1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 【モンハンエクスプロア】今後の予定を開発陣に聞いてきた!!【後編】

【モンハンエクスプロア】今後の予定を開発陣に聞いてきた!!【後編】

2015-09-11 10:00 投稿

モンハンwiki

※モンハン エクスプロア公式攻略まとめ

015年9月3日、カプコンを代表する大人気作、『モンスターハンター』(以下、『MH』)を題材にした、スマートフォンアプリ『モンスターハンター エクスプロア』(以下、『モンハンエクスプロア』)のAndroid版がついにリリースされた。

そこで今回は、本作のキーパーソンである杉浦一徳プロデューサー、山本千晶運営プロデューサー、岡野勇樹ディレクターのお三方に、いまだから話せる『モンハンエクスプロア』の制作秘話から、気になる今後のアップデート情報まで、片っ端から聞いてきたぞ!! 前後編にわたってお届けしよう。

※今後の予定を開発陣に聞いてきた!!【前編】

集合予備
▲左から、山本千晶運営プロデューサー、杉浦一徳プロデューサー、岡野勇樹ディレクター。

狩猟団を結成するとビンゴミッションが楽しめます!!

――マルチプレイ面ではどのような変更点が?

岡野 マルチプレイに関しては、友人同士で検索できる機能も整っていますし、ひとりで遊んでいる方でも簡単にマッチングできるようになっています。

山本 あと、β版にはなかった“狩猟団”が導入されているので、仲間が集まりやすくなっています。

――狩猟団はリリース版で追加された機能ですよね。

山本 そうですね。最低20人のハンターがひとつのチームを結成して、プレイする時間帯や熱意などをそれぞれ設定していただき、自分の遊びやすいように楽しんでもらえる仕組みです。また、マルチプレイでセッションしたハンターを狩猟団員として招待することもできます。

――仲間どうしで集まれると。

山本 さらに団員が楽しめる共通した目的も必要なので、一定期間で更新される“ビンゴミッション”というものを導入してあります。これは各マスに難易度の低いものから高いものまでいろいろな目標があり、挑戦できるものを選んでみんなが協力して達成していくもので、さまざまな報酬を獲得するなど、団員のみんながメリットを得られるものになっています。

 狩猟団ビンゴミッション
▲猟団員で協力してビンゴミッションを達成すると、クエスト報酬にボーナスが。

オリジナルモンスターが登場するかも!?

――本作ではリオレウス豪火種というゲームオリジナルモンスターが特徴のひとつですよね。さきほど、そのほかにも特殊種が存在するとおっしゃられておりましたが。

岡野 現在も、両手で数えられるくらいの数、準備を進めているところです。それぞれ特色を持たせたモンスターの制作を進めていまして、アップデートに合わせて徐々に追加していく予定です。

山本 ちょっとだけネタばらしをすると、ベリオロス凍氷種というものがいます。

――ベリオロスの、さらに氷属性が強くなった感じですかね?

岡野 そうですね。そこに加えて新たなアクションや外見など、より強力なものをイメージしています。特殊種の中には、通常種と属性の違うものなども出てくる……かもしれません(笑)。

――それら特殊種から得られる装備は、やはり強力なんですよね。

岡野 はい、その段階では最強クラスになる予定です。まずは既存の装備を強化してもらって、順にステップアップしていただいてから挑むようなバランスですね。

――特殊種を狩るのは、本作の大きな目的のひとつになりそうですね。

岡野 『モンハンエクスプロア』にはそもそもガチャがないので、狩猟で入手できるものを強化していただきながら、しっかり腕も磨いても挑戦してもらいたいですね。

――本作の完全オリジナルモンスターなども考えているのでしょうか?

杉浦 みなさんに遊んでいただいて、超人気タイトルになれば実現できると思います(笑)。

岡野 当然、作りたいと思っています。遊びかたや生態などをじっくり、企画のコンセプトから考えていきたいですね。

リオレウス豪火種_1
▲本作オリジナルモンスターのリオレウス豪火種。この強敵と対峙できるのは本作ならでは。

シンプルにアクションを体感できる『MH』を目指す

――指1本で操作できる『MH』というのが、ひとつの売りだと思いますが、とくに調整難しかった点はありますか?

岡野 じつは、「指1本で操作出来るようにする」こと自体は、あまり難しくはなかったんです(笑)。家庭用シリーズの様に、ボタンをたくさん使うスタイルをそのまま導入するつもりはありませんでした。そこで、なるべくシンプルな操作を実装したのですが、そこからなかなか、『MH』に欠かせない狩猟の緊張感や、自分でアクションをしている感を出すことに苦労しました。

杉浦 じつは、最初の1年くらいはすごく難しい操作になっていたよね。

岡野 そうなんです。元々は全部のアクションを再現しようとしたんですが、スマホなので、普通のひとはその操作に対応するのは難しいだろうなと。大事なのは多彩なアクションを再現することではなく、簡単かつ爽快なアクションを楽しんでもらうことだなと。

杉浦 最初にお話したオート機能もこの段階で話が出ていましたので、「操作が難しいならオート機能を使えばいいじゃないか。だから難しいままでいいんだ!」、なんて声も結構あったんです。ただ、さすがに“オートorめちゃくちゃ難しい操作”の2択は極端すぎるなと(笑)。

――コンボもワンタップでくり出せるというのが、楽でいいですよね。

杉浦 当初は俺が提案した「攻撃を連打すると溜まるゲージ」があったよね。

岡野 突撃モードですね。この仕様は、ずっと連打しているのは疲れてしまうので外しました!(笑)

すべての武器に活躍の場がある!

――スラッシュアックスのように、アクションの要素が複雑なものは、バランス調整が大変だったのでは?

岡野 スラッシュアックスに限らないのですが、本作では12種類の武器があるので、簡単操作で差別化を付けることに注力しました。『モンハンエクスプロア』では、これまでのシリーズ以上に誰もが操作できるようしてますので、差別化する際にも武器ごとにコンセプトを設定し、大きく特徴の差を出すことにしました。

――玄人向けなイメージのあるガンナーが、本作ではとても扱いやすいです。

岡野 そうですね。弓やボウガンは狙いをつける必要がないので、アクションが苦手な方も使いやすいと思います。それぞれ適正距離があるので、闇雲に撃つのではなく、位置取りやタイミングを見極めて使うという要素もあるので、アクションに自信がある方にも楽しめると思います。

――狩猟笛もソロプレイだと火力不足を感じる部分があるんですが、回復手段が限られている本作では、回復の旋律などがマルチプレイで非常にありがたいですね。

岡野 格上モンスターの狩猟に挑むときなど、狩猟笛の回復があるのとないのとでは、継戦能力が段違いですからね。『MH』シリーズの場合、特定の武器を極めていく傾向が強いのですが、本作はどれも操作が簡単なので、クエストや参加メンバーに応じて、武器を使い分けてもらえるとうれしいです。

――いろいろな武器を使うことで、新しい発見もありますしね。

岡野 β版終了時、みなさんの使った武器のランキングを公開しましたが、弓を使っていた方がとても多かったんですよね。シリーズでは太刀や大剣が人気なことが多いですが、本作で弓を使っていた方が多かったということは、いろいろな武器を使っていただけた結果なのかなと感じました。

操虫棍も導入を予定しています!

――追加武器としてチャージアックスが発表済みですが、実装予定日はいつごろでしょう?

山本 2ヵ月後のアップデートで追加できればと考えています。

――操虫棍やオリジナル武器の予定はありますか?

岡野 操虫棍は入れたいと思っています。操作が複雑なチャージアックスも、本作ならではの特徴をつけているので、操虫棍も同様に変化してくるとは思います。

杉浦 オリジナル武器は、岡野と山本の頑張り次第だね!(笑)

岡野 開発内ではいろいろアイデアが出てはいるんですけどね。

上手な武技の組み合わせが攻略に繋がる

――“武技”は実際どれくらいの種類が実装されているのでしょうか?

山本 現状では100種類以上用意しています。もちろん、リリース段階ですべての武技・モンスターが登場するわけではないので、いま全部を見ることはできませんが、それだけのバリエーションはあります。もともと“武技”は、アクションゲームだった『MH』の裾野を広げるため、アクション以外のところで勝敗を決めるものを導入したく、強力なものをたくさん用意しようと決めていました。

――武技によって強さが異なるのでしょうか?

岡野 どれが強いというのではなく、この状況だからこれが活かせるというようにしています。マルチプレイ時は、各自がどんな武技を用意するかという組み合わせも楽しんでもらえるように、意識しました。

 チャージアックス_FIX
▲新武器チャージアックスは、大型アップデートで実装予定。

ボイスの導入で『MH』シリーズと差別化を図る

――ストーリーの注目ポイントは?

岡野 これまで誰も立ち入ることのできなかった未知の島に挑み、探検を行ない、開拓していきます。見習い調査員のエリザとハンターなので、いろいろ紆余曲折しながらいっしょに成長。その過程を、エリザとの会話から自分自身も成長しているんだな、と感じていただけるはずです。

――エリザを含めキャラクターにボイスがあるのも本作の魅力ですね。

岡野 やはり、エリザなどのキャラクターには声がほしいと思いました。

杉浦 感情移入ってすごく大切だと思うんですよ。長く遊んでいただきたい運営型のタイトルなので、ずっと遊びたいと感じてもらうためにも、周囲のキャラクターに愛着をもっていただきたいと思いました。そうした面を含め、これまでの『MH』シリーズとは差別化できたのかな、と。

ベテランハンターも安心のコンテンツを想定

――本作はどういったユーザー層をターゲットに?

山本 『MH』シリーズのファンは言わずもがなですが、シリーズをやったことがない方も狙っています。オート機能や簡単操作のアクション性を含め、かなり敷居を低くしているので、ぜひ遊んでいただきたいですね。また、アプリゲームを遊んでいる方の中には、まとまった時間が取れないという方も多いと思いますが、『モンハンエクスプロア』は1クエスト数分で終わりますので、手軽に遊んでもらえるように仕上がったと感じています。

岡野 既存のモンスターは従来の動きを取り入れているので、ハンター歴のある方は、その知識を活かした狩猟を楽しんでもらえるはずです。

今後は16人マルチも!?

――iOS版を待っているプレイヤー、すでにAndroid版で遊んでいる方にメッセージをお願いします。

杉浦 AndroidとiOSの間が空きすぎないように、現在チームが一丸となり、最短で出すことを目指しています。iOSユーザーのみなさんには申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。また、アプリはたくさんの方が遊んでいただけるものだと思いますので、4人でしか遊べないものだけでなく、より多くの方がいっしょに遊んでもらえるものを考えています。実際、前回のメディア体験会のあと、実は岡野には「“16人マルチ”というキーワードだけ君に投げるからちょっと考えてみてくれ」という話もしましたが、そういった新たな遊びを提供できるように、開発・運営をしていきます。たくさんの方が交われるコンテンツ作りを目指しているのでよろしくお願いいたします。

山本 2~3ヵ月に1度のペースで、大型アップデートをしていきたいと考えています。また、新しい遊びを提供できるように鋭意製作中ですので、引き続きお楽しみにしていただければと思います。

岡野 ユーザーのみなさんには長いことお待たせしましたが、その分、ベストな形でお届けすることができたと感じています。今後もさまざまなアップデートを予定しているので、引き続きよろしくお願いいたします!

モンハンwiki

※モンハン エクスプロア公式攻略まとめ

モンスターハンター エクスプロア

ジャンル
探検×ハンティングRPG
メーカー
カプコン
配信日
Android版は配信中、iOS版は2015年秋配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧