1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 『パズドラ』4周年記念の新テレビCMで嵐が大冒険

『パズドラ』4周年記念の新テレビCMで嵐が大冒険

2016-02-19 16:02 投稿

01 パズドラ4周年おめでとう!
パズル&ドラゴンズ 4th Anniversary

覚醒キングゴールドネッキー・フォース付き
amazonでの購入はこちら

2月20日よりオンエア

『パズドラ』が配信4周年を迎えることを記念して、人気グループ“嵐”を起用した新作TV-CM”いくぜ!パズドラ!”篇(30秒)が2月20日(土)より全国でオンエア開始される。
下記の『パズドラ』シリーズ4周年記念CM特設サイトでは、60秒の特別バージョン本CMのメイキング映像も視聴可能だ。
『パズドラ』シリーズ4周年記念CM特設サイト:http://pad.gungho.jp/member/unei/arashi_2016/

■TV-CMについて

国民的スマートフォンゲームの先駆者として、新しいゲームの地平を切り開いてきた『パズドラ』。4周年を迎えても、新たな喜びを提供していくために進化を続けていく、そんなパズドラの意気込みを、同じく国民的グループとして進化し続けている「嵐」が新作TV-CMを通じて表現。今回の新作TV-CM“いくぜ!パズドラ!”篇では、パズドラの5つの属性、火水木光闇をイメージしたファンタジーな世界に迷い込んだ嵐が、行く先々で摩訶不思議な体験をする。

※以下リリースより抜粋

■新作TV-CMのストーリー

月明かりと満天の星空の中、松本さんが森林の中で横たわりながら、
空を眺めています。すると、相葉さんが現れ、松本さんの身体を引き上げます。
大量の矢や銃弾が飛んでくる中を全速力で駆け抜ける「嵐」のメンバー。
たどり着いた急峻な崖を飛び越え、空を目掛けて垂直にジャンプすると、
天地の重力が逆転、「嵐」のメンバーの目の前に巨大な魚が現れ、
絶体絶命のピンチ。そのまま魚に飲み込まれると、そこは海の中。
突如人形劇のようなアニメーションに切り替わり、メンバー全員、
二次元の紙人形に変身。追いかけてくるタコから逃れるように、
加速していくと、二宮さんが壁の穴に到達します。そこは黄金でできた
迷路のような空間になっていて、奥に見えるメンバーたちと
合流しようとすると、今度は手書きのアニメーションに変化した二宮さんが、
猛スピードで空間を駆け抜けます。何とか出口にたどり着いたと思いきや、
舞台は野外のパーティー会場へと切り替わり、そこには櫻井さんと
大野さんの姿が。至るところで松明が燃えていて、人々が大音量の音楽に
合わせて踊っています。人ごみを避けて走る櫻井さんに、
サーカス団員が突然火を吹きつけると、一瞬にして体が炎に包まれ、
舞台は暗闇の世界へと移ります。かすかな紫色の光を頼りに、
周囲を見回す松本さん。別世界の入口へと続く一筋の光が差し込まれている
その場所には階段が。メンバー全員で一斉に駆け上がり、
未来都市に到着すると、西暦“2016”年の数字が変化していき、
“20XX”年の未来であることを表します。最後は、
「4th ANNIVERSARY PUZZLE &DRAGONS」の文字と共に、
「いくぜ、パズドラ」という勢いのこもった「嵐」のコメントが入ります。
■撮影エピソード

◇メンバー同士の絆を感じさせる優しい気遣い

仰向けに寝ている松本さんを、相葉さんが手を引いて起こすシーンで、
右手をそっと松本さんの体に添えた相葉さん。すかさず松本さんから、
「相葉さん、優しいですね」というコメントが飛び出すと、
相葉さんは照れ笑いを浮かべながら、「左手だけじゃ上がらないから
添えるんだよ!」と右手を添えた理由を説明していました。
また、森の間を全速力で疾走するシーンでは、障害物を越えながら、
カメラ目線で走るというお芝居に臨む相葉さんに、松本さんが
「気をつけろよ」と助言。そうした心遣いが功を奏したのか、
息ぴったりの演技を披露した二人は、数テイクでOKを出し、
笑顔でハイタッチを交わしていました。

◇櫻井さんも太鼓判を押す松本さん&相葉さん迫真のお芝居

崖から松本さんと相葉さんが思い切りダイブするシーンで、
二人の迫真のアクションをすぐ近くで見守っていた櫻井さん。
「すごい!めちゃくちゃ飛んでいたよ」と驚いた表情で拍手すると、
「松本さんと相葉さんのジャンプは要チェックだね」と
興奮気味に語っていました。

◇自らのアイデアで現場を活気づかせる松本さん

闇の中で松本さんの目がクローズアップされるシーンでは、
目を見開いた状態で撮影が行われる予定でしたが、
「目を閉じるパターンにもトライさせてください」と、
松本さんが自ら監督に提案。このTV-CMを本当にいいものにしたいとい
松本さんの思いが周りのスタッフにもビシビシ伝わってきて、
現場は大いに盛り上がりました。

◇抜群のバランス感覚を披露した大野さんのワイヤーアクション

巨大な魚に飲み込まれるシーンでは、全員がワイヤーアクションで
空中をさまよう演技を撮影しました。事前に監督から
「無重力の中で、なんとか前に出ていくような表現をお願いします」という
オーダーがありましたが、なかなか重心が定まらず、
時には逆さまになってしまう場面も。そんな中、抜群のバランス感覚を
披露していたのが、このカットでクローズアップされる大野さん。
あっという間にコツを掴むと、OKテイクを連発し、監督も
「すごくいい!」「アクション、バッチリです!」と絶賛していました。

◇3メートルの高さから空中に向かってダイブする二宮さん

摩訶不思議な世界に放り込まれ、なんとか出口を見つけて
進んでいくという難しいお芝居が要求された二宮さん。
「戸惑っている感じを出すために、一度後ろを振り向いた方がいいですか?」と、
積極的に監督とコミュニケーションを交わし、演技の精度を高めていました。
出口と思われる窓から身を乗り出して、空中に飛び出すシーンでは、
3mの高さからクッションに向かって倒れ込むアクションにも挑戦。
クッションがあるとはいえ、高さのあるところから力を抜きながら
倒れ込むという難易度の高いアクションながら、わずかなテイクで
OKを獲得すると、現場から大きな拍手が沸き起こりました。

◇炎のパーティー会場で魅せる櫻井さんのスピード感溢れるアクション

「火」の世界の象徴ともいえるパーティー会場のシーン。
炎のジャグリングや炎のフラフープなど、炎を巧みに操る
サーカス団の演技に興味津々の櫻井さんは、何度もその演技を見ながら、
「すごいですね」と驚いていました。櫻井さんに求められたのは、
人ごみを避けつつ、置いてあったドリンクを巧みに取って飲みながら、
さらに走り抜けるというアクション。タイミングが非常に重要な
要素占める演技でしたが、難なくOKテイクを獲得した櫻井さんは、
50人以上いるエキストラに向かって、感謝の指笛を披露し、
拍手をしながら労をねぎらっていました。そして、そんな優しい
心遣いを見せた櫻井さんに、今度はスタッフからサプライズが。
誕生日が近いということで、バースデーケーキが贈られると、
櫻井さんは満面の笑みを浮かべ、ろうそくの火を吹き消していました。
■「嵐」インタビュー

――4周年を迎えたパズドラのTV-CM撮影はいかがでしたか?
【相葉さん】:今回はファンタジーのある世界観と疾走感のあるCMでしたよね。
【櫻井さん】:けっこう走ってたよね?
【相葉さん】:松潤と一緒に、メッチャ走って、メッチャ飛びました。
【櫻井さん】:すごいよね。あんなに人って飛べるんだなって。
【二宮さん】:俺らが一番感動していたよね。
【大野さん】:しかも一発OK。
【相葉さん】:あのシーンは自力で飛びました。
【松本さん】:他にワイヤーアクションで飛ぶシーンもありますし。
【櫻井さん】:撮影としては結構大掛かりですよね。
【相葉さん】:すごく豪華なCMになったと思います。

――今回のTV-CMでは、さまざまな予想外のシーンを巡りますが、
もし嵐の皆さんが「どこに行ってもいい」と言われたら、
どこに行ってみたいですか?
【松本さん】:僕は宇宙かなぁ。
【櫻井さん】:あー、言われた(笑)。
【松本さん】:実際に俺らが生きているうちに行ける可能性がありますからね。
【櫻井さん】:あと、50年ぐらい生きられたら、あるかもね。
【松本さん】:長生きしなきゃな。
【大野さん】:地球を宇宙から見たいよね。
【櫻井さん】:そういえば、惑星の並びで水金地火木土天海冥ってあるでしょ。
最近、冥王星が準惑星になって、そう言えなくなっちゃったのね。
まあ、どうでもいいんだけど(笑)。
【松本さん】:今じゃなくてよかった(笑)。
【櫻井さん】:それぐらい遠いところまで行ってみたいよ。
【松本さん】:いやいや同調しないで(笑)。僕は、宇宙です。皆さんは、どうですか?
【相葉さん】:宇宙かハワイだね。
【二宮さん】:ハワイでいきましょうよ。
【相葉さん】:いや、やっぱり宇宙かな。みんなが宇宙に行くなら、俺も行くよ。
【櫻井さん】:みんなでハワイ行ったのは2年前だっけ?楽しかったよね。
【相葉さん】:また、5人で行きたい!

――TV-CMのオンエアが始まる2月20日は、パズドラの誕生日ですが、
メンバーの皆さんで誕生日を祝ったエピソードがあれば教えて下さい。
【櫻井さん】:なんだかんだで毎年お祝いしていますが、最近、祝ったのは……。
【相葉さん】:俺かな。12月24日のコンサートで、お客さんとメンバーと
スタッフさんからケーキをいただきました。
【櫻井さん】:5万人近くの人たちからお祝いをいただく機会ってないでしょう。
【相葉さん】:5万5人からいただきましたね。
【櫻井さん】:いやいや、5万4人だよ。なんで自分で祝っているんだ(笑)。
【相葉さん】:いつもそうなんだよね。自分を数えちゃう(笑)。
【二宮さん】:5万4人です。
【相葉さん】:すごいよね。そんな経験ができるなんて、
みんなには本当に感謝しかありません!

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧