1. サイトTOP>
  2. 『サマナーズウォー』いまさら聞けない召喚士の手引き【モンスター育成編その2】

『サマナーズウォー』いまさら聞けない召喚士の手引き【モンスター育成編その2】

2015-07-30 15:00 投稿

育成を極めてモンスターの真の実力を引き出そう

新米召喚士となってさまざまなモンスターを使役しながら、最強の召喚士を目指すRPG『サマナーズウォー』。集中連載の最終回は“脱・新米召喚士”を目標にした、モンスターたちを効率よく強化するための注目情報について解説。

モンスター育成について疑問が浮かんでたり、各種のダンジョンやアリーナ攻略で行き詰ってしまった場合などにぜひ目を通してもらいたい。

01

多方面から育て上げる
モンスター強化のポイント

ダンジョン探索やアリーナバトル、試練のタワーへの挑戦など、『サマナーズウォー』に用意されたすべての要素を攻略するためには、“モンスターの強さ”がもっとも重要なポイントになる。非常に強力なモンスターを育て上げることが、そのまま最強召喚士への道につながっているのだ。

ただしモンスターの強さを決める要素はいくつもの種類があり、強化するための行動も異なる。以下にそうした要素と、おもな行動内容についてまとめるので、これらを参考にモンスターを育成しよう。

①レベルアップ(経験値獲得)で強化

モンスターの強さの基礎となる能力値は、経験値を獲得させレベルを高めることで上昇する。そのための方法のひとつが、ダンジョンで敵モンスターと戦わせることだ。

これは前回も解説したが、シナリオバトルで行うのがオススメ。シナリオバトルを全ステージクリアーすると難易度Hardが解禁、さらに難易度Hardで全ステージクリアーすると難易度Hellが解禁される。

難易度が高いほど経験値も増加し、難易度Hellでは難易度Normalクリアー時の8倍近い経験値を獲得できる。レベルアップ効率も一気に上がるので、ぜひ難易度Hellに挑戦しよう。

02

経験値を得るもうひとつの方法は、育てたいモンスターと素材用モンスターを強化合成する方法だ。これなら安全に経験値を獲得させられるが、素材に使ったモンスターは消えてしまう。また獲得できる経験値量はモンスターのレアリティと比例し、低レアリティモンスターだけではレベルアップさせるのに苦労するうえ大量のマナストーンを要求される。

そこで役に立つのが特殊モンスター“エンジェルモン”だ。エンジェルモンはほとんど戦力にならないが、強化合成したモンスターに大量の経験値を与える能力がある。各種ダンジョンでごくまれにドロップすることがあるので、手に入ったら重点的に育てているモンスターと強化合成しよう。

03

さらにエンジェルモンを“覚醒”させると、強化合成時に獲得させられる経験値量が通常の約1.5倍に増加する。エンジェルモンは魔力の聖水(下級)×2と各属性の聖水(下級)×3だけで覚醒できるので、できるだけ覚醒させてから合成させよう。

04

②“進化”による強化

星印で示されるモンスターのレアリティは、そのモンスターの総合的な強さを表す目安のようなもの。『サマナーズウォー』ではどれだけレアリティが低いモンスターでも、最高の☆6まで“進化”させることができる。進化に応じてレベル上限も高まるので、モンスター強化には最適だ。

ただしモンスターを進化させるには、まずそのモンスターを上限までレベルアップさせる必要がある。さらに同レアリティのモンスターを星印の数だけ消費する(例:☆3モンスターの進化に必要なモンスターは別の☆3モンスター3体)ので、高レアリティを目指すほど強力なモンスターを犠牲にしなければならない。そこで役立つのが特殊モンスター“レインボーモン”。レインボーモンはエンジェルモンと同様、各ダンジョンでごくまれにドロップするが、仲間にした時点で最高レベルに達している。

05

たとえば☆2のレインボーモンは、すぐに別の☆2モンスター2体を使って進化させることができ、☆3のレインボーモンになる。これを使って目当ての☆3モンスターを進化させよう。☆3以降のモンスターは入手確率が一気に低下するが、レインボーモンがいればその問題も解決だ。さらに☆3以上のレインボーモンも、非常にまれだが入手できることがある。レインボーモンを使えば、最大レアリティの☆6への道も遠くはないはずだ。

06

③“覚醒”による強化

モンスターに特定の聖水アイテムを与えると“覚醒”し、名前が変わってヒーローモンスターに変身、基本能力値が大幅にアップする。加えてモンスターによっては強力なスキルを獲得したり、特定の能力がさらに上昇することも。モンスターの実力を飛躍的に高めてくれるので、できる限り覚醒を行おう。

覚醒に必要な聖水アイテムは、カイロスダンジョン内の“魔力(属性名)のダンジョン”で入手できる。それぞれ“魔力(属性名)の聖水”が手に入るが、魔力のダンジョンでは低確率ながら全属性の聖水アイテムを入手できることも。深い階層ほど高ランクの聖水アイテムが出やすいので、覚醒に必要なランクを見極めてダンジョンに挑もう。

07

④“ルーン”を刻んで強化

ダンジョン攻略などで手に入る“ルーン”には、攻撃力アップなどの能力が宿っており、モンスターの身体に刻むことでそうした能力を持たせられる。ただし一度刻んだルーンは別のルーンで上書きするか、高額のマナストーンを支払って解除するしかない。そのため計画を立てて刻まないと、貴重なルーンをムダにする恐れがある。

ルーンは強化することで、もともと備わっている能力を最大15回増強できる。さらに強化回数が3、6、9、12、15回のときに“ボーナスオプション”として、新たな能力が追加される。ただし強化回数が増えるほど支払うマナストーンは高額になり、強化の成功確率も下がってしまう。マナストーンに余裕がないうちは、9回を目安にして強化を行うといいだろう。

08

すべてのルーンは“○○のルーン”という名前の、なんらかの系統に属している。そして同じ系統のルーンを決められた数同時に刻むと、ルーン本来の能力に加えて“セット効果”が追加される。セット効果はルーンが2個か4個で発揮され、モンスターには最大6つのルーンを刻むことができるため、1体のモンスターにつき2個と4個のセット効果、もしくは2個のセット効果3つを同時に持たせることが可能だ。以下に紹介するセット効果の組み合わせは、シナリオ中盤付近までで手に入りやすいルーンで実行できる。何をセットするか迷ったら試してみよう。

●激怒のルーン(4個:クリダメ+40%)、刃のルーン(2個:クリ率+12%)
攻撃役に適した組み合わせ。ダメージの底上げが期待できる

●刃のルーン(2個:クリ率+12%)×3
同じく攻撃役に向く。クリティカル時に特殊な効果を発揮するスキルを覚えているモンスターに

●元気のルーン(2個:体力+15%)×2、守護のルーン(2個:防御力+15%)
回復役のような、倒されるとほかのモンスターの被害が増える者にセットしよう

09

拠点を華やかに飾りつつ
モンスター育成に役立てよう

召喚士となったプレイヤーは、空中に浮かんだ島を拠点として活動する。この拠点にはさまざまな建物やオブジェを設置することができ、箱庭を作る感覚で拠点作りを楽しむことが可能だ。

建物によってはモンスターの召喚や育成の役に立つものがあるので、設置可能になったらできるだけ早くショップで購入しよう。なかでも以下の建物はとくにモンスターの育成に役立つので、最優先で設置しておくといい。

●魔法ショップ

メイン画面右下にアイコン表示されているショップとは異なり、特殊な品物を扱っているショップ。モンスターやルーンなどを直接買うことができるため便利だが、強力な品物ほど大量のマナストーンやマナクリスタルを要求される。利用するならばそれなりの出費を覚悟しよう。品ぞろえは1時間ごとに変化するうえ、扱う品物を増やしたければ購入するぶんとは別にマナストーンやマナクリスタルを支払い、枠を拡張する必要がある。

10

●祈りの神殿

女神に祈りを捧げるとプレゼントがもらえる施設。ときには強力なルーンや召喚書がもらえることがあるため、忘れず祈っておこう。祈りの回数は一日につき1回だけだが、マナクリスタルを支払えば追加で祈ることが可能。

11

●聖水調合場

手に入れた“聖水”を、上位の聖水に変換できる施設。効率よくモンスターを覚醒させたいときにはぜひとも利用しよう。

●安らぎの森

この森に配置したモンスターには、時間経過につれて経験値が加算されていく。戦闘に出しにくい弱いモンスターや、長時間放置しなければならないときなど、ここにモンスターを配置しておこう。経験値がそのレベルでの最大まで溜まると、タップしてレベルを上げるまでは経験値は加算されなくなるので注意。

12

今回紹介してきたポイントを参考に強力な1体を育てても、それで終わりではない。

いっしょに戦わせるとより活躍が期待できるモンスターの組み合わせ、シナリオバトルや固定ダンジョンを攻略するために必要なモンスター、さらにはアリーナバトルで流行している強力モンスターに対抗できるモンスターなど、強化しなければならないモンスターはいくらでもいる。

それでもあきらめずモンスターを育て続けることが、最強召喚士の座をつかむためのただひとつの道だ。その場所を目指し、戦い続けよう。

※『サマナーズウォー: Sky Arena』公式サイトはこちら

サマナーズウォー: Sky Arena

メーカー
Com2uS
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPad、およびiPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧