1. サイトTOP>
  2. 【新作】犯人はお前だ! 凸凹コンビが5つの事件に挑む 『YASU 第7捜査課事件ファイル』

【新作】犯人はお前だ! 凸凹コンビが5つの事件に挑む 『YASU 第7捜査課事件ファイル』

2016-06-04 18:00 投稿

王道だからおもしろい推理アドベンチャー!!

第1線から外されてしまった面倒な案件ばかり回ってくる第7捜査課。そこに配属される落ちぶれ刑事と、“YASU”の名を持つ秀才な後輩刑事、真野安美がさまざまな事件を解決していく。

それが、本記事で紹介する本格刑事捜査アドベンチャー『YASU 第7捜査課事件ファイル』だ。

 YASU01

“YASU”

このワードに某連続殺人事件を連想しちゃった著者。

いきなり犯人の名前バレしてるじゃんか!!

マジかよ、どうなってんだよこのアプリ、とかなんとか言いながら条件反射で即インストール。実際にプレイして感じた見どころを紹介するぞ。

ゲームの見どころ
●怪しい現場をタップしまくる捜査
●集めた証拠や証言を容疑者を揺さぶる取り調べ
●スタミナなし! とことん推理を楽しめる

怪しい現場をタップしまくる捜査

未解決事件や奇妙なファイルを専門の扱う。そんなドラマの主人公やヒロインって決まって個性派揃いだよね。どちらか片方が秀でた能力を持っていたり、やたらと真面目だったりとテンプレ化しているのもが多い。

本作もそれをなぞるような設定で、主人公の男性は“刑事の勘”を頼る昔ながらの刑事。その相棒は性悪だけど秀才という後輩刑事のコンビだ。

YASU02書き込みYASU03書き込み

そんなふたりが最初に関わるのが“ネオニート殺人事件”。株で大儲けをした元ニートが、ベランダから侵入した強盗の手によって殺害。背後から刺された被害者が横たわる現場で、彼らの捜査が始まるのだ。

YASU04書き込みYASU05書き込み

また、容疑者は真実を隠そうとウソを付くのだけど、核心に迫るためには証拠品だけでは太刀打ちできない。そこで重要になるのが、容疑者を含める多くのものが語る証言だ。証言を得るタイミングはいろいろあるけど、エピソードを進めるなかで新たな人物に関する話題がでたときは、画面左下にある“証言”を選択してみよう。

YASU06書き込みYASU07書き込み

証言と証拠品の収集、それらを使った容疑者への取り調べ。この3つをくり返し、正しいものを突きつけ真実に迫る。画面右上にある“証拠入手数”を見れば、何個の証拠を取り逃しているかもひと目で判断できるので、捜査に行き詰まったときはそちらをチェックしてみるといいぞ。

YASU08書き込み

集めた証拠や証言を容疑者を揺さぶる取り調べ

本作では最初から事件の容疑者が確保、もしくはある程度特定されている。取り調べで重要になるのは、正しい証拠、証言を突きつけること。失敗すれば画面上部のゲージが上昇、容疑者が有利にことが進み、フルになると捜査が失敗に終わってしまうので要注意だ。

YASU09書き込み
YASU10書き込みYASU11書き込み

なお、取り調べをしていると必ず手詰まりを起こす。これはプレイヤーのミスではなく、そのあいだに新たしい証言、証拠品に関する話題が出たことを示している。

何を突きつけても話が進まないときは現場に戻って再度捜査。きっと“証拠入手数”に変化が起こっているので、すみずみまで現場を調べてみよう!

YASU12書き込み
YASU13書き込みYASU14書き込み

スタミナなし! とことん推理を楽しめる

スマホゲームではなにかとついてまわるスタミナ問題。まだまだ遊びたいけどスタミナが切れ、広告動画を何度も再生して回復しちゃうひとも多いよね。

しかし、本作ではスタミナの概念がないので、何度ゲームオーバーになっても再調査に挑むことができるのだ。その分、証拠品を得たときなど絶妙なタイミングで広告が入る。つい、タップしちゃうことも多くて焦れったいけど、スタミナを気にせず遊べるのでまったく問題なしだよね。

本作で楽しめる事件は全部で5つ。

“YASU”

このワードにどんな意味があるのか。真野安美、後輩刑事の彼女から取るには荷が重すぎる気もするけど、そのへんの真相はぜひ、最後までプレイして解明してもらいたい!!

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

YASU 第7捜査課事件ファイル

ジャンル
推理アドベンチャー
メーカー
WHRP,Inc.
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧