1. サイトTOP>
  2. サクサク系オートRPG『空と大地のクロスノア』はオート嫌いのゲーマーでも楽しめるか?

サクサク系オートRPG『空と大地のクロスノア』はオート嫌いのゲーマーでも楽しめるか?

2016-06-10 17:00 投稿

オートバトルのおもしろさを考える

その日、筆者は編集部の一室を借りてとあるゲームを試遊することになっていた。オート戦闘を主軸にしたスマホRPGらしいが、編集部を目指す足取りは重い。というのも、筆者はオートというシステムが好きではないからだ。正直、近年のスマホゲームに見られるオート至上主義は目に余る。

「ゲームってのは自分で操作するからおもしろいんだろうが」

編集部に向かうエレベーターの中で思わず独り言ちた。周回用にオート機能があるくらいならまだしも、そもそも戦闘がオートってのはいただけないぜ。

――そして数時間後。

「このゲーム、おもしれぇぇぇ!!」

鮮やかなまでに掌を返した筆者の姿がそこにはあった。目の前のゲームにノックアウトされてしまい、心の底から喝采を送っていた。完全に仕事を忘れて没頭していた。何しろ、遊び終えて最初にとった行動は事前登録だからな……。オートに対する偏見があったのかもしれない。

【『空と大地のクロスノア』事前登録】

というわけで(どんなわけだ)、今回は2016年6月後半から配信が予定されているAimingの新作RPG『空と大地のクロスノア』(以下『空クロ』)の魅力、おもにバトル面について語りたい。

ストーリーやその他のシステムについてはこちらの記事が参考になるだろう。

『空クロ』のキャラ育成の方法とは?

空クロ_キービジュアル

プレイヤーの意思がオートバトルの流れを変える!

『空クロ』のバトルにおける最大の魅力は何と言っても軽快なアクション。キャラクターが忙しなく動き続けるので、動作を眺めているだけでも楽しい。また、櫻井孝弘、子安武人、悠木碧、石田彰といった豪華声優を起用しており、戦闘中はとにかくしゃべるので、ぜひイヤホン着用でもプレイをおすすめしたい。

空と大地のクロスノア_02
▲最大で5人のキャラクターが次々と敵に切り込む様子はアクションゲームさながら。このスピード感はオートだからこそ実現できたものだろう。人力では無理っす!
空と大地のクロスノア_03
空と大地のクロスノア_05
▲画面をスワイプして視点を操作することも可能。迫力のアクションをいろいろな角度から眺められるのはうれしい要素。とくに2枚目、敵の背後からの視点は新鮮に感じた。

とはいえ、筆者はアンチオート派のゲーマーである。「オートがそんなに好きならプレイ動画でも見ていればよかろう!」というのが本音だ。アクションが如何に痛快であろうと、それだけでは物足りない。しかし、『空クロ』は一味違った。オートは通常攻撃に限った話で、プレイヤーが介入できる要素もしっかりと用意されていたのである。

プレイヤーができること1:主人公、仲間のスキル発動

主人公、仲間が備えたスキルの発動タイミングはプレイヤーに委ねられている。スキルはキャラクターが行動するごとにゲージが溜まり、満タンになると発動可能となる。ゲージをムダにしないためにも、溜まったらすぐにスキルを使っていきたいところだが……ちょっと待った!

一部の攻撃スキルは敵にダメージを与える以外の特殊な効果を備えている。これを使いこなせば絶体絶命のピンチを切り抜けることもできる。

たとえばこんな場面……

空と大地のクロスノア_09
▲ボスに青いバーが出現。これはスキル発動までの待機時間を表す“詠唱ゲージ”というもので、ゲージがゼロになると強力なスキルを放ってくる。ヤバイよヤバイよ~!

こんな時に頼りになるのが敵を“スタン”(気絶)させて一時的に行動不能にする攻撃スキル。

空と大地のクロスノア_10
▲“詠唱ゲージ”が見えた瞬間に仲間のスキルを叩き込み、敵のスキル発動を阻止! これが決まるとかなり気持ちいい。なお、“スタン”以外に“ノックバック”の効果を持つスキルでも発動妨害が可能なことを確認できた。

また、一部のスキルは組み合わせることでより大きな効果を発揮する。例えば、こちらのキャラクターのスキルに注目してほしい。

空と大地のクロスノア_11
▲“絶影無限刃”は気絶状態の敵に大ダメージを与える。敵を“スタン”させるスキルと組み合わせて発動すれば、大ダメージが期待できるってわけ。

こんな具合に敢えてスキルを温存しておき、最大の効果を発揮できる場面を意識して使うのがポイントだ。とくに中盤以降は最大ダメージをたたき出すためのスキル構成が非常に重要になってくる。

プレイヤーができること2:“一斉攻撃”の発動

これはわかりやすくジョジョで例えると時間停止からのオラオラなのだが、ジョジョを知らないというごく少数の読者のために念のため解説をしておこう。

空と大地のクロスノア_12
▲画面左下の大きなアイコンをタップすると“一斉攻撃”が発動。
空と大地のクロスノア_13
▲発動後は全ての敵の速度が激減、ほとんど停止状態になり、その間は一方的に通常攻撃を叩き込める。

“一斉攻撃”はスキルと同様にゲージが溜まるまで発動できないが、バトルをまたいでゲージを持ち越すことができる。“一斉攻撃”の最中は敵をタップすることでターゲット指定まで可能なので、厄介な敵を集中攻撃して撃破するような使いかたも考えられる。もちろん、切り札的に温存しておくのもアリだろう。

プレイヤーができること3:“幻獣”の召喚

画面右下のアイコンをタップすることで、星座の名を冠した“幻獣”と呼ばれる召喚獣を呼び出し、強力な効果を得られる。これに関しても発動はゲージと引き換えなので、“一斉攻撃”と同じく切り札的な用法が主になりそう。また、パーティ全体に効果を与えるパッシブスキルも所持しているので、編成に応じて最適な幻獣を選ぶことも勝負のポイントになりそうだ。

空と大地のクロスノア_14空と大地のクロスノア_15
▲水瓶座のスキル“水瓶の光”を発動。敵全体に大ダメージを与える強力なスキルだ。召喚時の演出もバッチグー。
空と大地のクロスノア_16
空と大地のクロスノア_17
空と大地のクロスノア_18
▲ベータテスト版では水瓶座のほかに3体の“幻獣”を確認できたが、解放条件はヒ・ミ・ツ。

オートバトルと聞いて身構えていたのだが、実際に遊んでみると手動の部分こそが肝要。『空クロ』は序盤こそオート要素だけでも楽勝なのだが、5章を過ぎたあたりからバトルの手応えが増していき、戦術がより問われるようになってくる。オートでは手に負えなくなってからが本作の本領と言っても過言ではあるまい! ハイテンポなオートバトルにここぞという場面で介入して流れを変える。これが『空クロ』のおもしろさなのだろう。

結論:『空クロ』のオートバトルは遊ぶほど玄人好みになっていく!

そんな『空クロ』の事前登録が10万人を突破したとのこと。事前登録を行うと、刀で戦う金髪美少女アタッカー“フレイア”がゲットできる。

【空クロ】フレイア_イラスト

フレイアは自己のHPを回復しながら攻撃も行う優秀なスキルを持っている。さらに、最高レアリティである星8までランクアップが可能なため、序盤からコツコツ育成すれば終盤まで活躍してくれるはず。

前述の通り、本作は序盤こそサクサク進むが、中盤からはスキルが非常に重要。回復と攻撃を同時に行える頼れる存在のフレイアは、ぜひゲットしておきたいところだ。

【『空と大地のクロスノア』事前登録】

※記事内容およびゲーム画面はベータテスト版のものです。正式サービス版で変更になる可能性があります。

『空と大地のクロスノア』公式サイト

空と大地のクロスノア

ジャンル
RPG
メーカー
Aiming
配信日
iOS、Android
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
2016年6月下旬

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧