1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第484回『3年越しの花嫁~中野坂上の奇跡~』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第484回『3年越しの花嫁~中野坂上の奇跡~』

2015-11-17 13:42 投稿

3年越しの花嫁~中野坂上の奇跡~

先週の金曜日(11月13日)、東京工芸大学において、パズドラの山本大介プロデューサーが講演を行った。山本さんが公の場で講演を行うのは2年以上ぶりということで俺も楽しみにしていたのだが、ひょんなことからこのステージを手伝うことになり、観客席からでなく、教壇の上で山本さんの話を聞くことになった。詳しい内容はすでに記事になっているのでそちらをご覧いただきたいが、この講演をお手伝いしたことにより、俺は思わぬ幸運に恵まれることになったのである。

講演の発起人……というか山本さんを招聘したのは、同大学で教授を務めている岩谷徹さんだった。岩谷さんと言えば……そう!!  『パックマン』の生みの親にして、ゲーム業界の生ける伝説ッ!! この人の存在なかりせば、現在のビデオゲームの市場も発展もクリエイターも生まれなかったと断言できる、レジェンド中のレジェンドなのだぁぁぁぁああああ!!!!(大興奮)

ファミ通で15年以上もニュース担当をしていた俺も、岩谷さんにお会いするのは初めてだった。今回、山本さんの講演を手伝うことになった大きな理由のひとつに、

(お手伝いすればきっと、レジェンドとお近づきになれる……!!)

という打算があったことは否定しない(身も蓋もないが)。そして実際、無事に講演を終えたあとのプチ打ち上げに岩谷さんも合流してくれ、俺と山本さんはテレビゲームの黎明期(ホントのホントに黎明期。ファミコンが登場するずっと前)のメチャクチャ興味深くておもしろいお話を、数時間にわたって拝聴することができたのである。打ち上げを終え、駅に向かう道すがら、俺と山本さんは口々に、

「いやぁ……奇跡の夜でしたね……」(山本)

「ヤバすぎです……。何かいいことが起きそうな気がします」(角満)

と、恍惚の表情で言い合った。ぶっちゃけ、東京工芸大学にいますぐ入学したいくらい、いい影響を受けまくった。

その夜--。

家に帰りつき、飼いネコのミュウの顔を見た瞬間に、俺はこの日がゴッドフェスの開催日だったことを思い出した。じつは岩谷さんが打ち上げに合流する直前に山本さんと、「せっかくだからみんなでいっしょにゴッドフェスを回しましょう!!」と話し合っていたのだが(岩谷さんもランク200オーバーのパズドラーなのだ)、ゲーム業界を舞台にした酒飲みトークがあまりにもおもしろくて、完全に頭から飛んでしまったのだ。

「ああ……。せっかくの機会だったのに、惜しいことをした……」

この日唯一の反省点だとちょっとだけ落ち込むも、「これは……また同じメンバーで集まるという、約束手形みたなものだな」と思い直した。そして、

「奇跡の余韻が続いているかもしれないから、自分で回すかな!」

俺にしては珍しく前向きな気持ちで、レアガチャに臨むことを決めたのである。

しかし思い返してみると、俺はここ数回のゴッドフェスで惨敗続きだった。ゴッドフェスは毎週やっているわけではないから、“数回=数ヵ月”ということになる。とくに前回はヒドくて、4回回したうちの3個が銀タマゴで、唯一出た金タマゴもネコ(ミュウ様)にお情けで出してもらったようなものだったのである(その中身もすでに覚えていない)。それでも……。

「今回……いや、今日は回そう。なんだかいい予感がするし」

いい予感が当たった試しがあったろうか……と自分で思わなくもなかったが、こういうときはやらないよりやったほうがいい。しかも今回はゴッドフェスと同時に木フェスが併催されていたので、いままで出会うことが叶わなかった思い人たちとの邂逅が実現するかも……!

魔法石の数は、18個。コツコツと貯めた、俺にとってはかけがえのない財産だったが、ありったけ突っ込んでしまえ。

「よし、まずは1回目!」

躊躇なくレバーを下ろすと……!

 484-1

「おっしゃ金タマゴ!!! 幸先ヨシ!!!!」

そして、ガチャドラの腹を割って出てきたのは……!

 484-2

おおおおおお!!! 俺にとっては初お目見えの、秘神・オーディン!!!!

「うひょおおおお!!!! いきなりフェス限キタァァァァアアア!!!」

そして、ボソッと付け加える。「……まあ水属性の時点で、角満軍団では出番がないんだけど。ゴメンな、青オデン」。

いやしかし、使うことのないモンスターとはいえ、のっけからフェス限が出たのは僥倖と言える。俺は、まもなく日付が変わってしまう……という11月13日午後11時過ぎに再びガチャルームに入り、残る2回のゴッドフェスに臨んだ。

「さあ、あと2回!! 一気にいこう!!!!」

迷うことなくレバーを下ろすと、出てきたのは……!

 484-3

「うおおおお!!! またまた金タマゴ!!! 今日はやっぱり外す気がしない!!!」

そんな、麗しの金タマゴを割って飛び出したのは……!

 484-4

俺の頬をタラリと一筋、冷たい汗がつたった。

「ミ、ミネルヴァか……。……貴様よくも対象モンスターじゃないくせに、しかも木フェスをかいくぐって出てきてくれやがったな……」

奇跡の夜のいい予感を、ダークな予兆が押し戻そうとしていた。ダークな予兆の伸ばした腕がいい予感のマワシを取り、そのまま豪快な上手投げが飛んできそうな気配である。しかし、この日の俺がくじけることはなかった。

「いや!! あと1回ある!!! まだ今日は、木のモンスターを引いていない。……きっとつぎは、木属性のモンスターだ!!!」

奇跡の夜である以上、ネコ引きはまったく考えていなかった。自分自身の手で、必ずや結果を出してやる!!!

もう迷うことはない。俺は3度目のガチャルームの人となり、

「さあ来い!!!! まだ見ぬ木属性の仲間たちよ!!!! この夜の芳香に誘われて、我がプラントアーミーズに参じてくれええええ!!!」

ガシャン!! と下ろされたレアガチャのレバー。その腹からまろび出てきたのは……!!!

 484-5

「やっぱり金だった!!!! さあ、出て来いバステト!!!!!」

2012年12月にエジプト神シリーズが導入されて、早3年……。その間、ずっとずっと欲しいと思っていたのにいまだ手にしたことのなかったバステトを、どうしても引きたかった。

緊張の一瞬……。希望のタマゴを割って出てきたのは、なんと、なんと……!!!!!!!!!

 484-6

「にゃーーーーーーーーん!!!!」

このとき、俺のまわりの時間は間違いなく3秒は止まった。いや、俺が呼吸をするのも忘れて硬直したから、そう思っただけなのかな……。

画面に映るモンスターが放った石化の魔法を振り払い、二度、三度と凝視する。

……間違いない>< 俺の画面に、フレンドのものでも、他人のスクショを表示したのでもない(泣ける)、この俺の愛猫がいるのだっ!!!!! 俺は涙を流さんばかりに喜びを爆発させ、傍らで丸くなって寝ていたミュウを叩き起こした。そしてネコの眼前にスマホを突きつけ、ツバを飛ばしながら咆哮した。

「見ろよミュウ!!! バステト引いたよ!!! 自分の力で、愛猫を取り戻したよ!!!!(涙)」

今年起こったいろいろな出来事が、頭の中を駆け巡っていた。本当に、泣いてしまいそうだった。

そして俺はすぐさま、山本さんにことの次第を報告した。そのときの、山本さんの反応w

484-7

すげえ数のビックリマークwww “中野坂上の奇跡”ってのは、前述の岩谷さんとお会いしたのが中野坂上だったからね。

しかも、このSMSには続きがある。

「僕も1発、回してきますわ!!」

そう言ってゴッドフェスに消えた山本さんも、なんと……!

 484-8

うおおおおお!!! 山本さんもバステト出してるーーーーー!!!!

さらに!!!w

上記の話をメールで、同僚の美人ドSゲーマー・たっちーに伝えると、

「なに!!! んじゃワシも回してくる!!!!」

と言ってゴッドフェスに消えたのだが、なんと、なんと……!!w

 11484-9

たっちーもバステトきたああああああ!!!!wwwww

奇跡とネコに彩られた13日の金曜日は、こうして終わったのでした。

さあさあ、3年越しの花嫁を育てるぞーーーーー!!!!

おしまい。

 

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]

【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ

【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧