1. サイトTOP>
  2. 『ファンキル』コラボカフェを”異族の大将”と満喫してきた

『ファンキル』コラボカフェを”異族の大将”と満喫してきた

2016-01-04 17:13 投稿

池パルで~異族の大将に~出会った~

        DSC_0575

2016年1月1日(金)から1月17日(日)までの期間、池袋P’PARCO B2Fのニコニコ本社に『ファントム オブ キル』(以下、『ファンキル』)のコラボカフェ“ファンキルカフェ”がオープン。

カフェのメニューには『ファンキル』にちなんだコラボフード&ドリンクが取り揃えられていたほか、でんぱ組.incメンバーによる直筆メッセージ入り絵馬の展示やグッズ販売なども行われている。

さらにコラボメニューを1品注文すると、『ファンキル』オリジナルペーパーコースターが1点プレゼントされるということもあり、オープン前から話題になっていた。

そんな情報が出回ってから数日たったある日のこと。記者のもとに友人(?)から一通のメッセージが届いた。

そこに記されていたのは「1月1日にカフェ来てくれるんやろ? よろ!」というもの。その差出人でもある友人(?)とは、現在“『ファンキル』の裏イメージキャラクター”として水面下で活動を続けている“異族の大将”その人(?)だった。

異族の大将は昨年の後半ごろからニコニコ公式生放送『ファンキルベース』にたびたび登場しているため、“中の人含め”ファンの中でもじわじわと名前が浸透している人物である。

■異族の大将(@Phantom_of_izok)

※異族の大将のTwitterアカウント(@Phantom_of_izok)はこちら

dehL2ofM

大将直々の誘いに加えて、いちファンとしてもファンキルカフェに興味があったのも事実。

ちょうど大将がオープン初日の1月1日にカフェを訪れるとのことだったので、記者も同日に赴いたのであった。

※ファンキルカフェ特設サイトはこちら

大将による全力サービス

DSC_0578

記者がカフェに到着すると、件の異族の大将がお出迎えをしてくれた。こんな身なりだが、ゴリゴリの関西弁を話すことから関西人説が浮上している

ちなみに大将の左横にある巨大な絵馬が、でんぱ組.incメンバーのメッセージ入りの巨大絵馬。メンバーそれぞれの願いごとが直筆で記されているので、でんぱ組.incファンならばぜひ実物をその目でチェックしてもらいたい。

DSC_0545
 DSC_0547

店員のお姉さんに席へ通してもらい、さっそくフードを注文。コラボメニューではフードが7種、ドリンクが9種用意されており、いずれも『ファンキル』のキャラクターにちなんだものになっている。

■フードメニュー

11
12
14
13
 15
10
16

 

■ドリンクメニュー

 01
 02
 04
 05
 06
 07
 08
 09
 03

せっかくなのでお気に入りキャラの名の付くメニューにしようと思ったのだが、横か「いやいやそこは大将メニュー頼むやろ! ふつう!」(大将)といった野次が飛んできたので、しぶしぶ“大将のしぼり汁”“マサムネ手作りオムライス~材料はすべて忠義でたたっ斬りました~”をオーダーした。

DSC_0615
▲こちらがマサムネ手作りオムライス。スキル”華炎千斬り”を習得するときのエピソードを思い出しながら食べると思わず頬が緩んでしまう。
DSC_0589
▲大将のゴリ押しのもと注文した”大将のしぼり汁”。味はいわゆる”バナナミルク”のそれで、名前に反してすっきりとしたバナナの甘みが絶妙なひと品だった。

また、今回のコラボカフェではコラボメニュー1品注文につき、オリジナルペーパーコースター1点がランダムでプレゼントされる。

ペーパーコースターは全8種となっており、でんぱ組.incメンバーのコラボユニットが描かれた3種は配布期間が決まっている。推しメンのコースターが欲しい人は事前に配布日をチェックしておこう。

※ファンキルカフェ特設サイトはこちら

cst
DSC_0613
▲記者は”レーヴァテイン&フライクーゲル”と”アスカロン&グリモワール”をゲット。

グッズコーナーには新商品が目白押し

DSC_0553

大将の「グッズコーナーも見てってや!」という変わらぬ強引な誘いにより、一同は併設されているグッズコーナーへ。

本グッズコーナーでは、おなじみの“オリジナル水着レーヴァテインTシャツ(3500円[税込])”“ファンキルタオル(3000円[税込])”などに加え、新商品“オリジナルアクリルキーホルダー(各900円[税込])”、お正月ならではの“ファンキル缶バッチみくじ(1回400円[税込])”“ファンキル絵馬(1000円[税込])”などが発売されていた。

※缶バッチはランダムでの販売となります。

goods
DSC_0554
DSC_0562
DSC_0559
▲大将のイチオシがこのアクリルキーホルダー。2頭身にデフォルメされたキル姫たちが激かわ!
キーホルダー
DSC_0565
▲アクリルキーホルダーは、(写真左から順に)ロンギヌス、芭蕉扇、シェキナー、マサムネ、レーヴァテイン、与一、ティルフィングの全7種。
DSC_0568
▲大将がおみくじに挑戦! 結果は……
DSC_0571
▲コメントに困る小吉……。「おみくじの結果はイマイチやけど、アルテミスの缶バッチがもらえるから小吉でも嫌な気はせんな」とは大将の言。

コラボメニューにグッズ販売、そして何より『ファンキル』ファンどうしの交流も深められるファンキルカフェは、2016年1月17日(日)まで開催中。

まだ年末年始休み中の人はもちろん、すでに仕事や学校がはじまった人も、週末などでぜひ足を運んでみてもらいたい。

ファンキルカフェ詳細

【営業期間】
2016年1月1日(金)から2016年1月17日(日)まで

※OPEN:午前11時~CLOSE:午後9時(カフェ L.O. フード:午後8時15分/ドリンク:午後8時30分)

※ファンキルカフェ特設サイトはこちら

余談:なぜか大将とニコニコ神社に行った件

取材をひとしきり終えたところで、大将が急に「隣に神社あるから行くべ」とひと言。

じつは2016年1月1日~1月3日のあいだ、ファンキルカフェの横にあるイベントスペースにニコニコ神社のブースが設置されていたのである。(※2016年1月4日現在は終了)

DSC_0604

参拝中の様子はニコニコ生放送で配信され、放送を見ていたユーザーがニコ生アンケートで“この方にお年玉を役立ててほしい?”の問いに対して是非orの2択で回答。答えの割合が50%だと、参拝者にお年玉がプレゼントされるというものになっている。

大将の「カフェと『ファンキル』の成功を願って。あとその宣伝やな」という私的理由にもかかわらず、なぜか取材で来ただけの記者もいっしょに参拝をすることに。

ちなみに「カフェのメニューも宣伝せなあかんからな」という理由のもと、記者が頼んだしぼり汁を大将が持ち出したのには甚だ疑問である。

DSC_0593
▲グラスを片手に優雅な佇まいの大将だが、このドリンクは記者が注文したものである(いまだに根に持っている)。
DSC_0600
▲前の参拝者が参拝を行っている最中、カメラにやたらと映り込んでいた大将。
IMG_8867
 IMG_8866
▲『ファンキル』広報の寺氏が撮影してくださった参拝中の様子。池袋P’PARCOの屋外モニターにもバッチリ映っていた。

ニコニコ神社では、参拝を終えると放送内のコメントからランダムで抽出されるありがたいお言葉がプレゼントされる。

大将が”自身から搾り出された(※という設定の)白いしぼり汁”の宣伝を巫女さんにしていたこともあり、「汁を巫女さんに飲ませてれば是非だった」という男性陣の心の声がそこには記されていた。

DSC_0601
DSC_0603

 

ファントム オブ キル

メーカー
Fuji&gumi Games
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧