1. サイトTOP>
  2. 【新作】レトロ感漂う3Dドット絵を斬って砕いて大暴れ!ボクセルワールドRPG 『デーモンクエスト』

【新作】レトロ感漂う3Dドット絵を斬って砕いて大暴れ!ボクセルワールドRPG 『デーモンクエスト』

2016-05-24 10:00 投稿

デーモン・ドラゴンを討て!

平原に繁殖したスライムやゴブリン、森林に潜むマタンゴやトレント、墓地を徘徊するゴーストやゾンビなど、おなじみのモンスターたちが巣食う世界を巡る旅へ。やつらが凶暴化する原因にもなったとされる、荒野のデーモン・ドラゴン討伐を目指す。

それが『デーモンクエスト』だ!

 ph01

ちなみにボクセルとは、体積“Volume”画素“pixel”の混成語。簡単にいえば3Dドット系の表現を総称する言葉だ。本作では、主人公はもちろん、敵キャラクターやオブジェクトにいたるまで、あらゆるものがそのボクセルで作られていて、独自の世界観を生み出しているぞ。この感じ……イイネ!

ゲーム性に目を向けると、ベルトスクリーン式のアクションに、敵を倒してお金を稼ぎ、優れた武具を購入するというRPG要素を取り入れていて、遊び応えもなかなか。コレクション要素のトレジャーなども含め、シンプルながらもついついハマってしまう魅力がある。そんな本作の注目ポイントを紹介していこう。

ゲームの見どころ
●フリック&スワイプで戦術を組み立てよう
●装備の特性を参考に購入順を決めよう
●トレジャーを集めてステータスを強化

フリック&スワイプで戦術を組み立てよう

画面をスワイプして移動、押しっぱなしで攻撃。一見すると別のアクションだけど、要は画面に触れているあいだは攻撃をくり返すという簡単なルールだ。

ph02書き込みph03書き込み

画面をスワイプしながらの操作を基本とする本作。しかし、筆者の感覚だと指の摩擦やわずかなズレから、思い通りに動かない場面が多かった。また、瞬時に移動したいときにスワイプだともたつくことが多く、敵の反撃を受けやすい。

そこでオススメしたいのがフリック操作だ。これならすばやく移動できるし、攻撃も回避しやすい

 ph04書き込み

間合いを詰める移動はフリック
攻撃は画面を押しっぱなしのスワイプ

こんな感じでふたつの操作を使い分けるのが、筆者のプレイスタイルだ。

とはいえ攻撃の激しいステージだと、自分の指で敵の攻撃が見えなかったりもしてノーダメージクリアーは困難。そのへんはご愛嬌ってことで、ここからは動画で本作のバトルを紹介しよう。

『デーモンクエスト』お試しプレイ

装備の特性を参考に購入順を決めよう

苦労して稼いだお金の使い道は、街での装備購入だ。うん、知ってたよね。それくらいしかないもんな。

だからといって無作為に買っていては意味がない! 1回の冒険で得られるゴールドも多くなく、金策がたいへんなゲームだからこそ慎重に悩んでもらいたいのだ。そこでまず、これを見てほしい。

剣:攻撃力
鎧:防御力+HP
靴:防御力+すばやさ
盾:防御力

おわかりいただけただろうか?

そう、一部の防具には防御力以外の能力もアップさせる効果があるのだ。本作の盾は防御力を上げるだけのものなので、ほかの防具に比べて重要度は低め。鎧と靴を優先するほうが得策だと感じたぞ。

 ph05書き込み ph06書き込み

トレジャーを集めてステータスを強化

クリアー報酬で得るトレジャーには、ふたつの要素がある。ひとつはコレクション、もうひとつは装備可能な魔石のかけらだ。

 ph07書き込み ph08書き込み

魔石には装備するだけでステータスが上昇するもの(画面内では白枠で表示)と、アイコンをタップすることで一時的に攻撃力や防御力が上がるもの(画面内では赤枠で表示)がある。いずれも同系統の“魔石のかけら”を集めることで精錬度が上がり、それだけ効果も上昇していくのだ。

 ph09書き込み

魔石の種類は豊富なので、いろいろと試してみよう。

また、集めたトレジャーからは専用のポイントが算出される。その総数に応じてトレジャーハンターランクの順位を競うこともできるぞ。

打倒デーモン・ドラゴン! ……だったはずの冒険も、気づけば全国のランカーを追いかけるやり込みプレイになっちゃうかもね!!

P.N.深津庵
深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


※YouTubeチャンネル登録はこちら

※Twitterフォローはこちら

デーモンクエスト

ジャンル
アクションRPG
メーカー
ekiryou.com
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧