1. サイトTOP>
  2. 配信から2年……世界的ヒット作『クラッシュ オブ キングス』がgoogle play awardsにノミネート

配信から2年……世界的ヒット作『クラッシュ オブ キングス』がgoogle play awardsにノミネート

2016-05-20 15:30 投稿

『クラッシュ オブ キングス』がgoogle play awardsのベストゲームに選出

Elexから配信中のシミュレーションゲーム『クラッシュ オブ キングス』が、google play awardsのベストゲームにノミネートされた。

『クラッシュオブキングス』は世界6500万ダウンロードを誇るモンスタータイトル。プレイヤーは城主となり他プレイヤーと同盟を組み、ライバルを蹴散らしながら帝国の王を目指して、その証たる宮殿の覇権を争うことになる。日本でも、窪塚洋介が“king”に扮したり、あき竹城とTOKIOの城島茂が“城”の文字を奪われるという、ゲーム内容をコミカルに表現したテレビCMが放送され、目にしたことがある人も多いだろう。ファミ通Appでも攻略ライター、ぽんせ松本が同盟の盟主となって、日々のアレコレを綴るプレイ日記を連載していた。

▼いまからでも盟主になれる!
【『キングス』プレイ日記】その1:同盟の“盟主”始めました!
過去の『キングス』アーカイブ記事

02

『クラッシュ オブ キングス』の開発元であるElexはいまや世界的なモバイルゲームメーカーとなったが、立ち上げたのは5人の大学生。2007年に設立され、10年足らずで総粗利益6億ドル(約652億円)を稼ぎ出す、トップメーカーへと成長したというから驚きだ。まさにベンチャードリーム。

Elexは中国に本社を置き、2016年5月現在、中国国内に3つの事業所、従業員500名規模の会社になっているが、その成功の理由のひとつが、立ち上げ当初からグローバル市場に注力している点。中国のモバイルゲーム市場といえば、近年成長が著しく、世界トップクラスの売上規模を誇る。ただ、そのいっぽうでElex関係者によれば、「中国市場は競争がとても激しく、行き過ぎた利益追求により変動が激しい市場となっている」という。ゲームの消費速度が急速に上がリ、つねに新作を迫られるドメスティックな市場で戦うよりも、グローバル市場で“10年間存続できるもの”こそが、彼らが考える良質なゲームなのだという。

office
office02
▲オフィスがめちゃめちゃキレイ! これぞ成功の証!

実際、Elexがゲームにかける熱量はすさまじく、2012年にiOS、Androidで配信された『Age of Warring Empire』は、3年間で200回ものアップデートを実施。その情熱に答えるように50ヶ国で売上トップ5入りを果たした。さらに、2010年にリリースされた『Happy Farm』の総プレイヤー数は2億500万人に達する偉業を成し遂げており、じつは『クラッシュオブキングス』の配信前から世界的なタイトルをリリースしている。

もちろん、『クラッシュ オブ キングス』も負けていない。2015年6月時点でのアクティブプレイヤーが1日当たり200万人を突破。その記録をいまなお、伸ばし続けているという。

遊びかたはユーザーが決めるもの

当然、ゲーム作りにも強いこだわりがあり、中でも興味深かったのが”基本ルールだけを作りゲームの遊びかたはプレイヤーにゆだねる”という点。Elexによれば「自由度が高ければ高いほど遊んで行く中で多くの達成感を得られる。いちばんいいゲーム環境というのは開発はあくまで最低限の遊びかたを伝えて、あとはプレイヤー自身が探索していくこと」なのだという。そうした環境の中で、プレイヤーがそれぞれの遊びかたを見出すだけでなく、プレイヤーどうしがコミュニティを組織して交流したり、攻略方法を相談したりすることが、ゲームの継続率につながっているのだろう。

また、イベントやキャンペーンもゲームの成否を左右する要素。グローバル展開を行う『クラッシュオブキングス』はゲーム内容は世界共通だが、「ある国の人は畑を耕したり、同盟でチャットをするのが好きで、ある国の人は戦闘が大好き」というように国ごとの遊びかたに違いがあり、各国の文化をゲームに取り入れるために、世界の祝祭日に合わせてイベントやキャンペーンを実施している。

そして、もうひとつ重要なことが“スピード”。めまぐるしく変化するモバイルゲーム市場では、トレンドやプレイヤーの要望にどれだけ迅速に答えられるかが、とても大切だという。「私達はプレイヤー方々のご意見を参考に、プレイヤーの要望に沿うようなゲーム改善を行っている。開発とプレイヤーは一心同体で、一緒にゲームを改善していくことがいちだん大切。単に私達が遊びたいというようなゲームではない」と運営ポリシーを語った。

『クラッシュ オブ キングス』は2016年で2周年を迎える。同盟建築物レベルアップ、王国遠征、巨龍戦争後半戦など、続々とアップデートを重ね、もっとおもしろく、そして奥深いゲームへと進化していく。今後も『クラッシュオブキングス』にも注目したい。

クラッシュオブキングス

ジャンル
シミュレーション
メーカー
ELEX Wireless
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。 Android 要件 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧