1. サイトTOP>
  2. 『スター・ウォーズ』に疎いアナタ(筆者)もきっと大興奮! スマホでBB-8を動かしてみた

『スター・ウォーズ』に疎いアナタ(筆者)もきっと大興奮! スマホでBB-8を動かしてみた

2015-10-21 19:40 投稿

映画に登場するBB-8……こいつ動くぞ!!

映画ファン、とりわけSF映画ファンにとって、今年の年末はお祭り騒ぎの予感。なぜなら、2015年12月18日より映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全国で一斉公開されるから。

※『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』オフィシャルサイトはこちら

『スター・ウォーズ』と言えば、もはや説明不要なほどの大作シリーズであり、劇中に登場する『スター・ウォーズ』のフォースは、長年に渡って人々の憧れとして心の中に息づいている。

ちょっと待て。説明不要とは言え、知らない人のために簡単に説明してくれてもいいだろう? いやいやちょっと待て! 正直言うと、筆者はその存在は知っているものの、『スター・ウォーズ』シリーズを観たことがないのだ。

「そんな奴がこれから『スター・ウォーズ』の何を語ろうってんだ!?」という声が聞こえてきそうだが、筆者もそう思う。しかし、ファミ通App編集部の副編集長、水永三代目から「『スター・ウォーズ』に登場するドロイド”BB-8″が、スマホと専用アプリを使うことでいろいろ楽しいらしいので、おもしろおかしく使ってください」との指令があったわけで……じつにふわっとした指令だ。

「俺、『スター・ウォーズ』知らないっすよ!」と本企画の全力回避を目論んだ筆者だったが、水永曰く「知っている人が書いている記事はあると思うので、逆に知らない人でも楽しめるのかどうかを検証してください」。もう何を言ってもやるしかなさそうだ……。まぁ、確かに知らない人が使ってみておもしろいと思い、『スター・ウォーズ』自体に興味を持てば、それはそれで意義のある記事にはなるか!(なるか!?)

アプリ制御可能なドロイド“BB-8”を手に入れた!

前置きが長くなったが、『スター・ウォーズ』を知らない筆者が紹介するのが、Spheroから発売中の商品“BB-8 スフィロにより実現したアプリ制御可能なDroid”(以下、BB-8)だ。販売価格は21384円[税込]。

※商品の情報はこちら

IMG_2987
▲こちらがアプリ制御可能なドロイド“BB-8”の本体。大きさがわかりやすいように、比較対象として筆者愛用のファミ通シャーペンを並べてみたよ。

写真のBB-8が、今度公開される『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場するわけだが、そのBB-8をスマホと専用アプリで動かしたりできるというのが、このスフィロの商品と言うわけ。早速、筆者も試してみようと思ったが焦りは禁物。まずはBB-8を充電してあげないとね。

IMG_2988のコピー
▲BB-8の土台部分とパソコンをUSBケーブルでつなぐと充電開始。充電中は土台やBB-8がピカピカ光る演出も!

専用アプリをスマホにダウンロードするべし!

さて、充電したからと言って勝手に動くほど世の中甘くはない。BB-8はアプリ制御可能なドロイドであり、制御するアプリなるものも必要。そのアプリがApp Store、Google Playで配信されている『BB-8 App Enabled Droid』(無料)だ。

BBsam

ダウンロードしてアプリを起動すると……

IMG_2984
▲まずはこの画面!
IMG_2981のコピー
▲からの~年齢確認!
IMG_2986
▲そしてイカした演出とともに『スター・ウォーズ』のロゴ!

とこのような流れを経ると、「BB-8とスマホを近づけてください」との案内が。そう、BluetoothでBB-8と端末を同期させることでスマホからBB-8を動かしたりできる模様。なんて近未来かつハイテクかつ最先端! 映画は見たことないけど、『スター・ウォーズ』のようなSFチックなことがまさか実現するとは!

IMG_2990
▲BB-8と端末を近づけると、接続中に!

接続が完了すると、「ウィーン、ガチャ」とBB-8は命を吹き込まれたかの如く起動したではないか。さて、一体スマホを使ってどんなことができるのだろうか?

できること その①~ドライブ~

スマホの画面上にある操作パネルに触れて、BB-8をラジコンのように動かすことができる“ドライブ”モード。

IMG_3001

このモードを選択すると、下の操作パネルの画面が表示される。詳しくは説明画面を見てもらいたいが、簡単に説明すると、左側のジョイスティックをBB-8を移動させたい方向にタッチしたままスライドさせれば動き出すのだ。

▼操作パネルの画面▼

IMG_3004
IMG_3005のコピー

実際どんな感じで動くのかを文章で書いても伝わらないと思うので、動画で撮影してみたのでご覧あれ。

IMG_5588
▲筆者の華麗なるBB-8さばきをとくと見よ!

動画でもわかるように、筆者のBB-8操作は華麗どころか産まれ立ての仔馬の如くフラフラ……。ドライブで動かすときのワンポイントアドバイスをメーカーさんに聞いてみたところ、ブルーのランプを合わせて正面がどちらになるかということを確認しておくと、より操作しやすいとのことだ!

できること その②~メッセージ~

BB-8で楽しめるのはドライブだけじゃない。なんとホログラフメッセージを録画して表示することができちゃうのだ。それが“メッセージ”モード。

IMG_3002

メッセージモードを楽しむ際、“BB-8の音声認識とホログラフメッセージのオーディオ録音にマイクを使用します!”、“ホログラフメッセージのビデオ録画にカメラを使用します!”、“ホログラフメッセージ受信を知らせるためにプッシュ通知を使用します!”という項目で“アクセスを許可”をタップして許可要請を承認する必要がある。

IMG_3008

もろもろ準備が完了すると下の画面が表示されて……

IMG_3009
IMG_3010
▲筆者の机があまりにも汚いため、せっかくのホログラフメッセージが見ずらくなっているが、BB-8の頭上にボワンと表示されている。おわかりいただけただろうか? ちなみに画面右下のカメラアイコンをタップすると録画もできる。

できること その③~パトロール~

最後に紹介する“パトロール”は、BB-8を単独で探検に送り出すことができるモード。

IMG_3003

「パトロール……何のこっちゃ?」と思い、モードを選択してみたらば下の画面に。中央のアイコンをタップするとパトロールを開始するようだ。

IMG_3011

ポチッとな!


OH! 自動的に動き出したよ。

ちなみに、BB-8のパトロール中の走行距離やスピードメーターなんかのデータもチェックすることができる。一体、BB-8が何をパトロールしているのか知らないけど、こいつはすごいや!

IMG_3012
IMG_3013

【オマケ】BB-8を使って愛の告白♪

先に言っておくと、ここからは完全なる筆者の悪ふざけ群像劇がくり広げられるので、読まなくても皆さんの人生になんら影響はない。

しかし、「愛に飢えている!」、または「愛を取り戻せ!」と思っている人がいれば、BB-8を使ったこういう手段もあるのだという一助になればこれ幸いだ。

IMG_5591
▲筆者が最近気になっている女性と言えば、受付のお姉さん。彼女に俺の気持ちを伝えるために、BB-8がひと肌脱ぐ(!?)
IMG_5592のコピー
▲パトロールモードでは、どこに向かうか見当もつかないのでドライブモードで! 目指すは受付。かっ飛べ、BB-8!
IMG_5593のコピー
▲受付に行く途中には、BB-8にとっては危険な急カーブも! しかし、ギュギュンっと愛のドリフトで突破だ。
IMG_5594のコピー
▲ついに受付は目の前! Go!Go!BB-8!
IMG_5596のコピー
▲しかし、受付の業務時間は終了しており、BB-8は鍵の掛かった扉に激突! 今回は失敗に終わったけど、ありがとうBB-8。(※みんなは筆者みたいにBB-8を乱暴に走らせちゃダメだぞ!)

BB-8 App Enabled Droid

メーカー
Sphero
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧