1. サイトTOP>
  2. じっくりキャラ育成を楽しめるAimingの新作RPG『空と大地のクロスノア』をさっそく遊んでみた

じっくりキャラ育成を楽しめるAimingの新作RPG『空と大地のクロスノア』をさっそく遊んでみた

2016-05-11 16:00 投稿

 じっくりコツコツ育成を楽しめるやり込み型RPG

かわいい3Dキャラでパーティー編成を組み、セミオートでテンポのいいバトルを楽しめるのが『空と大地のクロスノア』。Aimingから配信予定の本作が2016年5月11日から5月16日13時までβテストを実施中。さっそく第2章までをプレイしてみたので、リポートしていこう。なお、βテストはAndroid端末のみ対象だが、正式サービス時はiOSでも提供される。

【Android版βテストに参加】

sorakuro_logo

異世界から召喚された英雄たちが繰り広げるストーリーとなっている本作は、陣形(パーティー編成)・キャラクター”育成”がキーワード。バトルは、5キャラで陣形を成し、通常攻撃はオート、スキルは手動・自動の切り替えというお手ごろでサクサクなもの。操作しまくるゲームではなく、クエストをこなしキャラを育ててパーティをじわじわ強くしていくという育成ゲーム、といった感じだ。個人的にはバトル中にキャラクターがよくしゃべるのも好印象。

1

【Android版βテストに参加】

陣形とスキルが勝負を左右するバトル

まず、ゲーム開始時には、主人公となる自分のキャラの職業と、アバターの見た目を決定することができる。職業は全4種類で、それぞれステータスが異なる。ここは好みで決定してもいいが、ゲーム途中で職業の変更ができない点には注意しよう。また、アバターの見た目は、表情まで細かくカスタマイズできるのも評価できる点だ。

ファイター
物理攻撃に特化したアタッカー型クラス。体力が高く、パーティを守る“盾”として戦線を支える戦いかたが可能。

ファイター

ウィザード
高い魔力を誇り、炎の魔法で敵を焼き尽くす。全体攻撃やスタンを付与するスキルなどを扱うことができる。

ウィザード

プリースト
仲間のHPを回復したり、状態異常を治す癒しのエキスパート。後方から味方の攻撃を支援するスキルが多い。

プリースト

スレイヤー
攻撃に特化した弓の使い手。体力は低いが、トップクラスの攻撃力とスピードで敵を殲滅する。

スレイヤー
2
▲ゲーム途中でのジョブ変更はできないが、4キャラ作成できるようになっているので全職業を遊ぶことはできる。
3
▲豊富なカスタマイズ項目は魅力的。ちなみに、ゲーム内でもアバターの見た目を変更できるようになるが、性別のみ最初の職業のときのものになる。

本作では主人公は固定となっていて、主人公込みの5人でパーティを編成し、陣形を組んでいく。陣形には通常・攻撃・魔法陣形の3種類あり、配置する場所によって能力があがる仕組みになっている。たとえ、手持ちのキャラがウィザードばかりだったとしても、魔法陣形を選択することでいかようにも対処できるのだ。

4
▲こちらが通常の陣形。“挑発度”は敵から狙われる確率のようなものなので、挑発度が高い場所にはファイターなどの体力の高いキャラを置くようにしよう。
5
▲バトルの際には、直接攻撃系のキャラクターが前方へ出て行動する。範囲攻撃を使用する際には、キャラクターの立ち位置が重要になる場合も。

陣形が決まれば、あとはバトル中にスキルを発動するのみ。スキルはキャラクターごとに攻撃や補助、回復などのものが付与されているが、とくに重要なのが主人公が使える“一斉攻撃”スキルで、発動すると敵の行動が遅くなり、一斉攻撃できるというもの。強力な敵を集中攻撃して優先的に倒す時などに大変便利だ。

6
▲左側にあるのが主人公スキル、右側はパーティーメンバーのスキルになっている。敵のダメージを受けてゲージが溜まっていくが、“一斉攻撃ゲージ”は前回のステージからゲージが引き継がれるので、難敵にはゲージを貯めてから挑戦しよう。

また、厳密にはスキルではないが、2章をクリアーするとバトル時に“幻獣”を召喚することが可能になる。“幻獣”も戦闘中にゲージがたまることで技を発動できるので、スキルと同じような使いかたで問題なさそう。

8
▲“一斉攻撃スキル”同様にたまりが遅く回転率はよくない“幻獣”だが、威力はなかなか。現時点で存在する幻獣は4体。ステージをクリアーしていくことで使える幻獣が増える。幻獣はそれぞれ能力が異なりパーティーに適したものを選べる。

捨てキャラが出ない育成要素

本作の醍醐味とも言えるのがキャラクター”育成”。ちなみに、ただ装備を入手したり強化したり、というよくあるアレではないということだけ先に言っておこう。

主人公であれ、パーティーメンバーであれ、クエスト終了時に得られる経験値でレベルアップしていく。ただし、ガチャやクエストで入手したキャラクターは、主人公のレベルを越えて育つことはない。

誰かだけ突出して強くなることがないので、強いキャラでごり押しするようなバトルにはならない。そのおかげで、かなりバランスのいいバトルになっている印象だ。あくまでパーティー全体で戦っていく、というイメージを持ってもらえるといいかもしれない。同じメンバーを使い続けるだけでパーティ全体が育っていくのはかなり愛着が湧く。

9
▲見た目は今風にスマホゲームといった感じだが、システム的には、敵を倒して経験値を稼いで……という感じで、ある意味古きよき時代のRPGっぽい。

また、武器や盾、兜、胴、足、アクセサリーといった防具の使い道がちょっと特殊だ。装備することでキャラクターのステータスを伸ばすことができるまでは、よくある話。

本作では6種類すべてを装備すると、そのステータスを引き継いだままキャラクターを進化させることができる。進化すると新しいスキルが解放され、戦略の幅が広がる。また、次に装着可能な装備が表示され、再度進化させることも可能となっている。

ちなみに装備は進化させると同時に消滅してしまうので、装備兼進化素材といったところ。装備がなくなるなんてもったいない気もするが、このキャラの進化素材ってなんだっけ……という煩わしいことがなくなるのは正直ありがたい。

10

装備はクエストドロップで入手でき、進化の方向性もある程度選べるようになっている。レアリティによってキャラクターの強さに差はあるが、すべてのキャラクターが最高レアリティまでランクアップ可能なので、プレイヤーの努力次第ですべてのキャラに活躍の余地がある。

レイドバトルやPvPなど多彩なモード

育成・戦略要素は充実しているので、やっぱりバトルで遊びたい! となるのは当然のこと。どれだけ育成が楽しいと言っても、自慢のパーティーを披露する場がなければ悲しい。

ここで紹介するのは2章までのものになっているが、それでも他プレイヤーのキャラ・陣形と戦えるPvP、巨大なボスと戦うレイドバトル、そしてディフェンスゲームのように迫ってくる敵を倒していく“星座の狩場”と、バトルのシチュエーションは豊富。

11
▲ゲーム自体のバランスがいいので、PvPでは編成と陣形がものを言いそう。
12
▲レイドボスは超強力!パーティーメンバーが倒れた場合は、手持ちの他キャラクターを補充して戦える。つまり、強力なキャラクターを多く所有している程、有利に戦えるようになっている。メインのパーティーメンバー以外の育成も怠らないようにしよう。
13
▲“星座の狩場”では、“幻獣”を強化するアイテムを入手することができる。敵が右から左へと迫ってくるのを払いのけるには、攻撃陣形がよさそうか?

本作をプレイしてみて、一見「なんだ、あっさりバトルか」と思ったが、陣形、編成、育成と奥はかなり深かったので、ぜひ一度プレイしてみてほしい。2016年5月11日~16日までの6日間限定で、Androidのみでβテストも実施しているので、Androidの人は正式サービス前に遊べるこのチャンスに本作に触れてみよう。

【Android版βテストに参加】

▼いっしょに読みたい記事
謎の実況者による『空と大地のクロスノア』先行プレイ動画公開中

空と大地のクロスノア

ジャンル
爽快リアルタイムRPG
メーカー
Aiming
配信日
2016年春以降
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧