もうひとつ気になったのがイベント内容に記載されていた“グッズ販売”ね。

これなんだろ? てことで、メーカーに聞いてみたところ、

IMG_8919

!!!!

こんな画像がポロリ。iPhoneカバーかな! しかも、人気どころをきっちり抑えたイラスト選定、欲しい!!(笑)

可能ならいっしょに公式画集第2弾も販売させてくれないかなあ(笑)。オリジナルサウンドトラックも付いてるし!

icon祝!3周年
『ドラポ』公式画集第2弾発売!!

書名:『ドラゴンポーカー』3周年記念BOX
Art Work of DRAGON POKER II
価格:6480円+税
発売日:2016年7月30日

amazonで予約する
ebten(エビテン)で予約する

ともあれ、最初で最後かもしれないという一夜限りのライブイベント“ドラポギグ”。参加は無料で、事前応募の抽選制。詳細発表は7月1日、間もなく!

(ドラポ部部長)

※日程およびイベント内容は、事前の予告なく変更になる場合があります

公式画集第2弾制作中!

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧