1. サイトTOP>
  2. かわいい“嫁”がきっと見つかる!『トリックスター ~召喚士になりたい~』配信前プレイリポート

かわいい“嫁”がきっと見つかる!『トリックスター ~召喚士になりたい~』配信前プレイリポート

2016-03-25 14:00 投稿

俺の嫁見つけました!

ステアーズより配信予定の『トリックスター 召喚士になりたい』は、PC用オンラインRPG『トリックスター』の世界観を引き継いだスマホ用ボード型RPGだ。今回はクローズドβテストに先駆けて先行プレイレポートをお届け。世界観は引き継いでいるが、PC版を知らなくても遊ぶのにはまったく困らないのでご安心を。

プレイヤーはひとりの召喚師となって、800種類以上の召喚獣からパーティを編成。ボードを進みながら最奥で待ち構えるボスを撃破すれば、ステージクリアとなる。本作のポイントは、ボードゲームながら運任せにならない戦略性と、2Dで表現されたかわいすぎる召喚獣たち! その魅力をばっちりお届けしていこう。

475e271bce4d55f31b194c276aa262961
【クローズドβテスト募集期間】2016年3月10日(木)~2016年3月30日(水)午後6時
【クローズドβテスト実施期間】2016年3月31日(木)~2016年4月4日(月)午後6時
・クローズドβテストの詳細は公式サイトにて確認可能。
※公式サイトはこちら

かわいいキャラがどんどん出てくる!

このゲーム最大の魅力は、なんといってもキャラクターだろう。最初に選べるキャラクターたちからして魅力にあふれており、誰を選ぶか迷ってしまうくらいだ。

そんな初期キャラクター、筆者は悩んだ末に“ナンナ”を選択。選択した決め手はズバリ、ココ!

nannna2

そう、“声”である。CV井澤詩織である。そのスジの人ならこれだけでわかっていただけるだろうが、わからない人は試しにヘッドホン着用でPVを視聴してほしい。

もうね、この脳がとろけそうな甘い声でクールに囁かれるのがたまらないのだ。ゲーム中、この声でイヤホンから囁かれちゃうのだ。これはもう選ばない手はない!

そんなわけで「このままナンナちゃんと添い遂げよう、ナンナちゃんこそ俺の嫁!」そう思ってゲームを始めたわけなのだが……なかなかそうもいかないのがこのゲームの恐ろしいところ。

だって登場する召喚獣やNPCがみんなかわいいんだもの!

Screenshot_2016-03-04-19-24-15
11Screenshot_2016-03-04-19-21-55

こんな子たちに次々と出てこられちゃ、ついつい目移りしてしまうのも仕方ない。それが男の性-SAGA-なのだ!

そんなことを言ってたら、

ガチャにいたっては、もう完全に嫁って言い切っちゃってる。嫁を11連で引けるということは、一夫多妻制は容認されていると見て間違いないだろう。

Screenshot_2016-03-22-12-55-45

そんな感じで数多の嫁候補のなかで、“ナンナ”ちゃんと並ぶ筆者のお気に入りが“ネージュ”ちゃん。この娘のどこがいいって、戦闘時のドット絵アニメーションがかわいすぎるのだ。

まずキャラクターイラストはこんな感じ。

Screenshot_2016-03-22-12-57-00

一方、戦闘時のグラフィックはこんな感じになる。

00000000Screenshot_2016-03-22-13-07-17[1]

一見、普通の少女だが……。

00000000Screenshot_2016-03-22-13-33-00[1]

なんと、攻撃時には小さなトラ(?)に変身するのだ!

このときの動きが、はっきり言って超かわいい。想像してみてほしい、女の子がボンッと変身してマスコットキャラ的な動物になり、くるんと回って敵を攻撃するところを。……ね、嫁にしたくなるでしょ? 本物はその倍かわいいので安心してほしい。

こんな感じで、個性的で魅力的な嫁候補がいっぱいのゲーム。注意してほしいのが、戦闘に参加できるのは自分のパーティーメンバー6人+NPC1人までということ。連れて歩ける嫁は6人までなのだ。パーティーメンバーの枠の争いが熾烈を極めそうである……。

Screenshot_2016-03-22-12-58-19
▲編成画面はこんな感じ。パーティーメンバーのBPの合計は、プレイヤーの最大BPの範囲内に収まっている必要がある。画像の編成の場合、BPをあと7減らさないと冒険に出発できない。

思わず鼻息が荒くなってしまったが、キャラクターの魅力、おわかりいただけただろうか? ……いや、正直この紹介記事だけで魅力が伝わりきったとは筆者自身思っていない。このゲームのキャラクターたちは“声”や“動き”といった記事だけでは伝えられない魅力を備えている。少しでも気になった人は、クローズドβテストでも本配信でもいい、ぜひ実際にプレイして確かめてほしい。きっと魅力的な嫁たくさん見つかるはずだ!

なお、電車やバスなど、公共の場でプレイするときは十分に注意してほしい。ニヤけちゃうから(笑)

想像以上に戦略的!? ボードゲーム要素

もちろんキャラクターだけが魅力ではなく、メインとなるゲーム部分だって面白い。ボードゲーム要素とRPG要素をミックスするにあたり、とっつきやすくも単調にはならない工夫がなされている。

とくにカードが3枚中1枚は見える状態になっているのがニクいところ。実際にプレイしてみると、見えているカードと伏せたカード、どちらを引くか悩む場面が出てくるのだ。

たとえば目の前にモンスターマスとHP回復マスが並んでいる場合、見えている大きな数字のカードでモンスターの並ぶ地帯を一気に通りすぎるか、それともHP回復マスを狙って伏せたカードを引くかという選択肢が発生する。HPに余裕があれば一気に駆け抜けてもよいが、HPが残り少ない状況なら悩んでしまうことまちがいなし。どうしても必要なときには出目を操作することもできるが、使用には制限があるため使いどころが肝心。これもまた、頭のひねりどころだ。

Screenshot_2016-03-22-13-06-18

ダイスであれば運を天に任せて進むだけだが、出目がカードに左右されるこのゲームでは、こういった駆け引きを迫られるシーンに何度も遭遇することになる。このひとひねりがスパイスとなり、ゲームに深みを与えてくれるのだ。

とはいえ難しく考えすぎる必要はなく、運を天に任せるプレイスタイルでも問題なし。盤面の状況を見ながらときには慎重に、ときには大胆に攻めていくのがまた楽しい!

ゲームシステムに迫る!

ここからはゲームの基本システムについて紹介していこう。ゲームを開始すると、まずは属性の異なる3人のキャラクターからプレイヤーキャラを選択することになる。

【イグニス】(火属性)

 nannna3

【セリア】(水属性)

 nannna4

【ナンナ】(木属性)

nannna5

選択したキャラクターは会話イベントで登場するほか、召喚獣と同じように戦闘に参加させることができる。

ボード上で起きる多彩なイベント

キャラクターを選んだらいよいよ冒険に出発! ゲームの世界にはさまざまなエリアが存在しており、各エリア内には複数のステージが存在している。各ステージはボードゲームのようになっており、プレイヤーは毎ターン3枚のカードから1枚を選び、そこに書かれた数字の分だけボード上を進んで、最後に立ちはだかるボスモンスターを倒せばステージクリアとなる。

このとき、止まったマスによってさまざまな効果が発生。HPを回復するマスやスキル発動に必要なMPを回復するマス、後述する召喚獣の育成に使用する資金を獲得できるマスなどのほか、特殊なイベントの発生するマスもある。

11Screenshot_2016-03-04-19-24-54
▲エリアセレクト画面。
11Screenshot_2016-03-04-19-25-04
▲ステージセレクト画面。ステージに挑む際にSP、いわゆるスタミナを消費する。
Screenshot_2016-03-10-15-06-47
▲各ステージごとにミッションも用意されており、それを達成すれば報酬も獲得できる。

スキルと属性を駆使したバトル

モンスターがいるマスに止まるとモンスターとのバトルが発生する。基本は味方をタッチして敵を攻撃すればオーケー。オートバトルも用意されているので、周回プレイや雑魚戦で活用しよう。また、戦闘中にMPが満タンになるとキャラクター固有の“スキル”が使用可能になる。スキルは、全体攻撃やHP回復、挑発など、キャラクターごとに異なるさまざまな効果が発生するぞ。

また、召喚獣には属性があり、エリアごとに登場モンスターの属性の傾向が決まっているため、事前に属性を意識したパーティーを組んで挑むと有利に進められる。

11Screenshot_2016-03-04-19-23-48
▲戦闘シーンでは、ドット絵で描かれたちびキャラたちが軽快に動きまわる様子が見られる。
 Screenshot_2016-03-22-13-36-55
▲スキル発動時にはカットインが入る。

味方を育ててパーティ編成!

味方になったキャラクターは“強化”や“進化”による育成が可能だ。

【強化】
不要な召喚獣を消費し、対象の召喚獣をレベルアップさせる。レベルアップすると各種ステータスが上昇する。

Screenshot_2016-03-22-14-12-23
 Screenshot_2016-03-22-14-12-46


【進化】

進化素材を消費し、対象のキャラクターを1ランク上のレアリティに進化させる。進化素材はボスドロップなど、ゲーム中のさまざまな場面で手に入るぞ。進化させた召喚獣は能力が底上げされた状態となり、育てることでより強力に成長していく。

11Screenshot_2016-03-04-19-20-09
 11Screenshot_2016-03-04-19-20-29

お気に入りのキャラクターや召喚獣を育成し、長い冒険の旅をいっしょに戦い抜こう!

NPCと絆を深める“好感度システム”

チュートリアルを終えたあと、最初のエリアでは“メイドアンジェ”がNPCとして冒険についてきてくれる。NPCはエリアごとに存在し、戦闘に参加してプレイヤーを助けてくれる頼れる存在だ。

 Screenshot_2016-03-04-19-25-04

この「…」の吹き出しが出ているときにNPCにタップすると、NPCとの会話を楽しむことができるぞ。

Screenshot_2016-03-22-13-02-01

上の画像を見ると、“好感度”というゲージの存在に気づくはず。ゲームには“好感度システム”が存在し、会話によってNPCの好感度を上げることが可能だ。

 Screenshot_2016-03-22-13-02-15
 会話のほかに、贈りものをすることで好感度を上げる方法もある。
 Screenshot_2016-03-22-13-03-35

交流を重ねて好感度がMAXになるとそのNPCのカードが手に入る。カードを手に入れたら、以降はほかのエリアでもパーティメンバーとして編成できるようになるぞ。NPCとの絆を深め、戦力を強化していこう! なお、現在も絶賛開発中である為、CBT本番では何かしらの変更があるかもしれない。

事前登録まだまだ受付中!

そんな『トリックスター ~召喚士になりたい~』の気になる配信時期は5月中旬予定と、まだまだ少し先。公式サイトでは現在、事前登録を受付中だ。キャンペーン期間中に事前登録をすると、サービス開始時にさまざまな特典がプレゼントされるぞ。

3231f437a9a179c211cf15b4f5776b541

事前登録キャンペーン:2016年2月16日~サービス提供開始まで

※事前登録はこちら

20160322_プレスリリース

また現在、公式サイトでは“豪華賞品召喚キャンペーン”も実施中!タブレットやPlayStationといった商品が当たるかも?なお得なキャンペーンとなっているので、是非とも参加しておこう!

豪華賞品キャンペーン期間:2016年3月22日~4月11日午後11時59分まで

※豪華賞品キャンペーンの詳細はコチラ

※事前登録はこちら

トリックスター 召喚士になりたい

ジャンル
ボード型RPG
メーカー
ステアーズ
配信日
Android:2016年5月中旬予定 / iOS:2016年5月中旬予定
価格
基本プレイ無料(アイテム課金制)
対応機種
iOS6.0以降、Android2.3.3以降(一部非推奨端末あり)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧