1. サイトTOP>
  2. 【毎日15時】近未来のハイスピードレーシング『ブレイクアーツ:サイバーバトルレーシング』

【毎日15時】近未来のハイスピードレーシング『ブレイクアーツ:サイバーバトルレーシング』

2015-10-06 15:00 投稿

640×221_a_2-1_600
▲再生リストはこちら

天の声がいつもと違う人です

今回プレイするゲームは、サイバー調のコースがかっこいいロボットレーシング『ブレイクアーツ:サイバーバトルレーシング』。

レーシングというと車のイメージが強いが、ロボットどうしも負けないアツさ! 資金難で一度は開発中止になりながらも、ファンの支えで見事リリースにこぎつけた点も本作の実力の高さをうかがえる。

そんなわけでさっそく動画をチェック!



※チャンネル登録はこちら

※Twitterフォローはこちら

 

動画に出ている2人のTwitterはこちら!

※中目黒目黒のTwitterはこちら

※みいこのTwitterはこちら

『ブレイクアーツ:サイバーバトルレーシング』
ってこんなゲーム!!

ロボットどうしがぶつかり攻撃しコースを駆け抜ける!新感覚レース

操作は画面左下のパッドで方向転換、ブレーキ。右下のパッドで、ブーストや攻撃。画面上部の左右のバーは、左がブースト発動で減少、右はダメージを受けたり壁にぶつかることで減少。0になると“ブレイク”となり、再起までにタイムロスが生まれる。

コースをうまくまわることはもちろん、対戦相手との攻防も重要となってくるのが本作の大きなポイントだ。

 brake2
brake3

パーツは全200超!自分だけの機体をカスタマイズ、レースへいどめ!

本作の開発は長崎県の個人開発者“MercuryStudio”氏。プログラムを書けない状態から開発を始め、2014年6月に本作の前進にあたる作品をリリース。が、資金難に陥り、同年9月に開発を中止。

その後、ファンから開発再開の声が多く届き、クラウドファンディング“Campfire”を通じ資金調達に成功、今回のリリースにこぎつけたという経緯がある。

 brake4

 

(企画協力・原稿)深津庵、斎藤えいこう、ヒゲメガネ長谷部

※深津庵のTwitterはこちら

もう1本いっとく??



※チャンネル登録はこちら

※Twitterフォローはこちら

こちらの動画もどうぞ!

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?

600×150_2
▲再生リストはこちら

 

ブレイクアーツ:サイバーバトルレーシング

メーカー
Active Gaming Media Co., Ltd
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧