1. サイトTOP>
  2. 【ひめため!探索メモその2】 運営チームオススメ騎士団編成を紹介!!

【ひめため!探索メモその2】 運営チームオススメ騎士団編成を紹介!!

2015-06-12 17:00 投稿

さまざまなパターンの編成法をお教えします!

ひめため!

ゲームオンから配信中のちびキャラ奮闘スクロールRPG『ひめため!~騎士団のお宝探索記~』(以下、『ひめため!』)は、3人の姫たちからお気に入りのひとりを選んで、”ひめ”さまの”ため”に、”オーパーツ”と呼ばれるお宝探しの旅に出る至福のゲーム。

ゲームの基本は横スクロールのストラテジーだけど、”奥義の発動”や”防御”といったアクションもあり、放置系に飽きちゃったプレイヤーにも、新鮮な気持ちで楽しんでもらえる内容だ。

さて今回は、バトルの要となる騎士団編成に注目。

500万通りの編成のなかから、運営チームのみなさんがオススメする3つの編成+αを紹介していくぞ。

※育成のコツはこちらの記事で

[オススメ1]バランス型

ph01

多くのクエストに対応可能な安定感のあるパーティー編成。

防御力が高い剣士&騎士を前衛の軸にして、僧侶はヒーラーとして活躍できる。弓、魔法使いなどは前線から少し後退させることで、より安全なバトルが見込めるのだ!!

■編成
前衛2(剣士or騎士、僧侶)
後衛2(弓、魔法使い)

■使用団員
・シャルロット or ネイ(HR):レベル70
・ジゼル(R):レベル50
・ヴィヴィアン(R):レベル50
+助っ人で弓を選択

 ph02書き込み例
 ph03書き込み例
 ph04書き込み例

[オススメ2]火力型

    ph05

序盤から多くのプレイヤーが愛用しているチェルシー。彼女に前線で体を張ってもらい、背後に攻撃力の高い魔法使いを配置する。

魔法使いはHPが低いので、敵との位置取りには注意は必要だけど、チェルシーの奥義”ラウンドシールド”で相手の流れを止めることができれば、いっきに殲滅も可能だ!

■編成
前衛1(騎士)
後衛3(魔法使い3人)

■使用団員
・チェルシー(R):レベル50
・アネット(R):レベル50
・ルドルフ(R):レベル50
+助っ人で魔法使いを選択

 ph06書き込み例
 ph07書き込み例
 ph08書き込み例

[オススメ3]うざすぎるパーティー

  ph09

同じキャラクターでも編成できる特性を活かしたスペシャルな編成。ぜひ、Voice有りでバトル中のセリフを聞いていただきたい。ある意味圧巻!!

■使用団員
・ルーカス(R)レベル50×3人
+助っ人でルーカス

 121

属性や職業に特化した編成もいい!

複数のパーティー編成が難しい場合は、冒頭の“バランス型”など汎用性のあるものを用意するのもオススメ。

ひと通りユニットが揃っているならば、騎士、剣士、弓士、僧侶、魔法使いを組み込んでみると、いろいろなクエストで安定した戦いをすることができる。しかし、手持ち団員が少ないときは、炎、水、雷、各種属性に対応できる“属性特化型”にしてみるのも手だ。

プレイを進めていく過程で、新たな団員を入手できたら、それを中心に少しずつこだわりのパーティーを編成してみよう!!

ph11

【おまけ検証】魔法使いのみでボス戦は可能?

上記、“うざすぎるパーティー”にて、前衛職で固めた案(おもにうざい)があったので、あえてこちらでは、ヒーラーをメインとした後衛職で編成。ためしにボス戦は可能なのかを検証してみた。

挑戦したのは1章“バケッツの恩返し”で、瀕死時、自動中回復効果を発生させるリーダースキル“プチ父性の微笑み”を持つクラインを筆頭に、回復系の奥義を持つ団員でパーティーを編成してある。っというか、手持ちの魔法使いが少なく、選択肢がなさすぎた!!

追加画像

打たれ弱くても回復スキルがあれば大丈夫。そんな考えも虚しく、ボスにはたどり着いたけどなすすべもなく失敗。

単にレベルの低さもあるだろうけど、1体ずつの殲滅速度も遅く、持久戦になりやすく、くり返しクエストを回すのであれば、ちょっと効率は悪いと感じたぞ。

ph12書き込み例

“攻撃は最大の防御”、とはよく言ったもので、特化するのであれば“火力型”のような編成がベストだと痛感。

ヒーラーはひとりいれば十分安定すると思うぞ!

P.N.深津庵

ひめため!~騎士団のお宝探索記~

ジャンル
ちびキャラ奮闘スクロールRPG
メーカー
ゲームオン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS:iPhone、およびiPad互換iPhone5S用に最適化済み(Ver8.0以上)、Android:Android4.2以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧