1. サイトTOP>
  2. 【事前登録】三国志×ストラテジーの相性抜群! 新作SLG『三国志タクティクスデルタ』を先行プレイ

【事前登録】三国志×ストラテジーの相性抜群! 新作SLG『三国志タクティクスデルタ』を先行プレイ

2016-03-03 12:00 投稿

三国志の本場から第一級のSLGが上陸!

タクティクスデルタ_logo

『三国志タクティクスデルタ』は、中国のKONGZHONG(コンゾン)より、中国・台湾・韓国を中心に、世界市場へ向けて配信されているスマートフォンゲーム。

台湾のGoogleplayにおいては、2015ベストゲームにも選出された実績を持つタイトルだ。

本作は、手持ちのユニットを自由に配置して、敵の拠点を攻め落としたり、自分の拠点を守ったりすることを目的として戦うシミュレーションゲーム

ユニットや拠点の成長要素も用意されており、自分の拠点を発展させながらユニットの収集や育成を進め、戦力を増やしておくことが重要な要素となる。

今回は、そんな『三国志タクティクスデルタ』がついに日本国内でもリリースされるということで、筆者がひと足お先にプレイした感想をお届け。

また、既に事前登録もスタートしているので、気になる人はすぐに登録しておこう。

※画像はβテスト版となります。リリース時には変更されている可能性もありますので、予めご了承ください。

『三国志タクティクスデルタ』ってどんなゲーム?

1.自軍の拠点を拡充しよう

09

本作は、プレイヤーが自分の拠点を自由に拡充し、他のプレイヤーの拠点に攻め込んだり、逆に攻め込まれたりしながら戦うリアルタイムストラテジー

プレイヤーはまず、拠点に施設を建設することで、自陣の拡充を行っていく。

施設の建設にはゲーム内通貨の”金”や資源の”糧”が必要になる。金と糧はゲーム内の生産施設で生産可能だが、もしそれらが不足しているときは馬蹄銀(=課金アイテム)でも建設可能。

06
05
▲施設を選択後に、自分のフィールドの好きなところに建設できる。

ゲーム開始直後は施設を増やしていくための資源が不足しているので、金鉱山や糧工房といった生産施設を建設し、金や食糧を確保しよう。

金の貯蔵庫や糧の貯蔵庫を配置することで備蓄しておける資源の上限が増えるので、こちらも並行して増設しておくのがオススメだ。

07
▲資金源となる金鉱山は、早めにふたつ作っておきたい。

ある程度の資源が確保できたら、次は軍事施設を増やしていく。主将砦や練兵所を建設すると、武将や兵士などのバトルで使えるユニットを配備できるようになり、他プレイヤーの拠点に攻め込む際や自分の拠点を防衛する際に活躍してくれる。

特に防衛時は、ユニットは拠点に設置した施設から出撃することになるため、宮廷や生産施設などの重要な施設を守るように配置しよう。

そのうえで、拠点全体を城壁で囲ったり、矢倉や迫撃砲を設置したりするなど、防衛施設を充実させることで、さらに盤石な守りを固めることもできる。

city
▲武将や兵士ユニットの配置に加え、防衛施設も充実させておこう。備えあれば憂いなしだ。

2.武将とともに敵陣を攻めよう!

自軍の拠点が整ったら、手持ちのユニットを使って他プレイヤーの拠点に攻め込もう。

敵の武将や兵士ユニットを倒して拠点を制圧することができれば、資源を奪い取ることができる。これらの“生産→施設増強→バトル”という流れをくり返して、さらに自軍を強化していこう。

08
▲ユニットには近距離タイプや遠距離タイプ、HPの多い壁役のもの、スピードが速いものなど、種類はさまざま。
Screenshot_2016-02-24-18-10-39
▲他プレイヤーの拠点を攻める! ユニットはアイコンを選択してからフィールドをタップすることで拠点外の好きな場所から投入することができる。フィールドに出した後はオートで敵陣を攻めてくれるぞ。

武将の収集&育成要素が盛りだくさん

本作でプレイヤーが使用するユニットの中心となるのは、三国志に登場する武将たち。武将は個々の戦闘力が非常に高く、拠点に建設した主将砦1つにつき1体の武将を配備できる。本作ではこれらの武将をコレクションできるほか、ステータスの強化や装備の選択、スキルの付与などによって、プレイヤーそれぞれの好みに合わせたオリジナルな武将を作り上げることができる

武将は拠点の“主将砦”に配置することでチームに組み込まれ、バトルで使用できるようになる。自分好みに育てた武将たちを集め、自分なりの個性あるチームを作り上げよう。

また、武将を入手する方法は武将酒場(ガチャ)で集めるだけではなく、戦闘やストーリー、合成、演武場ランキングボーナスなどさまざま。

本作には100種類以上の三国志武将が収録されているため、“武将を収集する楽しさ”はTCG(トレーディングカードゲーム)のような感覚にも近い。

コレクター気質のプレイヤーなら、きっとやみつきになること請け合いだ。

hero
▲単純なステータスの強化だけでなく、特定の武将どうしを配置することで武将間の“絆共演”が発生するなど、成長要素はさまざま。
equip1
▲装備を強化することでもステータスを上げられるため、やり込み要素は多い。

使えるユニットは武将だけじゃない

本作では、武将以外にも数十タイプの兵士ユニットが用意されている。兵士ユニットは拠点に練兵所を設置することで配置でき、バトルでは武将といっしょに戦ってくれる。

兵士ユニットの個々の戦闘力は低いものの、練兵所を強化していくことで出撃させられるユニットの種類や数も増えていくため、ときには兵士ユニットの編成が戦局を左右することも。

兵士ユニットはそれぞれ持っている能力や得意な分野が違うので、戦略に合わせて効果的に配置しよう。

soldier
▲略奪で力を発揮する盗賊や遠距離攻撃ができる召喚士など、兵士ユニットの種類は豊富。さらには攻城兵器や南蛮象のような大型のユニットも!
Screenshot_2016-02-24-12-58-40
▲兵士ユニットは1つの練兵所から多数出撃させることができるので、有効に活用しよう。

拠点を発展させたら対人戦も

本作では他のプレイヤーの拠点へ攻め込むことができるかわりに、自分の陣地に攻め込まれることもある。資源を奪われないように各施設を強化して、戦力を充実させておこう。

資源を生み出す施設や、装備などを作り軍事力を上げる施設、そして拠点を攻めこまれた際に役立つ防衛のための施設など、拠点に建設できる施設の種類は多種多様。

“資源がなければ軍事を強化するのは難しい”し、“戦力が低ければ資源を確保できない”という風に、それぞれの要素は密接に絡み合っているため、なるべくバランスよく発展させていくのがコツだ。

ゲーム開始時は籠城モードと呼ばれる状態で、他のプレイヤーからは略奪されない。ただし、自分から他プレイヤーに対して一度でも“略奪”を行うと、籠城モードは解除されてしまうので注意。

籠城モードが解除されてからは他のプレイヤーから狙われる立場になるので、拠点の防衛力にも気を配るようにしよう。

他のプレイヤーに攻めこまれて略奪されると、再び自動的に籠城モードへと変更される。略奪された度合いによって、籠城できる時間の上限が決まるようだ。

Screenshot_2016-02-24-18-09-27
▲履歴から、自分の拠点がどのように攻めこまれたのかを動画で確認することもできる。壊滅的なダメージを受けてしまった場合は籠城モードの時間が延びるので、そのあいだに拠点を立てなおそう。

ストーリーを追うクエストモードや武将同士のガチンコバトルも

今回の事前プレイでは遊べなかったが、資源を奪い合う通常の対人戦の他にも、拠点を使わず武将同士で戦う対人戦や、ボーナスがもらえるひとり用のクエストも豊富に用意されている。

クエストモードは三国志の歴史を再現したストーリーを攻略していくもので、自分ひとりで完結した遊びになっているため、短い時間を利用してゲームを楽しむことができる。

また、他のプレイヤーとの同盟(ギルド)を組んで相互支援やコミュニケーションが取れる要素や各種ランキングなど、コンテンツは豊富に用意されている。自分のスタイルに合わせた遊びかたを探してみよう。

tactics
▲ゲームが進めば、戦場に多大な影響を与える“計略”を扱うこともできる。
story1
▲1人用のクエストモードでは三国志の名場面を体験できる。ここでバトルのコツに慣れておくのもオススメだ。

三国志タクティクスデルタ

ジャンル
ストラテジー
メーカー
KONGZHONG JP(コンゾン・ジャパン)
配信日
3月中旬予定
価格
基本プレイ無料(アイテム課金型)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧