1. サイトTOP>
  2. 【G-STAR 2015】韓国最注目メーカー“4:33”の新作は言葉が分からなくても期待してしまうデキ

【G-STAR 2015】韓国最注目メーカー“4:33”の新作は言葉が分からなくても期待してしまうデキ

2015-11-12 20:00 投稿

4:33 CREATIVE LABがすごかった

韓国最大のゲームショウ“G-STAR 2015”。韓国インターネットデジタルエンタテイメント協会(K-IDEA)が主催するこのイベントは、一般展示だけでなく、商談にも力を入れており、会場は商談中心のBTBゾーン、展示とプレイアブルで構成されたBTCゾーン、そして、eSportゾーンと、大きく3つのエリアに分かれている。開催期間の4日間で、2億ドル以上のビジネス価値を生むと発表されており、その記録は開催ごとに更新されているそうだ。

出展しているのは日本で馴染みのないメーカーも多いが、その中にも日本に負けず劣らず大作感溢れるゲームを作り注目を集めているところがある。それが韓国で新進気鋭のモバイルゲームメーカー“4:33 CREATIVE LAB”。大韓民国ゲーム大賞2014で史上初めてモバイルゲームで大賞を獲得した『BLADE for Kakao』の配信元で、G-STAR 2015ではスポンサーに。近年その存在感を急激に増してきている。

今回遊ぶことができたのは3タイトルだが、ここでは『THE GREAT WAR LOST KINGDOM』と『ETERNAL CLASH』について紹介しよう。

『THE GREAT WAR LOST KINGDOM』は、ハック&スラッシュタイプのアクションRPGとなっており、簡単な操作でダイナミックなアクションを楽しめる。操作キャラクターは、グラディエーター、スレイヤー、アークメイジの3人だが、G-STAR 2015でアークメイジはプレイできない。また、それぞれスキル性能が異なるため戦い方にも違いがあるのだろうが、G-STAR 2015で用意されたデータが強すぎて、終始パワープレイに(笑)。とはいえ、目を見張るような美麗グラフィックで展開するバトルは非常に小気味よく、ワラワラと群がる敵をスキルで一掃するのは想像以上に気持ちよかった。戦闘中に敵が装備をドロップしたことから、トレジャーハントの楽しみもありそうだ。ストーリー進行はステージ制となっており、短時間でクリア可能。オート機能もあるため、素材集めなどの作業的な周回プレイをするときは助けになるだろう。

かなり手探りで遊んだため、ゲームの全体像が見えてないのだが、バトルシーンだけを取っても期待できるデキ。ほかにもPvPややり込み系ダンジョンの無限の塔(直訳のため正式ではない)など、多彩なコンテンツが用意されているようだ。ぜひ日本でも配信してほしいところだが、現時点では未定。

IMG_6324
IMG_6323
IMG_6325
IMG_6326
IMG_6327
IMG_6330
IMG_6332
IMG_6336
IMG_6338

『ETERNAL CLASH』 は王道のタワーディフェンスゲーム。画面をタッチしてマップ上にユニットを召喚し、敵のタワーを破壊すれば勝利という、まさに超定番のスタイル。このゲームに関しては韓国語でもすぐに遊ぶことができた。まずは部隊を編成するのだが、ユニットごとに弓や魔法、剣、斧など、さまざまなバトルスタイルが存在し攻撃射程が異なる。敵の部隊に合わせて編成を組み替える楽しさも味わえそうだ。また、タワー自体も自ら攻撃して、部隊を援護してくれる。記者の場合は、とりあえずレアリティが高いユニットを部隊に編成していたら、なぜかおっさんばかりの部隊に。まあ、強ければ見た目にはこだわらないタイプなので問題ないけど。ひとりで遊ぶステージクリア型のモードと、他プレイヤーのデータを戦う対戦モードを搭載しており、どちらも戦況を見ながら、いつ誰を出撃させるかという戦況の分析が攻略のカギになりそう。

IMG_6341
IMG_6350
 IMG_6342
IMG_6346
IMG_6349
IMG_6355

また、G-STARでは今後配信が予定されている新作タイトルとして、『Special Force』、『三国BLADE』、『story of five kingdom』、『PROJECT-S』といったモバイルゲームの映像も公開された。ただし、いずれも日本配信については明言されていない。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧