1. サイトTOP>
  2. 【配信直前】アクション要素はマイルド、編成&戦略重視の期待の新作RPG『オービットサーガ』を大解剖!

【配信直前】アクション要素はマイルド、編成&戦略重視の期待の新作RPG『オービットサーガ』を大解剖!

2015-06-09 18:00 投稿

知る人ぞ知る召喚アクションRPGというジャンル

『オービットサーガ』は「本格3D召喚アクションRPG」と銘打たれている。このフレーズを聞いて筆者はゲームキューブの隠れた名作『RUNE』を思い出した。

『RUNE』の主人公カティアはとにかく弱い。「RPG史上最弱の主人公」とはよく言ったもので、バトル中も敵からコソコソと逃げ回るのが常だった。では、どうやって先に進むのか。そう、カードで戦うのである。某少年マンガの決闘者よろしくカードゲームをするわけではない。カードからモンスターを召喚して、弱い自分の代わりに敵と戦ってもらうのだ。

集めたカードを厳選してデッキを組む工程は楽しく、工夫して先に進む感覚が筆者は大好きだった。今となっては思い出補正で面白かったように感じている部分もあるだろうが、忘れられないゲームのひとつである。

閑話休題。

『RUNE』にハマった筆者にとって、3D召喚アクションRPG『オービットサーガ』は避けては通れぬタイトルと言えよう。正直、仕事を抜きにしてもプレイしておきたい作品だ。今回はこのジャンルで遊んだ経験のあるゲーマーとして、感慨に浸りつつ『オービットサーガ』をプレイしてみた。

アクション要素はマイルド、編成&戦略重視!

はじめに『オービットサーガ』のストーリーに軽く触れておこう。主人公は妖精ルシカに導かれて“星島”(スターアイランド)にやって来た召喚士(サマナー)。“星島”とは宇宙に漂う惑星のようなもので、妖精や人語を解する不思議なヒツジが暮らしている。

01
▲ルシカによると世界は“カオス”に侵されてピンチらしい。それを何とかするのが召喚士の役目。

主人公は“星島”を守る“ガーディアン”の力を借りて、“カオス”との戦いに臨む……。状況はシリアスだが、イラストと同様にふわっとした雰囲気のファンタジーに仕上がっているぞ。

肝心のゲームシステムは“進攻”と“防衛”のふたつに分かれている。“進攻”は敵の“星島”に攻め込むアクションパート

02
▲“進攻”には手持ちから5体のユニットを連れて行ける。ここに他プレイヤーの“ガーディアン”を助っ人として加えた6体編成が基本。

意外だったのは主人公の操作方式。『オービットサーガ』は目的地をタップする方式が採用されており、敵への攻撃もフルオートとなっている。

03
▲敵に接近すると自動的に攻撃を仕掛ける。敵をタップするとロックオン状態になり、攻撃を集中できるぞ。主人公が結構強くてビックリ!

スマホのアクションRPGにはバーチャルパッドを使って操作するものも多い。バーチャルパッドが採用されているゲームは自分で動かしている感覚が強く、アクションをガッツリと遊びたいユーザーに好まれがちだ。

一方、移動先をタップする方式はMMORPGなどに多く見られる。操作技術で敵を倒していくというよりも、育て上げたユニットと戦略で戦っていくようなイメージだ。

『オービットサーガ』は後者だろう。タップひとつで自動的に先に進んでくれるボタンも用意されているので、アクションが苦手でもサクサクと先に進むことができる。マスターしておきたいアクションは緊急回避くらい。

04
▲移動先をダブルタップするとスタミナを消費して緊急回避できる。トラップを華麗に回避したシーンなのだが、シュールな絵面になってしまった(笑)。

序盤こそ主人公の攻撃でゴリ押し可能な難易度だが、先へ進むとそうはいかない。そうなったらガーディアンの出番というわけだ。

05
▲召喚したいガーディアンのアイコンをタップすると、それっぽいエフェクトと共にフィールドに出現! 一緒に戦ってくれる。

召喚したガーディアンはカウントかHPがゼロになると消えてしまう。再召喚までには冷却時間が必要になるぞ。また、ガーディアンごとにコストが設定されているため、同時に召喚できるガーディアンには限りがある。状況に応じたガーディアンの選択が勝敗を左右しそうだ。

06
▲中には画面からはみ出るほどの巨大ガーディアンも! 主人公はドラゴンのお腹の下あたりにいると思われる(笑)。

ちょっと離れた位置からユニットの活躍を見守るのも戦術のひとつ。というのも、主人公にはガーディアンの召喚以外にも役割があるのだ。

07
▲未召喚ガーディアンのアイコンをスワイプすると、ガーディアン固有の“戦闘スキル”が発動!

“戦闘スキル”の効果は範囲攻撃、ステータス強化、HP回復などバラエティーに富んでいる。一度発動すると召喚同様に、再使用までには冷却時間が発生する。

召喚して戦っているガーディアンの“戦闘スキル”は発動できないところがミソ! 有用な“戦闘スキル”を備えているユニットは敢えて召喚しないで運用するのもひとつの手だ。


ガーディアンの個性を知るべし

この辺りでチーム編成について少し触れておこう。次の画像はガーディアンのステータス画面。

08
▲ステータス画面でスペックや属性などが一覧できる。“ユニット特性”と“チーム効果”は編成時に必ず確認しておきたい。

“ユニット特性”は召喚中に発揮される能力で、ここからある程度ユニットの戦闘スタイルが読み取れる。例えば……、

09
▲このガーディアンは“頑強”、“不屈”、“安定性”という3種類の“ユニット特性”を持っている。

頑強:通常よりも高い防御力を持つ。
不屈バトル中に、のけぞり状態になりにくい。
安定性:召喚時に通常よりも長い時間戦場に滞在することができる。

ディフェンシブな効果が並んでいるので、チームの壁役としての活躍が期待できそうだ。こんな具合に“ユニット特性”から役割を考えて編成すると適材適所の理想的なチームが編成できるはず。

続いて注目したいのが“チーム効果”。これはチームに加えるだけで適用されるステータスボーナスのようなもの。特定のガーディアンを強化するものが多いので、属性を統一したチームを編成する場合などに効果的だ。

ガーディアン資産に乏しい序盤はスペック重視の編成になりがちだが、充実してくればチーム編成の面白みが何倍にも増しそうな予感!

ちなみに、ユニットはクエストの報酬として手に入るほか、ガチャでレアリティの高いものを狙うことも可能。成長システムは定番の強化合成が採用されている。チーム内のユニットに限ってはクエストクリアー時に経験値が手に入るので、使い込むことでも育てられるようだ。

“星島”を編集して敵を迎撃する“防衛”

“進攻”と並ぶもうひとつシステムが“防衛”。こちらは“星島”を編集して敵を返り討ちにするというルールで、ストラテジー要素の強いモードになっている。

10_r
▲まずは地形パネルを配置してフィールドを作成。特定の属性に有利な地形パネルなども存在するようだ。
11
12
▲続いて迎撃を担当するユニットを配置。それぞれの哨戒領域はサークルとなって表示されるので参考にしたい。砲台などのトラップ系ユニット(防衛専用)も存在するぞ。

ちなみに地形パネル、ガーディアン、トラップなどはコスト内に納めなければならない。強力なガーディアンほどコストがかかるので、質を取るか量を取るかの判断が重要になりそうだ。

編集が済んだらプレビューを選択してみよう。自ら手掛けた防衛ラインが機能するかどうか、実際に自分のチームで挑戦して体験できるぞ。

13
▲自作の迎撃部隊に惨敗すると何とも言えない気分になる。喜ぶべきか、悲しむべきか(笑)。

“進攻”、“防衛”ともにストーリー中で楽しむことができるが、ゲームが進めば他プレイヤーの“星島”へ“進攻”することも可能だ。逆に攻め込まれることもあるが、結果を出せばノーマルガチャなどに使用できる“星砂”、主人公の装備などと引き換える“勲章”をはじめとした報酬が手に入る。

14
15
▲主人公のステータスは装備で補うことができる。主人公を強化する“チーム効果”持ちのユニットと併用すれば、前線で自ら敵をなぎ倒す肉体派サマナーになれるかも!?


ギルドシステムもあり!?

リリース時には公開されていないが、ギルドシステムの実装も予定しているとのこと。ロビーでは自由入力のチャットが利用できるので、メンバーとの情報交換などに活用できそうだ。報酬付きの達成項目などもあるようだ。実装時期はまだ未定とのことだが、こちらも今から楽しみだ。

19
▲投資をすることでメンバーが継続的に恩恵を受けるような仕組みも確認できた。

まとめに入ろう。世界観やテキストはイラストの雰囲気とマッチしていて好感が持てた。能動的に遊ぶ“進攻”、放置している間に結果が出る“防衛”というふたつの軸があるので、ハマると四六時中ゲームのことを考えるハメになるかもしれない(笑)。

“進攻”のアクションに関しては本格と言いつつもお手軽なので、複雑な操作が苦手でも存分に楽しめる。主人公の攻撃動作もスピーディーでテンポも良い。“防衛”はプレイヤーの性格が出そうで面白い。「ここにコレとコレを組み合わせておいたらイヤだろうな~」って、とにかく相手にストレスを与えるような配置を考えてみたりね。しかし、プレビューで最初に苦しむのは自分なのであった(笑)。

そろそろ調整も佳境だろうか? リリースが楽しみな一本である。

事前登録受付中!

『オービットサーガ』が6月17日、iPhone、Android同時で配信予定。現在、事前登録を受付中で星鉱石10個がプレゼントされる。星鉱石はガチャなどで使えるゲーム内アイテム。序盤で強力なガーディアンをゲットすれば、進攻、防衛の両パートで大きな力になるはず!

まだ未登録のサマナーの諸君は、登録しておくことをおススメする。

【事前登録はこちら】

オービットサーガ

ジャンル
アクションRPG
メーカー
GameBank
配信日
2015年6月17日
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS7.0以降(iPhone、iPod touch)Android:4.2以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧