1. サイトTOP>
  2. 【2016年の抱負】KADOKAWA・小菅量平氏

【2016年の抱負】KADOKAWA・小菅量平氏

2015-12-29 12:00 投稿

KADOKAWA
ソフトサービス開発部 プロデューサー
小菅量平氏

 pecos_100kitan

代表作

『妖怪百姫たん!』

日本全国で伝えられているさまざまな妖怪たちが美少女に!! 本作は、そんな彼女たちを仲間にしながら舞台となる”日ホン”全土を旅していくRPG。

リアルタイムで戦況が変わるバトルでは、憑依を使って妖怪をパワーアップ。簡単操作で戦術を変更したり、突破力をあげるなど、奥深い戦闘が楽しめる。

 Screenshot

(C) KADOKAWA CORPORATION 2014

2015年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『城とドラゴン』

MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)のゲームをスマホ向けに作ってみたという観点で見て、ゲームデザインはもちろん、キャラデザ、ゲームのテンポ感、課金ポイント、そしてオリジナリティなどなど、ホント見事でしかないなと。サービスイン以来ずっとハマってやってました。たぶん、これまでのF2Pタイトルの中で(自身へのゲームを除き)いちばん課金したんじゃないかな……。バランス調整も本当にたいへんそうなところも含めて勉強させていただいたタイトルです。

screen322x572[4] 

(C)2015 Asobism Co., Ltd. All Rights Reserved.

2016年の抱負

『妖怪百姫たん!』は2015年11月に1周年を迎えて、ただいま新年のイベントとキャンペーンを開催中です。何とかまた年を越すことができまして、これもひとえにプレイしていただいているあるじの皆様のおかげです。本当にありがとうございます。これからもいろんな妖怪の登場や、楽しい機能を追加実装していきますのでお楽しみに!

『妖怪百姫たん!』は2016年、台湾版を皮切りに日本のみならず海外に飛び出していきます。妖怪たちや日本の伝承を絡めた物語が、どういう形でアジアのあるじに受け取ってもらえるのか、いまからドキドキ楽しみです。後はまあ、新作にもとりかかりたいな!

2016年に向けた一筆

 IMG_2491

 

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧