1. サイトTOP>
  2. 【スクフェス感謝祭2016】獣神サンダー・ライガーが『スクコレ』でガチバトル!『スクフェスAC』プレイリポートも

【スクフェス感謝祭2016】獣神サンダー・ライガーが『スクコレ』でガチバトル!『スクフェスAC』プレイリポートも

2016-05-31 19:36 投稿

『スクコレ』ガチンコ1本勝負!!

2016年5月21、22日の2日間に渡って、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』(以下、『スクフェス』)のリアルイベント“スクフェス感謝祭2016”が池袋サンシャインシティ展示ホールA-1,B,C,Dにて開催された。

本記事では、初日である21日に行われた“新日本プロレス スクコレ&スクフェスACスペシャルマッチ!”の模様をリポートしていく。

4人の猛者がステージへ入場!

本ステージの主役は、新日本プロレスが誇る4人の猛者たち。

獣神サンダー・ライガー、KUSHIDA、本間朋晃、道標明(田口隆祐)の4選手が、“スクフェス感謝祭2016”という名のリングに入場した。

s_1
▲(写真左から)田口隆祐選手の代役の道標明氏(中は田口隆祐選手)、本間朋晃選手、KUSHIDA選手、森嶋秀太、獣神サンダー・ライガー選手、白幡いちほ。

コレクションサイドでガチバトル

トレーディングカードゲーム『ラブライブ!スクールアイドルコレクション』(以下、『スクコレ』)を用いたスペシャルマッチでは、獣神サンダー・ライガー&KUSHIDAチームと、本間朋晃&道標明チームの2チームに分かれたタッグマッチが行われた。

今回は、『スクコレ』を1パック開封するだけで遊べる“コレクションサイド”というルールのもと対決を実施。勝利チームにはごほうび、敗者チームには罰ゲームが待っているということで気合十分の両チーム。

開封したパックに描かれた”ピース”の絵柄で、ジャンケンを行うコレクションサイドだが、結果はスマイル(グー)の道標明氏、クール(パー)のKUSHIDA選手ということで、KUSHIDA選手のチームの勝利となった。

勝利チームには特別コラボメニューのごほうび

勝利した獣神サンダー・ライガー&KUSHIDAチームには、スクフェス感謝祭2016の開催を記念して作られた、サンシャインシティ人気飲食店とのコラボメニューをプレゼント。

μ’sメンバーにちなんだフードやドリンクをごほうびとして味わえることになった勝利チームのふたりだが、ここでひとつ問題が……。

司会「ライガーさんのお口に(フードが)入るか心配ですね」

獣神サンダー・ライガー「無理ですね」

KUSHIDA「プライベートマスクに着替えるしか……(笑)」

このやり取りからわかるように、獣神サンダー・ライガー選手が、マスクに阻まれせっかくの限定コラボメニューを食べられないという事態が発生。

そんなハプニング(?)が発覚するも、そこはさすがの獣神サンダー・ライガー選手。ストローを使った巧みなテクニックでドリンクを味わっていた。

また、KUSHIDA選手がおいしそうにケーキを食べている姿を見て、獣神サンダー・ライガー選手もマスクをかいくぐってケーキを食べようと試みはじめ……無事イートイン! これには客席からも拍手が巻き起こった。

s_2

口にクリームをつけつつも「おいしい」とコラボメニューに太鼓判を押した獣神サンダー・ライガー選手。「ぜひみなさんにも味わってほしい」と、ケーキを持って客席へ向かい、“あ~ん”をしてあげるというまさかのファンサービスも行った。

s_HAYA0698t
▲客席最前列にいた正体不明のマスクマンにもケーキのおすそわけ。

負けたチームには罰ゲームでリポート提出

勝者がいれば敗者も生まれるというのが勝負の道理。

勝負に負けてしまった本間朋晃&道標明チームには罰ゲームが告げられた。

罰ゲームの内容は、スクフェス感謝祭2016でプレイできる『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル~after school ACTIVITY~』(以下、『スクフェスAC』)を遊んでプレイリポートを提出するというもの。

リポート提出と聞いて「いちばん苦手」と苦笑いしていた本間朋晃選手も、ゲームをプレイできると聞いて「女の子と恋愛してくる」とノリノリに。

本間朋晃選手、道標明氏は並んでμ’sの楽曲である『タカラモノズ』をプレイ。難易度イージーながらも見事クリアーしてみせた。

プレイを終えたふたりは、「楽しい」、「またやりたい」と、先行プレイに大満足の様子。以上で罰ゲームのリポートは終了。かな~りうらやましい罰ゲームとなった。

『スクコレ』、『スクフェスAC』と、『ラブライブ!』の世界を満喫した人気レスラーの4人。

獣神サンダー・ライガー選手、KUSHIDA選手は、とくに『スクフェスAC』に興味を持ったらしく、稼働したらゲームセンターで実際にプレイしたいと語っていた。

「その際は声をかけないでほしい」(ライガー&KUSHIDA)とのことなので、いかにもプロレスラーな風貌の方が『スクフェスAC』を遊んでいたら、見て見ぬふりをしよう(笑)。

スクフェス感謝祭2016関連記事一覧はこちらから

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル

ジャンル
リズムアクション&アドベンチャー
メーカー
KLab、ブシロード
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降/Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧