1. サイトTOP>
  2. 【新作】やりこみ度MAXのバトル&育成! 本格3DRPG『クロノスブレイド』を遊びつくせ

【新作】やりこみ度MAXのバトル&育成! 本格3DRPG『クロノスブレイド』を遊びつくせ

2016-04-01 12:00 投稿

膨大なコンテンツが魅力のRPG

Rekoo Japanから配信中の『クロノスブレイド』は、全世界での総ダウンロード数が1000万を超える本格3DRPG。王道のRPGながらもスマートフォン最高峰のグラフィックで迫力のあるバトルを楽しむことができ、10種類以上の豊富なバトルコンテンツや、多彩な育成システムなど、無料でプレイできるとは思えないほどのボリュームだ。

画像01

本作は、いままでのスマホゲームには例を見ないほど膨大なコンテンツが用意されていることが、最大の魅力と言えるかもしれない。本記事では大きく3つの魅力を紹介していく。

『クロノスブレイド』の魅力

  • 1.3Dグラフィックで迫力満点のバトル
  • 2.シンプルながらも奥深いバトル
  • 3.豊富なやりこみ要素

1.3Dグラフィックで迫力満点のバトル

本作はスマートフォンの性能を最大限引き出し、大迫力の3Dグラフィックでバトルを楽しめる。3Dのキャラクターたちが画面の中を動き回り、スキルを発動したときの演出は非常にかっこいい。とくに“ルーンスキル”という必殺技を使ったときのアニメーションは見ものだ。

画像02
画像03
▲戦闘中に画面をスライドさせることで好きな位置に視点を調整できる。

また、ボスがピンチになると真の姿へと変身し、異空間へと飛ばされる。同時にBGMも変わり、まさに“ボス戦”といった感じのハラハラした展開に胸がアツくなることは必至。ボス撃破時の演出も爽快無比だ!

画像04

演出が凝っているぶん、バトルの時間が間延びしてしまうと思いきや、スキップ機能や倍速機能が実装されているためストレスフリーで非常に快適に遊べるぞ!

画像05
▲左下のアイコンをタップすることでスキップ機能や倍速機能のオンオフを設定できる。

筆者はiPadを使ってプレイしてみたところ、大画面でのバトルは迫力満点で本作にうってつけ。基本的にオートバトルなので、他のことに気を取られずにバトルの映像だけを集中して鑑賞できるところも、筆者好みだった。

2.シンプルながらも奥深いバトル

バトルは基本的にオートで進み、プレイヤーが行うことはルーンスキルの発動だけ。しかしながら“陣形”や“属性”、“組み合わせ効果”などバトルに影響してくる要素も多く、操作性自体はシンプルだがそのぶん戦略性が求められてくる。以下ではバトルでとくに重要になる3つの要素を紹介していく。

【ルーンスキル】
バトル中に発動するスキルには“キャラクタースキル”と“ルーンスキル”の2種類がある。キャラクタースキルは自動で発動し、ルーンスキルはプレイヤー任意のタイミングで発動することができる。

バトルでは行動するごとに画面右下の青いゲージが溜まっていき、必要な量が溜まったら画面右下のスキルアイコンをタップすることでルーンスキルが発動する。ルーンスキルはダメージを与えたり、状態異常を付与したり、ステータスをアップしたり、HPを回復したりとさまざまな効果があり、うまく使うことで戦闘を有利に進めることができる。

ただし、ルーンスキルはパーティで4つまでしかセットできないので、敵に合わせて適宜取り替えていこう。

画像06

【陣形】
最大6体までユニットは出撃でき、盤上(縦2マス横3マス)の自由な場所に配置できる。

敵の攻撃を受けやすい前列には守備が固いキャラを、後列には防御力の低いキャラを置くのが基本。また中には後列攻撃が得意なキャラもいるので、そういったキャラは受け流しやダメージ軽減などの特性を持っていて守備が得意なキャラの後ろへ配置しよう。

また、バトルの前には敵の陣形も確認できるので、相手の陣形に合わせてユニットを編成すればバトルをさらに有利に運べる。

画像07

【組み合わせ効果】
戦闘に連れていくキャラの組み合わせによって、HPや攻撃力などにプラス補正がかかることがある。20%や30%上昇することもあり、組み合わせ次第ではレアリティが低いキャラでも強力なユニットになることも。レア度にとらわれずに、多くの組み合わせ効果を発動させることを考えた編成をすることも大切だ。

画像08

バトルがシンプルなぶん、勝つか負けるかは戦闘前の準備でほぼ決まってしまう。つまり戦略が非常に重要。アクションよりそういった頭を使うバトルが筆者は好みなので、はじめは迫力のあるバトルだけに目を奪われていたが、だんだんと難敵をどうやって倒すかを考えたり、バトルの奥深さへとずぶずぶとハマっていったりすることに……(笑)。

3.豊富なやりこみ要素

本作が他のRPGと一線を画すのは、コンテンツの豊富さにある。

まずメインクエストだけでも30章300ステージ以上用意されていて、重厚なストーリーを楽しめる。人間、獣人、精霊、ホビット、天使など、さまざまな種族のキャラクターが登場し、プレイヤーは彼らと協力したり戦ったりしながら、暗黒世界の魔神ドラキュラ打倒を目指す。

さらに登場するキャラクターには豪華声優陣が命を吹き込み臨場感たっぷり。男主人公は梶裕貴、女主人公は佐倉綾音、サポート妖精のリナは悠木碧が担当している。他にも永田優美、空見ゆき、古賀葵、三上由理恵など多くの声優が参加しているぞ。

画像09

バトルコンテンツは最大80人VS80人のギルドバトルにはじまり、プレイヤー同士が対戦する“太陽闘技場”、全200階にもなる塔の最上階を目指して1層ずつ踏破していく“魔力の塔”、毎日登場する魔王を仲間と協力して倒すレイドボスバトル“魔王降臨”など10種類以上も存在する。

バトルコンテンツが豊富で、かつ日替わりでコンテンツも更新されているので飽きるということもない。1日中ゲームを楽しみたい人にはとくにおすすめできる。

画像10
画像11
画像12

また、キャラの育成方法もいままでにないほど多彩だ。

キャラクター強化・覚醒、星座進化、ルーン進化、装備強化・突破・魔化、聖物強化・精錬、宝石システム、神装システムなど非常に奥深い。総勢150体以上のキャラとこれら育成方法を組み合わせることで、まさに自分だけのオリジナルキャラやパーティを作ることができる。

本作にはギルドバトルや、太陽闘技場などのようなPvP要素もあるので、自分だけのパーティで世界中のプレイヤーたちと腕を競い合えるぞ。

画像13
画像14
画像15
画像16
画像17

はじめは迫力あるバトル映像に惹きこまれ、続いてバトルの奥深さ、戦略性の広さにゲームとしてのおもしろさを感じ、そしてこの膨大なコンテンツである。気づかないうちに筆者は本作の魅力にどっぷりと浸かっていた!!(笑)。

以上で紹介したのは、『クロノスブレイド』における魅力のいち部分でしかない。ちょっとした空き時間にプレイする人から、家で1日中じっくり遊びたい人まで、いろいろ人が自分に合った楽しみ方を見つけることができる。

こんなボリュームのゲームを基本無料で遊べるのだから、RPG好きはやらない手はない!

クロノスブレイド

ジャンル
RPG
メーカー
RekooJapan
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。 Android 要件 3.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧