1. サイトTOP>
  2. “ドラポギグ”写真で振り返る一夜限りのスペシャルライブ

“ドラポギグ”写真で振り返る一夜限りのスペシャルライブ

2016-08-14 16:21 投稿

イベントリポート

2016年8月13日、『ドラゴンポーカー』(以下、『ドラポ』)初の音楽ライブインベントが都内にて開催された。

ドラポギグ

しかし、誰でも参加できたのかというとそうではなく、抽選でわずか120名ほどの招待制。このドラポ部部長は、メディアとして、そしてなぜかチョイ役として(笑)、イベントにお招きいただいたので、その様子を写真とともに振り返ります。

リハーサル中

会場に到着したのは15時過ぎ。すでにリハーサル真っ最中で、緊張感がやばい。

IMG_3711
▲受付付近。歴代スペシャルダンジョンのボスが順に並ぶ。
IMG_3710
▲リハーサル中のステージ付近。客席がめちゃ近い!

客席は3層構造になっていて、ステージ目の前のテーブル席のほか、カウンター席、ソファ席などもある。

IMG_3750
▲フォアと古代魔導士の垂れ幕が目を引く。

一方、会場の外では物販コーナーに長蛇の列。

IMG_3795
IMG_3800
IMG_3801
▲ラインアップはだいたいこんな感じ。

早々に完売になったのは、部長のトレードマークでもある(!)赤マローンだったそう、さすが。

第1部開演

19時。『ドラポ』と言えばこの曲、アプリ起動時からホーム画面で流れる“Jump-off!”で開演。

IMG_3827
▲作曲すべてを手掛ける松岡耕平氏もトロンボーンで一部楽曲に参加。

そして、現れたのが『ドラポ』と言えばこの人。

IMG_3773
IMG_3841
▲古代魔導士。

なんとじじいのボイスを担当したのが千葉繁という豪華さ(笑)。台本なのかアドリブなのか、随所で笑いを誘い、軽快にステージは進む。

IMG_3854
▲演奏だけでなく、歌もあり。

“深緑のアルカディア”(エルフの森の歌姫ボス曲)などを美しい歌声と音色で届けたのが、ボーカルのrionosとヴァイオリンの水谷美月。

さらに、第1部最後の曲となった“旭日昇天~Rising sun~”(神鏡のアマテラスボス曲)では、中棹三味線と尺八の和楽器でアレンジ。

IMG_3862
▲三味線と尺八でロックやポップスを演奏するユニット、HIDE×HIDEのふたり。

ゲームの舞台、曲調、アレンジが見事にマッチしたすばらしい演奏、いただきました。

ちなみに、同アレンジ曲を収録したサントラCD同梱の公式画集第2弾が発売中です(宣伝)。

icon公式画集第2弾発売中!!
amazonでチェック

ここで休憩時間に入ると、突如スクリーンに登場したのが……

IMG_3871

部長代理ことさねしげwww

10分ほどひたすら『ドラポ』楽曲に対する思いを語り出す。編集されて5分くらいになると思ってたのに丸々よ!

自分でも「長ぇw」と思ったし、生中継していたニコ生の運営コメントでは“もう少しで終わりますのでお待ちください”とか言われる始末(笑)。

はいはい、蛇足蛇足。

第2部開演

そんな休憩時間が終わり、ステージは第2部に突入。

IMG_3873
▲じじいのエアプから。

そして、なぜか再び登場したのはさねしげ。

IMG_3886
▲じじいの威圧感ハンパない。

出てきた理由は、今回の“ドラポギグ”の選曲について説明するため。簡単に言うと、以前ファミ通Appで実施した『ドラポ』楽曲人気投票上位の曲がたくさん選曲されたってことなんです。

ただ、じじいの顔はリアルだし、SPも怖そうだしで、部長はお漏らし寸前だった様子。

この後、“Alea lacta Est!”(蒸気の機兵団ボス曲)、“ENIGMA”(コルヴァズの焔ボス曲)の人気曲が演奏されると、会場のテンションも一気にアップ。

そこに登場したのが、スペシャルゲストの五十嵐裕美とM・A・O。第2弾オリジナルサントラのアレンジ曲への参加や、過去公式ニコ生への出演で『ドラポ』ユーザーにとってはとくになじみが深いふたりが、“Twin stars”(太陽と月の巫女ボス曲)を歌い上げる。

IMG_3903
▲後ろの暗幕が開き夜景が顕に。

コンティニュー

最後の演奏の後にはもちろんアンコール、ではなく……

IMG_3911
▲古代魔導士の提案で巻き起こったのは……。

コンティニューコール!

「コンティニュー! コンティニュー!」の声で、再び招集されたドラゴンポーカーオーケストラのメンバーたちの演奏で熱い夜が締めくくられた。

IMG_3924
▲ラストを飾る松岡氏。

今回、取材という体もありながら、招待していただいて思ったのが、本当にすばらしいライブだったということ。ゲームで聞き慣れたサウンドが、多くの人の手、生の演奏によってこれほどまでに昇華するものなかと。そんな印象を強く持ったライブでした。

ライブ休憩中の映像でも言いましたが、松岡さん並びに出演者の皆さまの今後の活躍も期待しております!

おまけ

閉演後、会場内でなんと『城とドラゴン』のテーマソングでおなじみの安留咲(やすどめさく)ちゃんを発見!

IMG_3939

ひと言だけコメントをお願いすると、とにかく「松岡さんがカッコよかった!」と話す咲ちゃん。ふだんはアダ名で呼ぶほど仲よしなのだそう。

▲『城とドラゴン』新PVが先日公開になり話題。

部長はというと、最後に古代魔導士といっしょに写真を撮っていただきました。

IMG_3984

立つと2メートルくらいあるのよ、このじいさん(笑)。

IMG_3973

出演者の皆さま、ステキな一夜をありがとうございました! 来場者の人たちの満足度、めちゃくちゃ高かったんじゃないかなあと。ぜひまた開催してください。

ドラポ部部長@drapobu_captain

公式画集第2弾できた

iconオリジナルサントラ同梱
『ドラポ』公式画集第2弾発売中!!

“ドラポギグ”

SET LIST
<第1部>
Jump-off!
Wild siren
Toy Panic!
Angel’s Gloom
Cruel Justice
深緑のアルカディア
旭日昇天~Rising sun~

<第2部>
Labyrinth of the love
Alea Iacta Est!
ENIGMA
A million desires
Twin stars

Cho-co-la romantica
Jump-off!

出演者
五十嵐裕美(スペシャルゲスト)
M・A・O(スペシャルゲスト)
古代魔導士/CV:千葉繁(イベントMC)
松岡耕平

DRAGON POKER Orchestra メンバー
作曲/トロンボーン:松岡耕平
トランペット:中山浩佑
トランペット:野口勇介
トロンボーン:大田垣正信
バストロンボーン:沼尻卓也
アルトサックス:安藤康平
テナーサックス:渡邊恭一
編曲/バリトンサックス:渡辺将也
ピアノ/キーボード:有木竜郎
エレクトリックギター:宮﨑大介
ベース:蓮池真治
ドラム:裕木レオン
中棹三味線:尾上秀樹
尺八:石垣秀基
ヴァイオリン/コーラス:水谷美月
ボーカル/コーラス:rionos

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧