1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第512回『第三次アルテミス内閣発足』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第512回『第三次アルテミス内閣発足』

2016-03-04 16:51 投稿

第三次アルテミス内閣発足

覚醒アルテミスが完成したので、さっそくパーティーを作ってみた。

 512-1

これが、第一次アルテミス内閣の閣僚たちだ。サブメンバーを選んだ理由は至極シンプルで、ハイパーであること、火力が高いこと、そして覚醒スキルで2体攻撃を持っていること。加えて、この面子だと封印耐性が100パーセントなので、なにかと使いやすいかな……と思った次第である。

ためしに、このときに来ていた降臨チャレンジのゼウス&ヘラに潜ってみたところ、HPは無尽蔵と言っても過言ではない(こともない)86664。

「これwww よっぽどのことがない限り死ぬわけないじゃんwwww」

ヘラヘラ笑いながら(ヘラだけに)木と水の2コンボを意識しつつダンジョンを進み、アッと言う間にボス戦に。しかしここで“慢心”という名の不治の病が発作を起こし、ゼウス&ヘラの根性にも行く手を阻まれてあえなくゲームオーバーとなってしまった。

 512-2

試し斬りとしてはまずまずの結果ではあったが、同時にいくつかの問題点も浮上してきた。

まずは、バインドに弱いこと。喰らってしまったら回復の手段もないので、その瞬間に手詰まりになってしまう。そしてもうひとつ、何気に致命的なのが、覚醒スキルの操作延長が少ないことだ。ヴェルダンディとヴィシュヌがひとつずつ持っているので1秒追加にはなっているのだが、ふだん使っている覚醒バステトパだと3秒も延長になっているのでその差は歴然。体感的には、3コンボ分くらいの時間を失ったように感じた。

そこでさっそく、第二次アルテミス内閣の組閣に入った。第一次政権の弱点であった“バインド耐性”、“操作時間延長”を考慮し、覚醒フレイヤ、劉備を外して、覚醒バステトと覚醒セレスを新たに組み込む。これにより、バインドを喰らったときのカウンターが生まれ、操作時間も1秒追加となった。その結果、

 512-3

ゼウス&ヘラは余裕で撃破!!! ……「余裕!」とか言っているわりにHPはぎりぎりだけどな!!w ついでに、我が因縁の相手であるサンタクロースも、

 512-4

まったく問題ナシ!!! この結果を見て、俺はひとつの確信をする。

「高HPの安心感と、木と水の2コンボだけで攻撃力4倍を出せる簡単設計は、まさに俺向きのリーダーと言える。……これからは、覚醒アルテミスの時代や!! まもなく5年目に突入するプラントアーミーズは、覚醒アルテミスの力を得てさらに飛躍するのじゃ!!!」

このあと、火属性のスルトをどうしても倒せなくて、覚醒バステトをクラジュ=マキナに変更。クラジュ=マキナは覚醒スキルに操作延長をふたつも持っているので、覚醒バステトと入れ替えてもマイナス点はほとんどなかった。

しばらくは、このパーティーでダンジョン攻略を楽しんでいた。クラジュ=マキナを入れたので、プラントアーミーズの天敵である火属性のダンジョンも大手を振って闊歩できるようになり、楽しいったらない。

「覚醒アルテミスパ、完成か??」

そんなふうに思い始めたあるとき、ふいに“穴”があることに気づいた。額に脂汗を浮かべながら、俺はひとりごちる。

「覚醒アルテミスのリーダースキルを発動させるには、最低でも3つの水ドロップが必要だ。……しかしこの面子だと、盤面から水ドロップが消えた瞬間に最高倍率を出すことができなくなってしまう。なぜなら、水ドロップを生み出すスキルを持ったモンスターがいないから……!」

パズドラを遊び始めてから、まもなく4年。その間に俺は一度たりとも、水ドロップを必要とすることがなかった。ゆえに、水を生むドロップ変化を持つモンスターが1体も……。

「いや、待てよ……」

モンスターボックスを開いた俺は、“ある確信”を持ってズラリと並ぶサムネイルを眺めていった。確か……いたはずだ。“ないがしろにされがちなモンスターNo.1”、“レアガチャから出て欲しくないモンスターの代表”と言われて久しい“彼ら”が、俺の求める力を持っているはず……!

「……あ、いた!! キミだ!! ……よかったぁ」

目当てのモンスターを発見し、安堵のため息を漏らす俺。内心、何度か行った断捨離のときに売ってしまったかもしれない……と思っていたからな。

俺が探していたモンスターは、ズバリこの子である。

 512-5

……そう!! マリンライダー・バードロビン!!! ゴッドフェスで引いちゃった日には、「オメーはガチャドラの腹に戻れ!!!(怒)」と言われがちな存在であるが、いまの俺にはコイツが持つスキル“ダブルドロップ変化・木水”(水ドロップを木に、回復ドロップを水に変化)こそが必要なのである!!

しかし、まったく使っていなかったので当然なのだが、バードロビンのスキルレベルは“1”のままだった。これでは、百戦錬磨の高難度ダンジョンにいったときに足を引っ張るのは間違いないだろう。そこで調べたところ、バードロビンのスキル、ダブルドロップ変化・木水は、あのアーマーオーガが持っていることが判明したではないか!! アーマーオーガの出現率ときたら、都会の街路樹で鈴なりになっているムクドリや、神社の庭でカクカクと首を前後に揺すっているドバトと同じレベルである。要するに“うじゃうじゃ”なのだ。しかもちょうどこのときは、スキルレベルアップ4倍のキャンペーン期間だった。

「イケる!!! 速攻でスキルマにできるぞ!!! バードロビンが完成したら、第三次アルテミス内閣発足や!!!!」

そして、バードロビンをスキルマにするためのアーマーオーガ集めが始まったのだが……!

長くなったので、続きは次回~!

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]

【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ

【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧