1. サイトTOP>
  2. 「360度動画のテレビ局になりたい」コロプラの100%子会社による360度動画配信サービス”360Channel”始動

「360度動画のテレビ局になりたい」コロプラの100%子会社による360度動画配信サービス”360Channel”始動

2016-05-26 11:30 投稿

VR対応動画配信サービススタート!

『白猫プロジェクト』などを展開するコロプラが、100%子会社の360Channelを設立したのは既報の通り。同社が運営する360度動画コンテンツの配信サービス”360Channel”が、2016年5月26日より開始した。

『360Channel』スライド資料_ページ_05

コロプラの100%子会社である“360Channel”、及び社名と同じ名称の360度動画プラットフォーム”360Channel”は、コロプラの代表取締役社長でもある馬場功淳氏が“360度動画のテレビ局”を目指してとして設立されたもの。昨今押し寄せるVR市場の拡大を見越しての先行投資とも見られ、メディアとしても、いちユーザーとしても期待が高まるサービスだ。

今回発表会で趣旨説明をしてくれた企画部のナカシマ氏は「ユーザーがコンテンツを持ち寄る形ではなく、プロによる高品質なコンテンツを提供していきたいです」と、同サービスの基本理念について述べている。

『360Channel』スライド資料_ページ_12

会社としての“360Channel”は、プラットフォーム運営だけでなく、番組制作能力も備えた集団であるという。そこでは、プロとしての動画制作経験を持ち、企画・撮影ノウハウをしっかり持つ者たちが、コンテンツ作りに従事しているとのこと。

また従来の平面動画制作にはない、”スティッチ”専門部隊も組織。

“360Channel”で配信される動画は、Go Proという小型ながらハイスペックを持つカメラを複数台連結させた特殊なカメラで撮影されており、これをひとつの360度動画にするには、それぞれの動画をつなぎ合わせる必要がある。このつなぎ合わせる作業を”スティッチ”と呼び、ズレなく合わせるには根気よく精密な作業を続けなくてはならない。

このスティッチを専門とする部隊には10数名が従事しており、クオリティの高い360度動画を生み出しているという。

DSC_4896
▲360Channelについて説明を担当してくれた企画部のナカシマ氏
DSC_4920
▲撮影に使われるカメラ。Go Proを複数台連結させたものが使われている。

360度動画のテレビ局とは?

サービスが開始される5月26日の時点で、“360Channel”で視聴できるコンテンツは、全部でおよそ22個。

お笑いコンビ”チュートリアル”が司会を務める男子必見のバラエティ番組から、熊本震災の現状を覗ける報道色が感じられるものまで、多彩な番組がラインアップ。なお、コンテンツはチャンネルに属する形となり、用意されるチャンネルは全部で6チャンネルになるという。

『360Channel』スライド資料_ページ_19
360Channel_スライド

コンテンツは、スマートフォン、VRヘッドマウントディスプレイ(Oculus Rift、Gear VR)、PCからの視聴が可能で、VRヘッドマウントディスプレイでの視聴ではヘッドトラッキングによる視点移動にも対応している。VRヘッドマウントディスプレイは、現状2機種のみの対応となっているが、今後ほかのVRヘッドマウントディスプレイもサポートしてくとのこと。

なお、こちらのコンテンツ視聴はすべて無料。今後はスポンサードなどを経て会社の収益化を計りたいということで、当面はユーザーからの課金には頼らないスタイルで運営をしていくという。

『360Channel』スライド資料_ページ_18

実際にサービス開始となれば、気になるのはコンテンツの追加ペースについて。それについてナカシマ氏は、具体的な期間こそ明示しなかったものの「ユーザーのみなさまが、“360Channel”を通じた視聴習慣を得られるようなペースで追加を行っていきたい」と、コメントしている。

一方、他社のコンテンツを番組内に載せるのかを聞かれると「すでに数社から引き合いを頂いています」と、他社のコンテンツが配信される可能性を示唆した。

さらに「熊本地震のような報道性のあるコンテンツは扱う?」「アニメ、3DCGコンテンツは扱う?」「ライブストリーミングには対応する?」といった質問も。

それぞれ「スティッチという作業があるので、速報性のある報道はできません。ですが、報道性のあるコンテンツ配信は今後もやっていきたいです」、「実写でないコンテンツも用意していきたいとは考えていますが、詳細は述べられません」、「ライブストリーミングも行いたいですが、インフラや機材が整っていないので、しかるべきタイミングで対応したい」とコメントし、今後のコンテンツの幅を匂わせた。

配信コンテンツをチェック!

サービス開始時より展開されるコンテンツは以下の通り。

『チュートの真夜中にヤりたい事!グラドル ガチ誘惑グランプリ!』

おそらく世界初と思われる360度動画のバラエティ番組。美女たちが男を誘惑するマル秘テクニックを実演し、それをチュートリアルのおふたりが採点するという内容。

一人称視点で見る美女たちの誘惑は、男性諸君にはぜひ一度は体験してもらいたい代物。ワンルームの部屋で美女とふたりきりの状況で、顔をぐっと寄せてきたり、体を寄せてきたりと、美女からのの猛攻は凄まじいものがある。まさに“男の妄想が実現する新感覚バラエティ”という謳い文句の通りのコンテンツだ。

また本番組の冒頭では、カメラを囲んで演者たちがトークするシーンも収められている。通常、テレビではグラビアアイドルと言えども、喋っていないシーンはカットされるもの。だが、この番組は360度対応。ちょっと振り向くだけで、グラビアアイドルを画面に捕らえることができる。グラビアアイドルをずっと眺めていたい人にもオススメの番組だ。

01_チュートの真夜中にヤりたい事!グラドル ガチ誘惑グランプリ!_チャンネルサムネイル
01_チュートの真夜中にヤりたい事!グラドル ガチ誘惑グランプリ!_動画イメージ
チュートの真夜中にヤりたい事!グラドル ガチ誘惑グランプリ!_画像
DSC_4989
▲自分がその場にいるかのようなリアリティを高めるためにか、目線を下に落とすと自分の体のようなものが映り込む。

 

『日本の旅』

日本各地の美しい風景や人気の観光スポットを紹介する旅番組。サービス開始直後で見られる旅動画は、東京、静岡、福井、岡山を舞台としたものになる予定。

“観光地に行った気分”を得るなら、これ以上の体験はないと思われる。旅行の下見にもなるので、今後のコンテンツ追加に期待。

02_日本の旅_チャンネルサムネイル
02_日本の旅_動画イメージ
DSC_4950

 

『発掘!次世代アイドルLIVE』

ブレイク目前、次世代を担うアイドルたちのライブシーンを、客席最前列よりも前、まさにステージの真ん前から鑑賞できるコンテンツ。大迫力の熱狂パフォーマンスと、アイドルのみんなが見せる笑顔や、パフォーマンス時に見せる本気の顔などを間近で見たいなら、コレ!

03_発掘!次世代アイドルLIVE_動画イメージ
03_発掘!次世代アイドルLIVE_動画サムネイル

 

『The Performers』

鳥肌もののパフォーマンスを目の前で体感できる番組。達人からくり出される唯一無二のパフォーマンスが見る人を魅了する。コンテンツリリース時には、和太鼓とけん玉のパフォーマンス動画が配信される。

performe
DSC_4965

 

『ANA機体工場見学』

東京国際空港にあるANA機体工場で、ボーイング機をはじめとする大型旅客機などが、どのように整備されているのかを体感できる番組。機体工場で収録がな されているので、なかなか入ることが難しい工場内を360度自分の好きな視点で見渡すことができる。

05_ANA機体工場見学_チャンネルサムネイル
DSC_4953

 

『熊本地震 ~被災地の記録~』

2016年4月14日に発生した熊本地震。激甚災害にも指定され、いまもなお、震災が残した爪痕がそのままである場所も多い。そんな大規模地震に直面した町とそこに住む人々を記録した番組。被災地のありのままの姿を、まるで現地にいるような気分で体感できる。

06_熊本地震 ~被災地の記録~_チャンネルサムネイル
06_熊本地震 ~被災地の記録~_動画イメージ

360Channel公式サイト

[関連記事]
コロプラ子会社360Channel オリジナルの360度動画配信サービス提供へ

VR▲VRのまとめページができました

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧