1. サイトTOP>
  2. 『白猫』&『黒ウィズ』浅井プロデューサーに2015年を振り返ってもらいました

『白猫』&『黒ウィズ』浅井プロデューサーに2015年を振り返ってもらいました

2015-12-30 17:45 投稿

浅井Pの2015年にせまってみました!

コロプラがほこる人気タイトル『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『黒ウィズ』)と『白猫プロジェクト』(以下、『白猫』)。

2015年を席巻したこの両人気タイトルをプロデューサーとして牽引していたのが、浅井大樹(あさい ひろき)氏だ。

SPN_1891_compressed

“浅井P”とユーザーに親しまれている氏は、『黒ウィズ』、『白猫』両タイトルの公式ニコニコ生放送にレギュラー出演、そしてYoutubeでは“浅井Pのお世話にニャっております!”と冠番組をスタートさせ、その勢いはとどまることを知らず。

そんな、2015年のスマホゲーム業界の中心人物のひとりといっても過言ではない浅井Pに、2015年を振り返ってもらう一問一答をお願いしてみた。

Q1:今年を漢字1文字で表すとしたら?

“猫”

今年は『白猫』、『黒ウィズ』の開発・運営にどっぷりの一年でした。
おかげさまで両タイトルともに多くの皆さまに楽しんでいただけており、僕自身も楽しく制作をさせていただいています。

本当に感謝を申し上げたいと思います。

また、個人的に猫を飼い始めたことも理由の一つです。

Q2:今年印象に残ったアニメ、映画、TV番組を教えて下さい

『ジュラシック・ワールド』

Q3:今年一番衝撃を受けたニュースを教えて下さい

『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイク

むちゃくちゃ楽しみです。

Q4:『白猫』、『黒ウィズ』で今年MVPだと思うキャラクターは?

『白猫』ですと悩ましいですが、

“フラン”

かなと思います。

初のクロスセイバーとして登場したキャラクターで、フォースター★プロジェクトの投票では1期で負けてしまいました。しかし、“茶熊学園”で返り咲き、不動の人気を誇るキャラクターに育ってくれました。

『黒ウィズ』では満場一致(?)で

“アリエッタ”

そのキャラクター性・カード性能共に今でもトップクラスに君臨する、2016年を象徴するようなキャラクターです。

 fran2D
▲キャラクター人気投票でも1位を獲得し、茶熊学園、クリスマスイベントでも復刻したフランがMVPだ。

Q5:今年のニコニコ生放送で心に残った出来事は?

『白猫』の放送では1周年の生放送が強烈に印象に残っています。

7月に入ったあたりから、ユーザーのみなさまから一周年に向けてのどことなくソワソワした空気感を僕も感じていまして、それがそのまま爆発したかのような盛り上がりを見せてくれました。

 254
▲来場者数が50万人以上と突破した放送。ユーザーの期待に答え、怒涛の発表がくり広げられた印象的な回だった。

『黒ウィズ』も節目の2周年だったと思うのですが、生放送後に開発メンバーと3人でトークをさせていただいたのが印象深いです。

MCもつかず、たどたどしい感じの生放送でしたが、視聴者のみなさんから優しいコメントをいただけたのを覚えています。

機会があれば、ああいった企画もまたやってみたいですね。

Q6:来年の目標、野望を教えて下さい

『白猫』、『黒ウィズ』ともに、もっともっと“広がり”を感じるようなコンテンツに育てていきたいと考えています。

新しいシステムの追加はもちろん、ゲームという枠を超えた展開(CD化やコラボカフェなど)もしっかりと行ない、より多くのみなさまへお届けしていきたいと思います。

151126_02_compressed
▲2016年1月27日には『白猫』初のキャラクターソングも発売される。

皆さまのおかげで楽しく仕事に取り組めており、感謝の思いが尽きません。
2016年も全力で制作に打ち込みます。

個人的には……あと、何か新しい趣味を探したいです。

Q7:最後にプレイヤーに向けて一言お願い致します

2015年も『白猫』・『黒ウィズ』をお楽しみいただき、ありがとうございました。
チーム一同、みなさまからいただいている反響をはげみに、制作に取り組んでいます。

両タイトルとも、まだまだやりたいこと、リリースしたいものが多くあり、ひとつひとつ仕上げて皆さまのもとへお届けできればと思っています。

2016年も引き続き、『白猫』、『黒ウィズ』でお楽しみください。

2016年も『白猫』、『黒ウィズ』に注目!

浅井Pからいただいたコメントに合ったように、2016年1月17日まで『白猫』×大江戸温泉物語のリアルコラボイベント開催など、勢いをとどまることを知らない両タイトル。

ただ、上質なゲームを提供するだけでなく、ゲームをリアルなイベントへとつなげることにより、プレイヤー同士をつなげ、コミュニケーションの場を用意している印象がある浅井P及びコロプラ。

今後どのような仕掛け、施策を見せてくれるのか、2016年も『白猫』、『黒ウィズ』をはじめ、浅井Pの動向にも注目していきたい!

▲みんなでいろいろチャレンジしてます!

公式白猫wiki運営メンバーケンちゃんのTwitter

白猫新人攻略ライターさあや(/・ω・)/のTwitter

他にもゲーム色々! ファミ通Appのチャンネル登録はこちら

top640

白猫プロジェクト

メーカー
コロプラ
公式サイト
http://colopl.co.jp/shironekoproject/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧