1. サイトTOP>
  2. 【2016年の抱負】グレンジ・川辺兼嗣氏

【2016年の抱負】グレンジ・川辺兼嗣氏

2015-12-31 12:00 投稿

グレンジ
エンジニア

川辺兼嗣氏

川辺写真①_400

代表作

『ポコロンダンジョンズ』

4色のパネルの中からひとつをなぞってフロアのモンスターたちを撃破し、ダンジョンを攻略していくRPG。プレイヤーユニットの装備や、編成するモンスターによってさまざまな戦略を生み出せるのが特徴。現在では多種多様なコラボ、協力プレイなどの実装で楽しめるように進化し続けている。

 ポコダンキャプチャ_400

(C)2011-2014 Grenge, Inc. All Rights Reserved.

2015年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『城とドラゴン』

チャーミングなキャラクターデザインもさることながら、育てたモンスターでリアルタイムにバトルができるスマホゲームとして、かなり話題になりました。CMソングもとても耳に残っています。

去年は『白猫プロジェクト』や『モンスターストライク』など、ユーザー同士でリアルタイムに協力するアプリが目立ちました。そんな中、「リアルタイム対戦」をメインに据えたタイトルを出したことは大きな挑戦だったと思います。対戦によってアツくなれる部分だけでなく、キャラクターの育成やきせかえなど、こまめに楽しむ部分も程よくブレンドされていて、スマホゲームとしてバランスよく遊べます。また、レベルを揃えて純粋にプレイングスキルを競える「腕くらべモード」も、対戦ゲーム好き向けによく考えられた機能だと感じました。

リアルタイムの協力プレイの流行はまだ続いていて、最近だと『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』や『モンスターハンター エクスプロア』など、コンシューマーゲームのIPのスマホゲームで協力プレイができるようになっていますが、今後、『城ドラ』を始めとしたリアルタイム対戦のゲームがスマホアプリとしてどう浸透していくか、非常に気になります。

13

(C) 2015 Asobism Co., Ltd. All Rights Reserved.

2016年の抱負

2015年は“モンフェス”や“城ドラフェス”など、スマホゲームのリアルイベントをよく耳にした印象があります。かくいう僕も2015年早々に“闘会議”で『ポコロンダンジョンズ』のブースに立たせてもらいました。今後、スマホゲームで友達といっしょに遊ぶシーンはもっと増えていくでしょう。

作り手としては、そのときプレイしている人同士が心からアツくなれる、思い出になる、つまりドラマティックなゲームを提供したいです。ということで、2016年の抱負は、「ゲームでドラマをつくる」。

2016年もよろしくお願いします!

川辺_書_600

 

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧